このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ふくらはぎ用マッサージ機はどんな効果がある?選び方や注意点など

ふくらはぎ用マッサージ機はどんな効果がある?選び方や注意点など

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年8月 9日

立ち姿勢や座り姿勢が長い日、いつもより歩きすぎた日など、ふくらはぎに異変を感じたことはないだろうか。異変の原因は、血の巡りが低下したことやエアコンによる冷えなどが考えられる。プロのマッサージを受けたいところだが、なかなか難しいという人も多いだろう。そんなときは手軽にふくらはぎをもみほぐせる、ふくらはぎ用のマッサージ機の利用がおすすめだ。今回は、導入前に知っておくべき選び方や注意点を紹介する。

  

1. ふくらはぎをもみほぐすマッサージ機の魅力

ふくらはぎが痛く、むくみも気になるが、忙しくてプロのマッサージを受けに行く時間がない。予約も含めていろいろ手間に感じるなど、なかなか指圧マッサージを受けに行けない......そんな人には、ふくらはぎのマッサージ機を導入することをおすすめしたい。

ふくらはぎが固いなど異変を感じても、ふくらはぎ用のマッサージ機を導入すれば自宅にいながら簡単に脚の疲れを軽減できる。ふくらはぎ用のマッサージ機は、タイプによってはリラックスタイムに寝ながら、デスクワーク中でも椅子に座りながらマッサージできるという点が魅力。

忙しく、日々時間に追われていても疲れていても、なにか作業をしながら脚の疲れや凝りをやわらげることができるのは大変便利だ。

2. ふくらはぎ用のマッサージ機の賢い選び方とは?

ふくらはぎ用のマッサージ機といっても、レッグマッサージャーやレッグマッサージ機という名で売られているものでも、ふくらはぎの凝りをほぐすことが可能だ。部位を限定せず幅広く探せば選択肢が広がるが、ふくらはぎに使えるマッサージ機は、さまざまなメーカーから販売されているためどれにすればよいのかと悩む人も多いだろう。

ふくらはぎのマッサージ機は、ブランドで選ぶのもあり

ふくらはぎの疲れや凝りをほぐすマッサージ機の選び方として、ブランドで選ぶのも一つのポイントだろう。

たとえば人気ブランドで選ぶなら、エアーバッグの圧迫で太ももから足先まで凝りをほぐすマッサージ機であるパナソニックの「レッグリフレ」。

ふくらはぎから足先までの凝りをほぐすオムロンの「エアマッサージャ」といったものがある。人気の高い傾向があるブランドのマッサージ機なら、自分自身が使うマッサージ機としてはもちろん、大切な人へのギフトにも喜ばれそうだ。

ふくらはぎのマッサージ機選びは、性能に着目しよう

ふくらはぎのマッサージ機を購入するなら、自分好みの製品を購入するためにも性能を比較して選ぶとよい。ふくらはぎをマッサージ機でもみほぐすと一口に言っても、もみ玉やエアーなど備わっている性能はさまざま。

インターネットで「ふくらはぎ マッサージ機」と検索すれば売れ筋ランキングやレビュー、ふくらはぎをもみほぐし可能なマッサージ機のおすすめなど、性能を含め多くの情報を閲覧できるので選定の参考になるだろう。

たとえば、フジ医療器の「モミーナ プロ EX フットマッサージャー KC-320」は、ふくらはぎをもみほぐせるマッサージ機で、脚に当たる布を着脱して洗濯できる点が魅力だ。
また、ふくらはぎのマッサージ機であるルルドの「アテックス ルルド レッグマッサージャー SS」は、ふくらはぎのマッサージ機に強力振動を求める人に向いている。

ふくらはぎのみならず、太ももまでもみほぐせるマッサージ機がよいという人もいるだろう。スライヴの「フットマッサージャー MD-8765」なら、ふくらはぎのマッサージ機としてはもちろん、太ももまでもみほぐすことができる。

そのほか着目すべき性能は、脚をじんわりと温めることのできるヒーター機能だ。ヒーター機能搭載のマッサージ機を選べば、足の冷えが気になる人や寒い時期に一石二鳥で活躍するだろう。

ふくらはぎのマッサージ機の使用シーンを考えてみよう

ふくらはぎのマッサージ機を購入する前に、自分の生活パターンを振り返ってみよう。どんな場所でどんな作業をしながらマッサージをするのが自分にとってベストだろうか。

たとえば、毎日決まった場所でふくらはぎのメンテナンスをするなら、テスコムの「フットマッサージャー TF1100」のような置き型タイプ。あちこちで使用するなら動かしやすいエアーマッサージャーやコードレスタイプのマッサージ機がおすすめだ。

横になった状態でしか使用できないタイプもあるので、デスクワークをしながらふくらはぎのメンテナンスをしたい人は、座り姿勢で使えるマッサージ機を選ぼう。また、お風呂でふくらはぎのマッサージをしたい場合には、防水機能の付いたローラー器具を使うという手もある。

外にいる時間が長く、出先でふくらはぎをもみほぐしたい場合は、マッサージ機ではなくニトリの「ハンディマッサージャー(リラミンゴ PK)」など小型のものを選ぶとよいだろう。デザイン性を重視するなら、スツールのような見た目のふくらはぎ用マッサージ機もある。

部屋に出しっぱなしにするなら、見栄えがよく普段はオットマンとして使えるタイプもぜひ検討してみてほしい。選び方のポイントを押さえて、気になるふくらはぎのマッサージ機をレンタルして、使い心地を体験してみるのもおすすめだ。

3. ふくらはぎ用のマッサージ機を使う時の注意点

ふくらはぎの疲れを軽減するためにマッサージ機を使用する場合、いくつか注意しておかなければならないことがある。まず捻挫や骨折、打ちみなど、脚に怪我をしている場合は、マッサージ機の使用は避けた方がよい。怪我だけでなく発熱中の方や妊婦の方も、ふくらはぎのマッサージ機の利用を避け、通院している場合は医師に相談しよう。

というのもふくらはぎに限らず、マッサージをすると血の巡りがよくなることから、熱や怪我の悪化要因になる可能性がある。いずれにせよマッサージ機のやりすぎには注意が必要だ。また飲酒をしていると、ふくらはぎのマッサージによる痛みや強さを感じにくく、危険なのでマッサージ機の使用は控えた方がよいだろう。

過去には、脚専用のマッサージ機を首周りに使用したことで、ローラーに衣類が巻き込まれて窒息という死亡事故も何件か発生している。マッサージ機の使用は注意点を押さえ、正しい使い方を守ることが重要だ。

結論

マッサージ機を使ってふくらはぎをもみほぐせば、脚の疲れや痛みなどを軽減する効果が期待できる。立ち仕事や営業周りが多く足の疲れを感じている人は、とくにふくらはぎをもみほぐせるマッサージ機を利用してみてほしい。マッサージを日々のルーティーンに取り入れて日々の疲れをできる限りリセットし、身体の調子を整えよう。自分の使用シーンにぴったりなマッサージ機で、リラックスタイムやオフィスワークの快適さを上げてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年8月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング