このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャップのシールはどうすればいい?洗濯や剥がれた時の対処法を解説

キャップのシールはどうすればいい?洗濯や剥がれた時の対処法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年6月27日

キャップを買ったときに悩むのが、ツバについているシールだ。つけたままにした方がいいのか、剥がすべきなのかわからないという方に向け、シールの取り扱い方を解説する。さらに、シールをつけたキャップの洗濯方法や剥がれたときの対処法まで紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。シールの取り扱い方をマスターして、キャップを使ったおしゃれを楽しもう。

  

1. キャップのシールは剥がしてはいけないの?

キャップについているシールは、剥がしてかぶっても機能面に問題はない。では、なぜシールをはがさず被る方が多いのだろうか?ここでは、シールを貼ったままにする理由を見ていこう。

キャップのシールを貼ったままにする理由

シールを貼ったままにする理由は、はがさない方がカルチャー的な主張ができ、かっこいいからだ。
シールをつけたままにする習慣は、アフリカ系アメリカ人の文化が影響している。ニューエラが流行った当時のアフリカ系アメリカ人は、非常に貧しい暮らしをしていた。そんな彼らが本物のニューエラをかぶっている証拠として、購入時に貼られているシールをそのままにしたのだ。その文化が現在にも残り、キャップのシールを剥がさない人が多いのである。

剥がすかどうかは個人の自由

キャップについているシールを剝がすかどうかは、個人の好みにあわせて選ぶとよいだろう。ただし、貼ったままにすると、いくつかのデメリットがある。たとえば、キャップが日焼けすると、シールが貼ってあったところだけ跡になってしまう可能性がある。また、洗濯がしにくくなるだろう。これらのデメリットを考えて、剥がすかどうかを検討するとよい。

2. シールがついたキャップを洗濯する方法

シールがついたキャップを洗濯する方法を解説しよう。ニューエラの帽子をはじめとするキャップは、水洗いができないものが多い。できる限り形を崩さずにクリーニングする方法をチェックしよう。

ホコリのような軽い汚れの場合

簡単に取れる汚れの場合は、帽子用のブラシで軽くブラッシングするとよい。しつこい汚れは、ガムテープをくっつけて剥がすと取れるだろう。

ひどい汚れの場合

ブラシやガムテープで取れない汚れは、濡れたタオルでケアしよう。中性洗剤を溶かしたぬるま湯にタオルをひたし、固く絞ってから優しく拭き取るとよい。濡れたキャップは、型崩れしないようにタオルを入れた状態で、風通しのよい所で陰干ししてほしい。

洗濯時のシールはどうする?

キャップを洗濯するときは、シールを1度剥がすとよい。シールに水分がついてしまうと、変形や剥がれの原因になるためである。キャップを完全に乾燥させてから、シールを再度貼りつけよう。

3. キャップのシールが剥がれたときの対処法

シールを貼ったままキャップを着用すると、日焼け跡が残ってしまう可能性がある。そんなトラブル時の対処法を見ていこう。

クリーニング店に持っていく

クリーニング店によっては、日焼けしたキャップのリメイクを受け付けているところがある。日焼け跡を改善したい方は、近所のクリーニング店に持って行こう。帽子によってはクリーニング店でもケアできないものもあるが、1度相談してみるとよいだろう。

接着剤で貼り直す

剥がれたシールを、再度キャップに貼り直して使うこともできる。シールが手元に残っている場合は、衣類用の接着剤を使用して貼りつけよう。シールを紛失していたり汚れていたりする場合は、単品で販売しているメーカーもあるのでチェックしてほしい。

4. シールをキャップ裏に貼り直すのもアリ

キャップの日焼けや汚れが気になる方は、シールをツバの裏側に貼り直すとよい。表に貼るより紫外線や汚れといった外部ダメージを受けにくく、「キャップにシールをつけたいけど、日焼けが気になる」という方にぴったりな方法である。
また、角度によってシールが見え、さりげないおしゃれが楽しめる。販売時からキャップの裏にシールが貼ってあるアイテムもあるので、違和感なく使えるだろう。

結論

キャップに貼られているシールについて解説した。キャップのシールを剥がすか、そのままかぶるかは、好みで決めて構わない。ただし、シールをつけたままだと、日焼けや汚れが気になる可能性があることを覚えておこう。シールをつけたいが日焼けや汚れが気になるという方は、ツバの裏側に貼りつける方法もおすすめだ。キャップを外したときや、角度が変わったときにシールが見え、大人っぽいおしゃれを演出できるだろう。
  • 更新日:

    2021年6月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング