このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メンズのダメージ毛対策にはこれ!おすすめのヘアケア人気商品6選

メンズのダメージ毛対策にはこれ!おすすめのヘアケア人気商品6選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年8月 5日

ダメージを受けた髪を補修し、ツヤと潤いを与えてくれるトリートメント。ヘアケアにおいて欠かすことができない重要アイテムだが、最近は、各メーカーからさまざまな種類の商品が登場しているため、何を選べばいいのかわからないという方も多いだろう。本記事では、ヘアケアトリートメントの種類や基本的な使い方をはじめ、おすすめの人気商品6選を紹介する。

  

1. 人気のあるヘアケアトリートメントの種類

ヘアケア用のトリートメントには大きく分けて、洗い流すタイプと洗い流さないタイプがある。それぞれ、ダメージを受けた髪をケアするという点においては同じであるが、おすすめは洗い流さないタイプのトリートメントだ。

洗い流すタイプに比べて時間と手間がかからず使い方も簡単なため、ヘアケア初心者や面倒くさがりな性格の方でも続けやすいことから人気がある。また、ヘアケアだけでなく整髪料代わりとして使うことができるなど、使い勝手のよさなどがおすすめする理由である。

そんな万能さを兼ね備えた人気の洗い流さないトリートメントには、次のような種類がある。

ヘアケアオイル

油を主成分としたヘアケア剤で、髪をコーティングして紫外線や乾燥、ドライヤーやヘアアイロンの熱といった外側のダメージから守ってくれる働きがある。また、髪の内部から水分や栄養が流出するのを防いでくれるため、ツヤと潤いをキープする役割も果たしてくれる。

ヘアケアオイルはしっとりした仕上がりになるのが特徴で、乾燥やクセで髪が広がりやすい方や、紫外線や熱から髪を守りたい方に人気のヘアケア剤だ。

ヘアケアクリーム

ヘアケアクリームは、水分と油を成分としたヘアケア剤で、髪の潤いをキープする保湿作用と内部に浸透して栄養を送り届ける補修作用がある。ヘアオイルよりもサラッとした仕上がりになるのが特徴で、トリートメント効果に優れているため、パーマやカラーを頻繁に行う方におすすめだ。

2. 人気ヘアケアトリートメントの使い方

手軽にヘアケアができる人気のヘアケアトリートメントだが、しっかりと効果を発揮するためには正しい使い方をマスターする必要がある。ヘアケアオイルとヘアケアクリームそれぞれの使い方を解説する。

ヘアケアオイルの使い方

ヘアケアオイルを使う際の手順は以下のとおりだ。
  • 髪を濡らしてタオルドライをする。
  • 適量のオイルを手に取り、手のひらと指の間に伸ばしていく。
  • 根元につけないよう、毛先中心につけていく。
  • ドライヤーでしっかり乾かす。
ポイントは、濡れた髪に使用すること。なぜなら、濡れた髪はキューティクルが開いているため、髪の内部の水分や栄養が失われやすい状態になっているからだ。オイルでコーティングすることにより、流出を防ぐ役割を果たしてくれる。

ヘアケアオイルは、紫外線予防やツヤ出しとして乾いた髪にも使用ができる。その場合、ベタつきすぎないよう、濡れた髪に使う量よりも少なくし、髪の表面にサッとつけるようにするといいだろう。

ヘアケアクリームの使い方

ヘアケアクリームもヘアケアオイルと使い方は同じであり、濡れた髪と乾いた髪の両方に使用できる点も共通している。それぞれ以下の目的で使い分けるといいだろう。
  • ケア目的であれば濡れた髪に→補修成分が濡れた髪の内部にしっかり浸透するため、ダメージを補修してツヤと潤いを与えてくれる。
  • 整髪料代わりとして乾いた髪に→髪の広がりと毛先のパサつきを抑えてまとまりをよくしてくれるため、整髪料代わりとしても使える。人気のウェットスタイルにおすすめだ。

こんな使い方には注意

人気のヘアケアオイルとヘアケアクリームだが、間違った使い方をしていては本来の効果を実感できない。ツヤを出したいからと根元までつけてしまったり、必要以上にたくさんの量をつけてしまったりするとベタつきやボリュームダウンにつながるので注意が必要だ。

3. 市販で買える人気ヘアケアトリートメント3選[オイル編]

数あるヘアケアトリートメントの中から、市販で買える人気商品を紹介する。商品選びで迷っている方はぜひ参考にしてほしい。まずは、ヘアケアオイルから見ていこう。

ルシードエル|アルガンリッチオイル

高い保湿力と美容成分を豊富に含んだ、アルガンオイル配合のヘアケアオイルで2018年の@cosmeベストコスメアワード第2位に選ばれた人気商品。UVカット処方とヒートプロテクト処方によって紫外線や熱から髪を守り、乾燥とダメージをしっかり防いでくれる。ベタつきのない、サラサラの仕上がりになるのが特徴だ。

ボタニスト|ボタニカルヘアオイル

ダメージを受けた髪の内側にしっかり浸透し、潤いを与えて補修してくれるアウトバストリートメント。ヘアカラーのダメージと退色の防止を追求したヘアケアオイルで、パサつきのないツヤ髪へと導いてくれる。

ギャツビー|インサイド ロック スタイリングオイル

髪に自然なツヤ感を与え、スタイルを一日中キープできる男性に人気のスタイリングオイル。パサつきと広がりを抑え、清潔感のある自然なキレイめスタイルに整えることができる。

4. 市販で買える人気ヘアケアトリートメント3選[クリーム編]

続いては、おすすめの人気ヘアケアクリーム3選を紹介する。

マンダム|ルシードヘアクリーム

40代からのスタイリングシリーズのひとつで、大人の男性に人気のヘアクリーム。加齢によりハリとボリュームがなくなった髪に浸透性アミノ酸が内側からしっかり補修。ベタつきがなく髪馴染みもよく、まとまりのあるしなやかな仕上がりになるのが特徴だ。

黒ばら本舗|ツバキオイル ヘアクリーム

パーマやカラーリングでダメージを受けた髪におすすめのヘアクリーム。保湿力と浸透性に優れた椿油配合で、スタイリングしながら髪に栄養を届けてくれる。使用感はサラッとしており、ツヤと弾力のある仕上がりになる。

パンテーン | インテンシブ ヴィタクリーム

髪の芯までしっかり浸透し、ダメージ補修となめらかな質感を持続するアウトバストリートメント。傷んだ毛先を寝てる間に素早く補修し、翌朝のスタイリングを楽にしてくれるパンテーンの人気商品だ。

結論

洗い流さないタイプのヘアケアトリートメントは、使い方も簡単で時間と手間もかからず、ヘアケア初心者や面倒くさがりな方でも無理なく続けられるため非常におすすめである。この記事を参考に自分に合った商品を見つけてみてほしい。乾燥やダメージから髪を守り、いつまでも若々しさをキープしよう。
  • 更新日:

    2021年8月 5日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング