このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
男のヘアケアに必須!頭皮のトリートメントで健康な髪をキープしよう

男のヘアケアに必須!頭皮のトリートメントで健康な髪をキープしよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年8月 2日

女性に比べ皮脂分泌が盛んな男性は、フケやかゆみ、抜け毛など頭皮に関する悩みを抱える方が多い。そのため、男性のヘアケアには髪のダメージ補修だけでなく、髪の土台となる頭皮環境を整えることも重要である。そこでおすすめしたいのが、頭皮ケアのトリートメントだ。本記事では、頭皮ケアのトリートメントに関する基礎知識やメリット、種類や使い方について詳しく解説する。

  

1. ヘアケアと頭皮ケアのトリートメントとは?

健康な髪を育てるには、土台となる頭皮ケアが欠かせない。ヘアケアと頭皮ケアのトリートメントとは、日々のストレスや食生活、紫外線などの影響を受けた頭皮にアプローチし、頭皮環境を整えることに特化したヘアケアアイテムのことである。
  • 頭皮がベタベタする。
  • 乾燥でフケやかゆみがひどい。
  • 髪のボリュームがない。
  • 抜け毛が増えてきた。
  • 頭皮のにおいが気になる。
  • 髪にハリとコシがない。
日頃からトリートメントなどのヘアケアをしているにも関わらず、このような悩みを抱えている方は頭皮に問題がある可能性もある。そのため、どれかひとつでも当てはまるものがあれば頭皮ケアのトリートメントを取り入れてみることをおすすめする。髪と比べて頭皮ケアは後回しにされがちであるが、ヘアケアは髪と頭皮の両方をしっかりケアできてこそいい状態がキープできるのである。

2. ヘアケアと頭皮をトリートメントするメリット

ヘアケアと頭皮ケアのトリートメントをすることで得られるメリットは以下のとおりである。

頭皮と髪の両方をケアできる

ヘアケアと頭皮ケアのトリートメントは、頭皮にうるおいを与えてフケやかゆみを防ぐのはもちろんのこと、同時に髪にも栄養を与えてパサつきや広がりをおさえ、まとまりのあるしなやかな髪に仕上げることができる。

根元の立ち上がりをつける

毛穴が汚れていたり、皮脂分泌が多かったりすると髪が細くなりやすい。ヘアケアと頭皮ケアのトリートメントで毛穴の汚れをしっかり落とすことでハリとコシのある健康な髪が生えやすくなり、根元の立ち上がりがついてボリュームを出しやすくなる。

頭皮の血行をよくする

頭皮ケアのトリートメントを使ってマッサージをすることで血行を促すことができる。血行がよくなることで、髪を育てるために必要な栄養が頭皮全体に多く運ばれてくるのでしっかりとした髪が生えてきやすい。

3. ヘアケアと頭皮のトリートメントの種類

ヘアケアと頭皮のトリートメントの種類は豊富で、特徴もさまざまである。

炭酸シャンプー

炭酸シャンプーとは、その名の通り炭酸ガスを含ませたシャンプーのことである。炭酸ガスの泡で、毛穴に詰まった汚れをスッキリ落とすことができ、血行促進の効果もあるのが特徴だ。ムースのようなきめ細かい泡で出てくるため、泡立てる必要がない。

スカルプトニック

スカルプトニックは、シャンプーとトリートメント後に使用するヘアケアアイテムである。頭皮の乾燥やにおいの改善に効果的で、爽快感のある使い心地が特徴だ。スカルプトニックをつけた際に頭皮マッサージを行うことで血行促進にもつながる。

ヘアケアオイル

植物性油などを使ったヘアケアオイルは、シャンプー前に頭皮の汚れを浮かして落とすために使ったり、シャンプー後の頭皮にうるおいを与えるために使ったりとさまざまな使い方ができるのが特徴だ。髪のパサつきや広がりをおさえたい時は、トリートメントとして使うこともできる。

4. ヘアケアと頭皮のためのトリートメントオイルの使い方

数あるヘアケアと頭皮のトリートメントの中から、ここではヘアケアオイルの使い方について解説する。毛穴の汚れ落としからマッサージ、保湿まで幅広くケアできるヘアケアオイルは非常に万能なトリートメントである。ぜひ、使い方をマスターして試してみてほしい。

1.洗い流さないヘアケアオイルを用意する

ヘアケアオイルには、つけた後にシャンプーをしないといけないものもあるが、使い勝手のよさから洗い流さないタイプのオイルを選ぶことをおすすめする。

2.シャンプーで頭皮をキレイにする

ヘアケアオイルで頭皮ケアをする場合、シャンプーで頭皮をキレイにしてから行うことをおすすめする。汚れが落ちた頭皮の方がオイルがしっかりと馴染むからだ。タオルドライである程度水気を取り除いておこう。

3.100円玉サイズのオイルを手につける

商品によって適量は異なるが、目安として100円玉サイズのオイルをまんべんなく手になじませる。オイルの量が多いとベタつきの原因になるため使いすぎには注意が必要だ。

4.頭皮全体をマッサージする

オイルをしっかり伸ばせたら、両手で頭を掴むようにして指の腹で頭皮全体をマッサージしていく。とくに頭皮が硬くなっている部分は入念にマッサージをしてほぐしておこう。

5.髪の毛にオイルをなじませる

ひと通りマッサージができたら、手に残ったオイルはトリートメントとして髪全体になじませる。髪が濡れたままだとダメージの原因になるので、最後は必ずドライヤーで髪を乾かすようにしよう。

結論

ヘアケアといえば、目につきやすい髪ばかりに意識が行きがちだが、健康な髪をキープするためには土台となる頭皮ケアが非常に重要である。ヘアケアはしっかりしているのに、髪の状態が改善しないという場合、頭皮に問題があることも考えられる。そのような場合、髪だけでなく頭皮の状態も確認し、いま一度自身のヘアケアを見直してみるのもいいだろう。
  • 更新日:

    2021年8月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング