このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ストレッチと筋トレをおこなう順番は?効果的な方法や違いも解説

ストレッチと筋トレをおこなう順番は?効果的な方法や違いも解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年7月31日

健康維持やスタイル維持などの目的で、ストレッチや筋トレを取り入れているという方も多いだろう。そこで気になるのが、ストレッチや筋トレを行う正しい順番についてだ。そもそもストレッチと筋トレの違いについてはよく理解していないという場合もあるだろう。そこで今回は、ストレッチと筋トレについて詳しく解説をしていこう。

  

1. ストレッチと筋トレを極めて動きやすい身体をつくる

まずは、ストレッチと筋トレの違いについて紹介しよう。

・ストレッチと筋トレの違い

<ストレッチ>
ストレッチとは、意図的に筋肉を伸ばすことで柔軟性をアップさせ、怪我の予防・疲労回復・リハビリのための運動のことだ。身体の柔軟性を効果的に高めることができるだけでなく、準備運動や整理運動としても活用されている。また、リラクゼーション効果や姿勢を美しく保つ効果も期待できる。

<筋トレ>
筋トレとは、筋肉の成長や持久性を増大させることで、肉体改造やダイエットができる筋肉トレーニングだ。また、体調を整えることや、ストレスの軽減をする効果も期待できる。筋肉をつけたいという方や、ダイエットがしたいという方もいるため、目的に応じてトレーニング方法を変える必要がある。

・筋力は加齢に伴い減少していく

加齢とともに脂肪がつきやすくなり、基礎代謝量が減っていく。そのため、筋力が減っていく分太りやすくなる。そこで、ストレッチを行うことで、筋肉を柔らかくなり血流を改善し、代謝をアップさせる。また、筋トレの場合は、継続して行うことで筋肉量が増え、基礎代謝量が向上するという違いがあるのだ。

2. ストレッチと筋トレを一緒に行うメリット

ストレッチと筋トレを正しく組み合わせることによって、より筋トレ効果を高めることができる。ここからは、ストレッチと筋トレを一緒に行うメリットについて見てみよう。

・ストレッチと筋トレはどっちが抜けても効果は半減

筋トレだけを行っても、筋肉に柔軟性がなければ筋肉は増えにくい。また、ストレッチだけをやっていても、筋肉の成長には繋がらないのだ。

・筋肉の疲労防止

筋トレ前後にストレッチを行えば、血流を改善できるうえに、筋肉を伸ばし柔軟性をアップさせることができる。筋肉の疲労を防止し、筋肉を大きくさせることにも繋がるのだ。

・怪我の予防

筋トレ前後にストレッチを行っていれば、筋肉を温めて柔軟性をアップさせることができる。ストレッチをすることで、筋トレによる怪我の予防に繋がるのだ。

3. ストレッチと筋トレの行う順番

ストレッチは、筋トレの前後どちらにも取り入れることが大切だ。ここからは、ストレッチと筋トレの行う順番を詳しく解説しよう。

・筋トレ前には動きのあるストレッチ

筋トレ前は、体温や血流を要するため、動きのあるストレッチを行うといいだろう。ウォームアップとして、身体を動かすラジオ体操もおすすめだ。

・筋トレ

筋トレを行うことで筋肉に刺激を入れ、持続力と成長を促す。筋肉量を落とさず脂肪量を減らしたい場合は、筋トレの後に、有酸素運動の順番がおすすめだ。

・筋トレ後は静かなストレッチ

筋トレで使った筋肉を柔軟に伸ばすため、筋トレ後は身体をゆっくり伸ばすストレッチを行うといいだろう。クールダウンとして、ゆっくりと身体を慣らすヨガもおすすめだ。

4. ストレッチと筋トレを効果的に行うHITもおすすめ

ストレッチと筋トレを効果的に行うことができるHITについても解説しよう。

・HITとは?

HITとは、High Intensity Interval Training(高強度インターバルトレーニング)のことだ。高負荷と低負荷の4種の筋トレとストレッチを交互に繰り返すもので、毎日行わなくても週2〜3回で大きなトレーニング効果が期待できる。

・ダイエットにおすすめ

ストレッチと筋トレを全力で行うHITは、短時間に筋トレや有酸素運動の効果を得ることができる。トレーニングを短時間で集中的に行うことで、高い脂肪燃焼効果や代謝アップが期待できる。

結論

今回紹介した、ストレッチと筋トレの違いを理解し、正しい順番で行うことでトレーニングを効果的に行うことができるだろう。ストレッチと筋トレは、どちらかだけを行うのではなく正しく組み合わせることが大切だ。ぜひ、日々のトレーニングに活かしてほしい。
  • 更新日:

    2021年7月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング