このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヘアバンドでオシャレ男子に!ダサくならないための付け方とコーデ術

ヘアバンドでオシャレ男子に!ダサくならないための付け方とコーデ術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年7月29日

帽子に代わる男性向けファッションアイテムとして、ここ最近、ヘアバンドが注目を集めている。コーデにうまく取り入れることでこなれた印象を与えられることから、興味を持っている方も多いことだろう。とはいえ、ヘアバンドは付け方やコーデを間違えるとダサい印象になってしまうおそれもある。本記事では、ダサくならないためのヘアバンドの付け方やコーデについて詳しく解説する。

  

1. 男がヘアバンドをするのはダサいの?

ヘアバンドが注目を集める一方で、「男性がヘアバンドを付けるのはダサい」といった声も聞かれる。ヘアバンドにチャレンジしようと考えている方にとっては不安に感じるかもしれない意見だが、結論からいうと男性がヘアバンドを付けることは決してダサくない。むしろヘアバンドは、付け方やコーデのポイントをおさえることで格段にオシャレに見せることができるアイテムである。男性のヘアバンドがダサいといわるのには、主に次のような理由が挙げられる。

付け方が間違っている

ヘアバンドは間違った付け方をすることでダサい印象を与えてしまう。たとえば、髪をヘアバンドのなかに全部入れてしまうというような付け方である。ヘアバンドは、適度に髪を出すことでかっこよさが引き立つアイテムであるため、付け方も重要なポイントであることを理解しておくことが大切だ。

コーデに合っていない

コーデをオシャレに見せるには、全体のバランスが重要である。そのため、ヘアバンドを付ける際は、服装とのバランスを考えてアイテム選びをする必要がある。シックな服装であるにもかかわらず、派手なヘアバンドを合わせてしまうとコーデがアンバランスになってしまいダサい印象を与えかねない。

ヘアスタイルが疎かになっている

ヘアバンドは帽子と違い、髪の一部が出ているため、オシャレな印象を与えるにはヘアスタイルのセットも重要だ。オシャレなヘアバンドを付けていても、ヘアスタイルがボサボサで疎かになっているとそれだけでダサく見えてしまう。

2. 男性用ヘアバンドの正しい付け方

ヘアバンドは、正しい付け方と選び方を間違えなければ男性でもオシャレに見せることができるアイテムである。ダサい印象を与えないための基本的な付け方と髪の調整の仕方について解説する。

基本的な付け方

男性がヘアバンドを付ける際の基本的な手順は、以下のとおりである。
  • ヘアバンドを首元まで通す
  • ヘアスタイルをセットする(スタイリング剤までつけておく)
  • 首元のヘアバンドをおでこの位置に上げる
  • ヘアバンドの外に出す髪と中にしまう髪を鏡を見ながら調整する
  • 髪の量をバランスよく調整ができたら完成だ
以上がヘアバンドの基本的な付け方の手順だ。最初はうまくいかないかもしれないが、何度か練習すると慣れるのでぜひチャレンジしてみてほしい。ヘアバンドをあらかじめ首元まで通しておくのは、セットしたヘアスタイルを崩さないためである。後から付けようとするとせっかくのセットが台無しになってしまうため、先に首元まで通しておくのがおすすめだ。

髪の調整の仕方

髪の調整に関しては、髪の短い部分の扱いに気をつけるのがポイントだ。髪の短い部分は、ヘアバンドの外に出していると横にハネやすく、せっかくのセットが寝グセのように見えてしまい、ダサい印象を与えてしまうことがある。とくにショートスタイルの男性は注意が必要である。ダサい印象を与えないためには、長い部分の髪を出すようにして、短い部分の髪はヘアバンドの中に入れておくということを覚えておいてもらいたい。

3. ヘアバンドを活用したオシャレな男性用コーデ例

ヘアバンドの付け方がわかったところで、男性向けのおすすめコーデを紹介する。

カジュアルコーデ

一見、取り入れるのが難しそうなヘアバンドだが、意外とどんなコーデにも合わせやすく、シンプルなカジュアルコーデでもオシャレにキマる。Tシャツやパーカー、ネルシャツなど、普段から着慣れているコーデに合わせるだけで印象をガラリと変えることが可能である。

キレイめコーデ

大人っぽいコーデが好きな男性の場合、キレイめコーデに合わせるのもおすすめだ。温かい季節にはキレイめのシャツに、寒い季節には流行りのチェスターコートにヘアバンドを合わせることで上品さとこなれ感を演出することができる。ヘアバンドは、コーデに合わせて落ち着いたデザインのアイテムを付けるとバランスよく見えるためおすすめである。

ストリートコーデ

ヘアバンドは、ストリートコーデとの相性がよく、パーカーやスウェットといったラフなスタイルに合わせるだけでもかっこよく見せることができる。派手なデザインのヘアバンドも合わせやすいが、大人っぽさを出したい男性の場合、シンプルなデザインのものを合わせるといいだろう。

4. 人気ブランドのおすすめ男性用ヘアバンド

ヘアバンド選びの参考として、男性向けのおすすめブランドを紹介する。

ナイキ

スニーカーで有名なナイキだが、ヘアバンドに関してもさまざまなアイテムが揃っており、多くの男性から高い支持を得ている。ナイキのヘアバンドは、シンプルなデザインが特徴で、どんなコーデにも合わせやすいため初心者の男性におすすめである。

ニューエラ

ベースボールキャップでお馴染みのニューエラもおすすめブランドのひとつである。シンプルなデザインから派手なデザインまで幅広くアイテムが取り揃えられているため、好みのヘアバンドが見つけやすい。

シュプリーム

シュプリームは、男性に人気のストリートブランドである。大きなロゴが入った存在感バツグンのヘアバンドは、ストリートコーデとの相性がよくオシャレさをより引き立ててくれる。値段は高めだが、人気ブランドだけに持っておいて損はないだろう。

結論

男性のヘアバンドに対してダサいという意見もあるが、正しい付け方とコーデの合わせ方さえ間違えなければオシャレに見せることは可能である。ヘアバンドは、うまく取り入れることでオシャレ上級者の印象を与えることができ、ファッションの幅も広げられるなどメリットも多い。興味のある方は、この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年7月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング