このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ツーブロックは直毛でもあきらめないで!コツとヘアセット方法

ツーブロックは直毛でもあきらめないで!コツとヘアセット方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年7月19日

直毛の方がツーブロックにしたとき、サイドの髪が浮いてしまったり、ワックスをつけても髪が抑えられないなど、失敗をしたことはないだろうか。そんな直毛の方でも、気軽にツーブロックを楽しめるコツがある。今回は、直毛ツーブロックで髪が浮かないようにするコツやヘアセット方法などを紹介していく。直毛でツーブロックにするのを諦めてしまった方は、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 直毛はツーブロックにすると浮く?

ツーブロックとは、トップに髪を十分に残しながら、アンダーやサイドを短く刈り上げた髪型のことだ。アンダーやサイドを刈り上げるため、髪のボリュームがおさえやすくなる。カットの長さを調節することで、多様なヘアスタイルを楽しめるのも魅力だ。

しかし、自分の髪質を分かっていないと、イメージとは違うヘアスタイルになる可能性がある。直毛の方が何も考えずにツーブロックにすると、短くしたサイドが浮いてしまい、まるでカッパのような髪型になってしまうことがある。ハチ周りに生えた横の髪が、トップの髪を押し上げてしまうのが原因だ。

剛毛の方はとくに髪が浮きやすいので要注意である。しかしコツを押さえれば、直毛の方でもツーブロックにチャレンジできるので安心してほしい。直毛ツーブロックのコツやヘアセットの方法を確認していこう。

2. 直毛メンズ必見!ツーブロックのコツ

直毛を活かしたツーブロックは、サイドやアンダーの刈り上げる長さと範囲が重要だ。刈り上げる範囲は浅めで、長めに刈ることをおさえておきたい。直毛の方がトップを短くしてしまうとサイドが浮いてしまうおそれがあるため、トップを長く残すようにするのがツーブロックにするうえでのポイントである。直毛を活かしたトップを立てるヘアスタイルや、サイドやバックを短く刈り上げたツーブロックスタイルもある。
直毛を活かしたツーブロックは、サイドやアンダーの刈り上げる長さと範囲が重要だ。刈り上げる範囲は浅めで、長めに刈ることをおさえておきたい。直毛の方がトップを短くしてしまうとサイドが浮いてしまうおそれがあるため、トップを長く残すようにするのがツーブロックにするうえでのポイントである。直毛を活かしたトップを立てるヘアスタイルや、サイドやバックを短く刈り上げたツーブロックスタイルもある。

3. 直毛ツーブロックのヘアセット方法

直毛の方に限らず、ツーブロックのヘアセットで大切なのは、ドライヤーで髪の根元をくせづけることだ。根元の髪が浮いている状態では、ワックスをつけておさえても、時間が経てば浮いてしまう。頭上から斜め45度の角度で根元を抑えるように乾かしたあと、ドライヤーの冷風を当ててくせづけするといい。直毛や剛毛の方は、キープ力の高いワックスを押さえつけるようにスタイリングすれば、ツーブロックの形を整えられる。

仕上げにハードスプレーを振れば、キープ力はさらに上がるのでおすすめだ。カジュアルシーンでは、ワックスで毛先に動きを出したり、アイロンなどでパーマをかけたりすると、直毛の方でもメリハリのあるツーブロックを楽しめる。

4. 直毛ツーブロックのヘアカタログ

直毛を活かしたツーブロックのヘアスタイルを紹介していこう。オフィスシーンに合う直毛ツーブロックは、サイド幅を低めにしたスタイルだ。耳周りを刈ることで、直毛によるサイドの広がりを抑え、すっきりとした印象を与えられる。

そのほかにも、ナチュラルなツーブロックとは逆に、サイドを高い位置まで刈り上げるベリーショートスタイルもある。トップの髪を長めにすれば、マッシュやモヒカン、ボブなどさまざまなスタイリングができる。髪質が硬い方や剛毛の方は、刈り上げる部分の幅を思いっきり広くし、高めの位置までカットするツーブロックもおすすめだ。

結論

直毛の方がツーブロックにしたとき、髪が浮かないようにするコツやヘアセット方法などを紹介した。ツーブロックは、サイドやトップの長さを調節することによって、幅広いデザインが楽しめる。そのため、自分の髪質に合ったヘアスタイルを選べるのが魅力だ。「直毛だから無理」とあきらめていた人は、コツをおさえて、ぜひ挑戦してみてほしい。
  • 更新日:

    2021年7月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング