このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャップが似合わないのは顔がでかいから?正しい選び方で悩みを解決

キャップが似合わないのは顔がでかいから?正しい選び方で悩みを解決

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年6月28日

「顔がでかくてキャップが似合わない。でも、おしゃれなキャップを見るとかぶりたくなる」このように、キャップに興味がありながらも顔の大きさを理由に避けてきた方は多いのではないだろうか?手軽におしゃれを楽しめるキャップは、選び方を間違えなければ顔がでかい方でも違和感なく取り入れることが可能である。本記事では、顔がでかい方向けにキャップが似合わない理由と解決方法について詳しく解説する。

  

1. キャップが似合わないのは顔がでかいから?ローキャップは特に難しい

顔のでかい方がキャップが似合わないといわれている理由については、輪郭が目立ったり、帽子が小さく見えてしまったりすることで顔の大きさが強調されてしまうことが挙げられる。とくに、ここ最近のトレンドであるローキャップは構造上の理由から顔の大きさがより目立ってしまうため、顔のでかい方にとっては似合わせが非常に難しいといえる。

ローキャップとは?

ローキャップとは、頭を覆うクラウン部分が浅めにデザインされたキャップのことである。ゴツさがなくスッキリしたシルエットが特徴だ。カジュアルからスポーツまで取り入れられることから、年齢や性別に関係なく多くの方が取り入れている人気アイテムだ。

数あるキャップのなかでもローキャップは作りが小さい。そのため、顔のでかい方がトレンドアイテムだからと安易に購入してしまうと、顔の大きさとのバランスがおかしくなり、似合わない可能性が高くなってしまう。顔のでかい方がキャップが似合わないといわれるのには、こうしたキャップの種類による構造の違いも大きく関係しているのである。

2. キャップが似合わないのは顔がでかいからではない・選び方を知って解決

キャップの種類はさまざまで、先ほど述べたローキャップのように小さな作りのアイテムもあれば、大きな作りのアイテムも存在する。そのため、正しいキャップの選び方を知っていれば顔がでかい方でも自分に似合うキャップを見つけることは可能であり、似合わないからと諦める必要もない。ここでは、顔がでかい方向けのキャップの選び方について解説していく。

大きめのサイズを選ぶ

キャップが小さく見えてしまう場合、サイズ選びを間違えている可能性がある。とくにローキャップのような小さい作りのアイテムは普段の帽子選びのような感覚で選んでしまうと失敗しやすい。いつもより大きめのサイズを選びつつ、試着して違和感がないか確かめることで似合わないリスクを減らすことができるだろう。

ツバが広くて長いものを選ぶ

顔がでかい方の場合、キャップ選びの際にツバの広さと長さを意識して選ぶようにすると似合わないリスクを減らせるだろう。ツバに広さと長さがあれば、錯覚によって顔の大きさを小さく見せることが可能であり、ローキャップでも対応ができるのでおすすめだ。

3. 顔がでかい似合わないと悩むメンズにおすすめのキャップとは?

顔がでかい方向けにおすすめのキャップタイプについて紹介する。似合わないと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてほしい。

アジャスター付きキャップ

顔がでかいためキャップが似合わないと悩んでいる方におすすめなのが、アジャスター付きキャップだ。理由は、顔の大きさに合わせてサイズ調整ができるからである。ピッタリすぎるサイズのキャップは顔の大きさが強調されやすいが、アジャスター付きキャップであれば、ゆとりのあるサイズに調整ができるため顔の大きさをしっかりカバーすることが可能である。

ベースボールキャップ

顔がでかいためキャップが似合わないと悩んでいる方には、ベースボールキャップもおすすめである。ベースボールキャップといえば、人気ブランドNew Era(ニューエラ)のキャップをイメージしてもらえるとわかりやすいだろう。ベースボールキャップはクラウンが深めで頭を覆う部分が多いためおさまりがよく、ツバも広めに作られているので顔のでかい方でも小顔に見せやすいのが特徴だ。

4. キャップを取り入れたメンズコーデは?春夏秋冬ごとにご紹介

最後に顔がでかくキャップが似合わない方向けのキャップコーデを季節ごとに分けて紹介する。

春は定番のパーカーでカジュアルに

定番のパーカーとキャップの相性は抜群で、フードのボリュームによって小顔効果が期待できる。そのため、顔がでかい方やキャップが似合わないと思い込んでいる方は積極的に取り入れることをおすすめする。

夏はVネックのTシャツ

Tシャツを着る機会の多い夏だが、顔のでかい方がキャップを取り入れる際は、Vネックをおすすめする。なぜなら、丸い形やUネックは首元が詰まっている分、顔が大きく見えキャップが似合わないようになるからだ。そのため、Tシャツは首元がスッキリ見えるVネックを選ぶようにするとよいだろう。

秋はVネックTシャツとシャツの組みあわせ

秋はVネックTシャツにシャツを組み合わせたコーデが顔がでかい方におすすめだ。胸元をスッキリさせて小顔効果を出しつつ、シャツを羽織ることで寒さ対策もできる。シャツのほかにも、パーカーやカーディガンなどもキャップとの相性がよいので、好みで変えてみるのもおすすめだ。

冬は首元にボリュームのあるアウターがおすすめ

首元にボリュームのあるアウターを取り入れることで顔を小さく見せることができるため、顔がでかい方の冬コーデにはフード付きのダウンジャケットやコートがおすすめだ。襟元にボリュームがないスタジャンやMA-1などのアウターを着る場合は、インナーにパーカーを合わせてカバーするといいだろう。

結論

顔がでかいという理由からキャップが似合わないと思い込んでいる方も多くいるが、正しい選び方とコーデのコツさえ知っていればコーデに取り入れることは可能である。今までキャップを避けてきた方も、本記事を参考に自分に合ったキャップとコーデを見つけてぜひおしゃれを楽しんでみてほしい。
  • 更新日:

    2021年6月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング