このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
足汗で靴下が湿って臭う?対処法やおすすめ靴下を紹介

足汗で靴下が湿って臭う?対処法やおすすめ靴下を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年7月22日

靴を脱ぐと靴下が臭いという経験のある人は多いのではないだろうか。臭いの原因は、足汗を放置したことによって繁殖した雑菌だ。男女問わず足の臭いに悩む人は多いが、足汗による臭いは靴下によって改善することができる。ここではなぜ足は汗をかくのか、また臭いの対処法やおすすめの靴下を紹介していく。

  

1. 足汗で靴下が湿る原因とは?臭いも気になる

まずはなぜ足汗をかくのか、靴下が臭くなるのかを説明していく。

足の裏は汗をかきやすい

人は暑いと汗をかくので、夏は全身から汗をかくことが多い。秋から冬へと涼しくなるにつれ全身から汗をかくことは減るが、足だけは汗をかいているという人もいるのではないだろうか。実は足の裏は汗腺が両足で約25万と多く、1日でコップ1杯分以上の足汗をかくといわれる。これは男女に差はない。

足汗をかく理由

足汗はストレスと足の冷えが関係しているようだ。ストレスを感じるとかく汗は精神的発汗と呼ばれ、手と足の汗はこの発汗タイプに該当する。仕事などのストレスを感じやすい20~30代、周囲に気を使いすぎる人や真面目な人ほど、足汗をかいていることが多いといわれる。

また、足は心臓から遠い場所にあり、体温が低く設定されているため冷えやすい部位だ。足が冷えると温めるために多く血液が送られるが、体温の設定が低いので体温を上げ過ぎないために汗をかき始めるという体温調節機能が働く。そして、汗をかき始めるとまた足が冷えてしまうため、再び体温を上げようとするといった悪循環が起こってしまうのだ。そのほか、体調や季節、運動などに関わらず大量の足汗をかく足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)という疾患もあるので、気になるときは専門医に相談するいいだろう。(※1)

靴下が臭くなる理由

汗は放置すると雑菌が繁殖し臭いを生じる。とくに靴や靴下は一日中履いていることが多く、汗や湿気がたまりやすいので臭くなりがちだ。靴や靴下を履かないわけにはいかないので、できるだけ通気性をよくして清潔に保つことを心がけよう。

2. 足汗をかく人は靴下の素材を考えよう

次に、足汗対策にはどのような靴下がいいか紹介する。

吸水性と速乾性ともに優れた素材がおすすめ

前述した通り、足の臭いの原因は足汗が大きく関わっている。原因となる足汗の対策には、靴下選びが効果的だ。足汗を直接吸い取って足を乾燥してくれる靴下を選ぶ際は、素材選びが重要なポイントとなる。

おすすめは麻やウール、シルクなどといった天然素材だ。天然素材は合成繊維より吸湿、吸水性が高い。天然素材といえばコットンを思い浮かべる人も多いだろうが、コットンは吸水性があるが乾きにくいというデメリットがある。足汗対策をするなら、吸水性もあり、コットンより速乾性のある麻やウール、シルクがいいだろう。ただ、天然素材は毛羽立ちやすかったり、色あせや変色が起こったりすることがある。天然素材との混紡製品にするのもおすすめだ。

素材以外にも足汗対策になるポイント

素材だけでなく、消臭や抗菌加工されている靴下を選ぶこともおすすめだ。また、足汗は足の指の間に最もたまりやすいといわれるので、五本指の靴下を選ぶのもいいだろう。五本指の靴下はレディースだけでなく、メンズでも販売されているのでチェックしてみてほしい。

冷え性の人は、冷え対策にカバーソックスを重ね履きするという手もある。カバーソックスを履くことで、汗の吸収をよりよくすることもできる。また、サンダルのような通気性のよい靴を履けば靴下はいらないように思われがちだが、サンダルを素足で履くと足汗を直接吸収し、臭いの原因となってしまうので注意したほうがいいだろう。

3. 足汗で靴下の臭いがするなら生活習慣の見直しを

最後に、足汗で靴下が臭うときに見直すべき生活習慣などを紹介する。

ストレスをためない生活を

前述した通り、ストレスを感じると足汗をかく。まずは規則正しい生活を心がけ、リラックスしてストレスで乱れた自律神経を整えることが大切だ。

リラックス方法は各々あるとは思うが、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かることが効果的だといわれている。冷えを感じているのであれば、足だけを温かいお湯と冷たい水に交互に浸ける温冷交代浴がいいだろう。温度が刺激となり、交互に与えることで毛細血管が収縮され体温調整の誤作動が起こりにくくなる。どれもすぐにできることなので実践してみてほしい。

靴の選び方やケアも大切

足汗で靴下が臭うということは、靴も湿り臭っている。防臭や防湿効果のある靴や中敷きを使用することは、効果的だといえるだろう。また、靴のサイズはぴったりのものを選ぶことをおすすめする。靴と靴下の間に余計な空間ができると湿気がたまり、雑菌が繁殖しやすいからだ。

さらに、使用した後の靴のケアも大切だ。長時間履いた後は防臭スプレーをし、湿気を取り除くようにしよう。新聞紙を丸めて靴の中に入れておくだけで除湿の効果があるので、試してみてほしい。しっかり靴の中を乾燥させるために、同じ靴を何日も連続して履かないよう、3足程度を交代しながら履くようにするのもいいだろう。

結論

足汗はストレスや冷えが原因で発汗し、靴下を湿らせて臭いの元となる。靴下は天然素材を使用したものや五本指ソックスなど、選び方次第で防臭対策になるので試してみてほしい。また、リラックスできる時間を持つことや靴をケアすることなども効果的だ。適切な対策をして臭いを気にせず過ごせるよう、参考にしてみてほしい。
  • 更新日:

    2021年7月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング