このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ワイシャツコーデを季節別に紹介!普段着でもオシャレを楽しもう!

ワイシャツコーデを季節別に紹介!普段着でもオシャレを楽しもう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年7月20日

着るだけで清潔感やきっちり感を与えられるワイシャツは、ビジネスシーンだけでなく、普段着としても活躍するアイテムだ。そのまま着るもよし、Tシャツと組み合わせるのもよし、ニットとの重ね着も楽しめる。そこで今回は、ワイシャツを使ったコーデのコツを季節ごとに紹介しよう。

  

1. ワイシャツの春コーデ

ワイシャツの春コーデでは、「さわやかさ」や「軽快さ」がキーワードだ。ワイシャツをコーデに取りいれると、季節を問わず、清潔感やさわやかさを簡単に演出できる。春コーデでは、ワイシャツのもつさわやかさを活用しつつ、明るいアイテムや腕まくりで軽快さを印象づけよう。

定番の白シャツなら、細身のジーンズ、ホワイトスニーカーと合わせるだけで、王道のさわやかコーデの完成だ。袖を少しまくり、手首や腕時計をチラ見せすれば、さらに軽快な印象になる。また、細かめチェックのワイシャツに、黒スキニーとスポーティーなハイテクスニーカーを合わせるのもおすすめだ。キャップとリュックがあれば、春のピクニックにも最適のコーデとなる。春といっても肌寒いようであれば、ニットベストを重ね着してみよう。ニットの色味をワイシャツと合わせれば、統一感のあるコーデになる。

2. ワイシャツの夏コーデ

ワイシャツと聞くと、長袖のビジネスシャツをイメージするかもしれない。しかし、実際にはワイシャツやドレスシャツ、カジュアルシャツなどの定義は曖昧になっている。そもそもワイシャツは、ホワイトシャツの聞き間違いから派生した日本語であり、カッターシャツと言い換えることもできる。ここでは、半袖を含むワイシャツの夏コーデを紹介しよう。

ワイシャツの夏コーデの鉄板は、半袖の白シャツだ。リネン生地の白ワイシャツに、カーキの細身カーゴパンツを合わせれば、洗練された涼しげな印象になる。また、無地の白Tシャツの上に、ブルー系のチェックシャツを羽織れば、さわやかな夏のワイシャツコーデになるだろう。ボトムスは細身を選び、ロールアップすることでよりさわやかさがアップする。白やチェックばかりでなく、ネイビーの無地ワイシャツに黒スキニーを合わせてもよいだろう。

3. ワイシャツの秋コーデ

ワイシャツは、秋にこそコーデの主役として活躍するアイテムだ。春夏は白を中心に、さわやかでシンプルなデザインが使いやすい。一方、秋は、色柄や素材で季節感を演出できるため、ワイシャツの選び方がコーデ全体のキモとなるのだ。

ワイシャツの秋コーデでは、落ち着いた色柄がおすすめだ。無地のベージュシャツに黒スキニーを合わせ、ネイビーのロングコートを羽織れば、Yラインシルエットの落ち着いたコーデが完成する。また、秋にはデニムシャツもおすすめだ。無骨な印象のあるデニムシャツだが、ボタンを開けてTシャツの上に羽織ったり、暗めの色を選んだりすることで、気軽に着こなすことができる。あるいは、思いきって少し大き目のチェック柄ワイシャツに挑戦するのもよいだろう。柄物を取りいれる場合には、パンツはベージュやカーキの無地がおすすめだ。

4. ワイシャツの冬コーデ・上着とバランスを取って

冬のコーデは、厚手のアウターを着る機会も多く、ワイシャツの出番はないように思えるかもしれない。ワイシャツに限らず、冬コーデではトップスがおろそかになりがちだ。しかし、室内で上着を脱いでいる時間は意外にも長いものである。ワイシャツは、冬コーデのパターンを増やすのに大活躍のアイテムなのだ。

冬コーデでも、白のワイシャツは重宝する。白のワイシャツの面積が大きすぎると、寒々しい印象を与えてしまうため、ニットカーディガンを羽織るのがおすすめだ。ニットがあるなら、ネイビーの無地ワイシャツや、ストライプシャツとの組み合わせも楽しめる。落ち着いた色味のニットに、大き目のチェックシャツを組み合わせ、ワイシャツを差し色として使うのもよいだろう。冬のワイシャツコーデでは、アウターを着た時と脱いだ時で、印象のギャップが大きすぎないように注意しよう。

5. メンズのワイシャツコーデのコツやアレンジとは?

ワイシャツは、季節を問わずに活躍するアイテムだ。着るだけで清潔感を与えられるワイシャツだが、コーデをさらに格上げするため、意識したいコツを紹介しよう。

襟の形や生地選びを慎重に

ワイシャツをコーデに取り入れる際には、ワイシャツの襟の形や生地に注目しよう。襟の形には、定番のレギュラーカラーからカジュアルなボタンダウン、ノーネクタイに適したホリゾンタルカラーなどがあり、ワイシャツのイメージに直結する要素だ。たとえば、カジュアルなコーデに、フォーマルなワイドカラーはミスマッチとなる。生地も同様で、リネンやオックスフォードはマットでカジュアルな一方、ツイルやヘリンボーンは光沢があり高級感がある。色柄だけにとらわれず、コーデ全体のトーンに合ったワイシャツを選ぼう。

身体にフィットしたジャストサイズがベスト

ワイシャツは、サイズ選びも重要だ。オーバーサイズのカジュアルコーデを除き、ワイシャツはジャストサイズを選ぶのがおすすめである。大きすぎるとだらしなく見えてしまい、小さすぎると窮屈な印象を与えてしまう。肩幅と袖丈を中心に、体格に合ったサイズを選ぼう。

結論

ワイシャツは、ビジネスシーンはもちろん、カジュアルシーンでも重宝するアイテムだ。季節を問わず使えるうえに、主役になったり、差し色として脇役に徹したりと、さまざまなコーデが楽しめる。襟の形や生地、サイズをしっかりと吟味して、ワイシャツコーデを楽しんでほしい。
  • 更新日:

    2021年7月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング