このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ツーブロックとモヒカンの違いって?髪質に合ったスタイルが知りたい

ツーブロックとモヒカンの違いって?髪質に合ったスタイルが知りたい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年7月11日

今回は、ツーブロックとモヒカンの違いについて紹介しよう。メンズカットはさまざまな用語があったり、似たようなスタイルがあったりで悩んでしまうこともあるだろう。その一例として、ツーブロックとモヒカンに着目して説明する。薄毛に悩む方にもおすすめのスタイルを紹介するのでぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. ツーブロックとモヒカンの違いは何?

まずはツーブロックとモヒカンの違いについて説明しよう。ツーブロックもモヒカンもサイドや襟足の部分と、トップの髪の毛の長さに差を持たせるカット方法ということは共通である。大きなカテゴリでいうと、ツーブロックの中にモヒカンも含まれる。つまり、ツーブロックを入れて、トップのカット方法をどうするか、という中にモヒカンも選択肢として入るのだ。それぞれの特徴は次の通りだ。

ツーブロック

トップの部分の髪の毛は長さを残して、サイドや襟足部分を剃り込む方法だ。自然な仕上がりを求める場合は、刈り上げずにカットしてトップとの差をおさえて仕上げる場合もある。トップの部分はパーマやベリーショート、オールバックのスタイルなどバリエーションも多く、セットもしやすくビジネスシーン、プライベートどちらにも合う髪型だ。

モヒカン

頭の中央の髪の毛だけを残して、サイドの毛を左右刈り上げる方法だ。トップの長さは短くても長くてもモヒカンと呼ぶ。長い場合には後ろに髪を流したりしてスタイリングを楽しむことができる。伸びてくるサイドの髪の毛をこまめにカット・刈り上げる必要があるため少し扱いにくい髪型ともいえる。髪の毛を残す部分が少なくなるためイメージ通りにカットしてもらうことが少し難しい場合もある。美容室でオーダーするときは写真や画像を見せてオーダーするといいだろう。

2. ロングなツーブロック モヒカン

モヒカンはサイドの髪が伸びてくると見た目が格好つかなくなってきてしまうというマイナスポイントがあるので、ツーブロックで仕上げることでモヒカンの弱点を克服することができるかもしれない。

サイドや襟足部分だけを刈り上げておけば、髪が伸びてきてもトップの部分の髪の毛でカバーしてくれて目立ちにくいだろう。全体がモッサリとした印象になることを避けることができるのだ。髪の毛の伸びるスピードが早かったり、毛量が多かったりして、モヒカンにしてもすぐにまた散髪しなければいけないという方はぜひツーブロックを試してみてほしい。

ロングには抵抗がある、モヒカンカットに慣れていた、という方はツーブロックとソフトモヒカンまたは、ベリーショートの組み合わせでオーダーするといいだろう。伸びてきてからもセット次第でアレンジが自在にできる。

3. 薄毛にこそおすすめツーブロック モヒカン

薄毛に悩んでいる方こそツーブロックやモヒカンヘアを取り入れてみてほしい。それぞれ薄毛のタイプに合わせた髪型の決め方とセット方法を紹介しよう。

ツーブロック×七三分けスタイル

前髪の生え際、おでこの部分が薄毛の方にはこのスタイルがおすすめだ。サイドを刈り上げて、トップの部分はある程度の長さを持たせた状態でカットしてもらう。セットのときは、ドライヤーを当ててしっかりと七三分けのクセを付けて、ワックスやジェルで仕上げる。

ツーブロック×パーマスタイル

トップの部分にパーマをかけて動きを持たせるスタイルだ。この髪型は頭頂部の薄毛が気になる方に試してみてほしい。パーマのほどよいウェーブで薄い部分を隠しつつ、ツーブロックの部分でメリハリを付けた髪型だ。セットもトップの部分にスタイリング剤をもみ込むだけで完成なので、忙しい方でも取り入れやすい。

モヒカン

シンプルにモヒカンスタイルにすると薄毛が目立ちにくくなる場合もある。頭頂部が薄くなっている方は、大抵の場合サイドの毛は濃く残っていてトップだけが薄くなっているだろう。そういう方は、サイドの毛をあえて刈り上げることでメリハリを付けて、トップの薄さを目立たなくする錯覚効果をもたらすのでモヒカンカットがおすすめだ。トップの長さもそんなに長くないモヒカンであれば、スタイリング剤などを使用してのセットも不要だ。

結論

モヒカンカットの弱点をツーブロックで回避できるので、モヒカンでこまめなカットが大変な人はツーブロックを取り入れることも検討してみてほしい。薄毛対策には、ツーブロックもモヒカンもそれぞれのよさがあるので自分の悩みに合ったスタイルを見つけて美容室でオーダーするといいだろう。
  • 更新日:

    2021年7月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ