このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
白髪染めの頻度はどれくらいの間隔を開けるとベスト?

白髪染めの頻度はどれくらいの間隔を開けるとベスト?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年6月 7日

白髪染め後、ある程度の期間が過ぎると再び白髪が目立つようになる。「伸びてきた部分をキレイに保つためにすぐにでも白髪染めをしたい…」と思う方も多いだろう。しかし、目立ってきたと思うたび頻繁に染めていては頭皮や髪の毛へ余計な負担をかけてしまうため、できれば避けたほうがよい。では、どのタイミングで染め直すとベストなのだろうか。今回は、白髪染めの最適な頻度について解説しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白髪染めの頻度は?2週間で染めて問題なし?

白髪染めをして2週間ほど経過すると、髪の毛の根元が白くなって目立ち始めたという方も多いだろう。髪の毛は日々少しずつ伸びているため、白髪染めの後、新たに生えてきた部分は白くなる。

また、洗浄力の強いシャンプーなどを使っていると、薬剤の色落ちを促進してしまうこともあるようだ。これらが、白髪染め後、しばらくしてから目立ちやすくなる原因だと考えられる。

それでは、白髪染めはどれくらいの頻度で行うべきなのだろうか。目立ち始めてすぐに白髪を染め直しても問題ないかというと、できれば避けたほうがよい。薬剤の種類にもよるが、頭皮や髪の毛へのダメージが大きいものがあるためだ。

毛根などへのダメージが原因で白髪が増えることもあり、白髪染めの頻度を上げることで白髪を増やしてしまうかもしれない。白髪染めの頻度は2週間以上空けることが望ましいだろう。

2. 白髪が伸びたときの気になる見た目と頻度の関係

髪の毛はどれくらいの早さで伸びるのだろうか。期間別に見てみよう。

2週間後

髪の毛は1日0.3~0.4mmほど伸びるといわれており、2週間で0.5~1㎝ほど伸びることになる。この時期はまだ、鏡を見て髪の根元が少し白くなってきたことが自分で確認できるものの、他人からはあまり気づかれにくいレベルだろう。

1ヶ月後

白髪染めから1ヶ月経つと、髪の毛は1~1.5㎝ほど伸びる。パッと見たとき、根元の白い部分をハッキリと確認できるレベルに。白髪が気になり始める時期だといえよう。

2ヶ月後

2~2.5cmほど伸びる。自分でも、他人からも、「白髪がある」と認識できるようになる時期だ。美容室などでも白髪染めは2ヶ月に1回の頻度を目安とし、勧めることが多い。

なお、髪は女性のほうが若干伸びるスピードが早いといわれている。かといって、必ずしも白髪染めをする頻度は、男性のほうが少ない回数で済むというわけではないので注意したい。

また、年齢を重ねると白髪が増える傾向にあるため、白髪染めをし直す頻度は20代よりも50代や60代のほうが多くなる可能性もある。髪の毛や頭皮の状態などによって伸びるスピードには個人差があるので、あくまで目安として考えるとよい。

3. 白髪染めの頻度は1ヶ月以上2ヶ月以内がベスト?

白髪染めの頻度はどれくらい間隔を空けるとベストなのだろうか。髪が伸びるスピードに合わせ、白髪が気になり始める1ヶ月後くらいに染め直すと、見た目も気にならないだろう。

しかし、白髪染めを高頻度で行うと髪の毛が傷む原因になる可能性が高い。かといって、2ヶ月ほど放置しておくと目立ちすぎてしまう。バランスの調整が難しいと感じる方も多いかもしれない。

そこで、髪の毛が伸びるスピード以外にも、以下のような目安を設けて白髪染めをする頻度を決めてみてはどうだろうか。

頭皮のターンオーバーに合わせる

肌にはターンオーバーという肌が生まれ変わるサイクルがあるが、肌の一部である頭皮もターンオーバーする仕組みだ。正常なサイクルであれば約1ヶ月で肌が新しいものへと生まれ変わるといわれている。頭皮への刺激の影響などを考えると、染め直しは1ヶ月経過後に行うのがよいだろう。

カットのタイミングに合わせる

美容室でカットしてもらうタイミングで、同時に白髪染めをする方も多いだろう。2~3ヶ月に1回のペースで白髪染めすることで見た目がキレイな状態をキープすることができるため、おすすめだ。

これらの目安をまとめると、約1~2ヶ月を目安に白髪染めをするとよいと思われる。タイミングに迷っている方はぜひ試してほしい。

4. 白髪染めはリタッチで頻度を減らそう

白髪染めの頻度の目安は1~2ヶ月だ。体質により髪の毛が伸びにくい方や、髪の毛が傷みやすい状態になっている場合は、白髪染めの頻度を減らすほうがよいだろう。

そこでおすすめしたいのが、伸びた部分にだけ白髪染めをするリタッチという方法だ。白髪染めだと髪の毛全体を薬剤で染め直す形となるが、リタッチであれば根本部分にだけ薬剤を使うことになるため、髪の毛や頭皮への負担を抑えることができる。

また、リタッチのほうが髪の毛全体の白髪染めよりも費用を少なく済ませることが可能だ。白髪染めの頻度を抑えたいときには、リタッチを検討してみるのもよいかもしれない。

結論

個人の体質などにもよるが、白髪染めは大体1~2ヶ月の頻度で染め直すとよい。「見た目も、頭皮や髪の毛へのダメージも気になってしまう」という場合には、伸びた根元の部分だけを染め直すリタッチという方法を採用するのもよいだろう。適切な頻度・方法で白髪をケアし、いつまでも若々しい印象を保とう。
  • 更新日:

    2021年6月 7日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ