このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ツーブロックとスキンフェードとは?いま話題のヘアスタイルを紹介

ツーブロックとスキンフェードとは?いま話題のヘアスタイルを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年7月21日

男性の定番ヘアスタイルのツーブロックは、年齢関係なく好まれる髪型である。ほかにも、スキンフェードという髪型も人気だ。今回は、ツーブロックとスキンフェードの違いや組み合わせたヘアスタイルの紹介をしていく。ヘアスタイルを変えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. ツーブロックとは?スキンフェードって何?

ツーブロックとスキンフェードとはどんな髪型だろうか。まずは、特徴をみていこう。

ツーブロック

上の髪は長く、下の髪は短くカットするのが特徴の髪型だ。トップのアレンジはモヒカンやパーマ、ボブなど多様である。髪質や癖の出方によって長さを変えるのがおすすめだ。ツーブロックはサイドや襟足を短くカットするため、スッキリとした印象の髪型になる。

フェードカットとは

フェードとはグラデーションのこと。髪の毛にグラデーションをつけ、トップに近づくにつれ白から黒になるように刈り上げをしていくのがフェードカットだ。オシャレ坊主とも呼ばれている。フェードカットの種類には、ハイフェード・ミドルフェード・ローフェード・テーパーフェード・スキンフェードの6種類ある。フェードの高さを変えるだけで、さまざまな髪型を楽しむことが可能だ。中でもスキンフェードは、グラデーションの始まりが0mmのカット方法だ。

ツーブロックもスキンフェードも輪郭がはっきりと出るため、誠実なイメージを持たせやすいだろう。さわやかな印象を与えられるフェードカットは、ビジネスシーンでも好まれる髪型だ。

2. ツーブロックとスキンフェードの違い

ツーブロックとスキンフェードは似ているが、違いはなんだろうか。

髪の毛の長さとカット方法

ツーブロックとスキンフェードは、髪の毛の長さとカットの方法に違いがある。ツーブロックはサイドを刈り上げトップの長さを長めに設定し、2つのブロックの長さが段になるようにカットしていく。一方、スキンフェードは段差をつけず、上に行くにつれ自然と長くカットするのが特徴だ。また、スキンフェードは、グラデーションの始まりはカミソリを使いツルツルにしていく。ツーブロックから移行しやすいため、いつもと雰囲気を変えたい方におすすめの髪型である。

3. ツーブロック×スキンフェードのヘアスタイル集

よりオシャレに決めたい方は、ツーブロックとスキンフェードをかけ合わせた髪型がおすすめだ。ツーブロックとスキンフェードを組み合わせた髪型は、アレンジ方法の仕方で印象を変えることができる。

プライベートやビジネスシーンに

トップが短めのツーブロックとフェードカットの組み合わせがおすすめだ。セットするときは、七三分けにするとさわやかな印象に仕上がるので、プライベートやビジネスシーンにも使えるだろう。

ワイルドに決めたい方に

ワイルドに決めたい方はトップを長めにし、オールバックにするのがおすすめだ。オールバックはフェードカットと相性がよく、はっきりとした境目で男性らしい雰囲気を出すことができる。ワイルドに見せるためには、サイドとバックは地肌が見えるくらいカットし、上に向かってボリュームを出していくことがポイントだ。

パーマをかけてオシャレに

ツーブロックとスキンフェードでよりオシャレに仕上げたい方は、パーマを組み合わせてみよう。パーマのかけ方を変えるだけで、さまざまなオシャレを楽しめる。緩やかなパーマは優しい印象になる。フェードカットを目立たせたい方は、フロントを中心にスパイラルパーマをかけることがおすすめだ。カットする際は、パーマをかけることを考えてトップ部分を長めにするといいだろう。癖が強い方は、パーマをかけずに癖を活かしてスタイリングする方法もある。

スタイリングする際は、髪全体を水で濡らして8割ほど乾かした後、スタイリング剤を使うとキレイにセットすることができる。スタイリング剤はポマードやグリースがおすすめだ。ドライヤーで乾かす際は、セットするときの髪の流れを意識して乾かすといいだろう。

結論

ツーブロックとスキンフェードの違いは、カットの方法と髪の毛の長さだ。ツーブロックとスキンフェードを組み合わせたり、セットの方法を変えたりするだけで、よりオシャレになる。セットが簡単な髪型のため、初めて挑戦する方にもおすすめだ。
  • 更新日:

    2021年7月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング