このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
健康的な太り方ってどうするの?思うように体重が増えない人必見

健康的な太り方ってどうするの?思うように体重が増えない人必見

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

鉛筆アイコン 2021年8月 1日

下っ腹がポコッと出ているぽっちゃり体型は、男性としての魅力を下げてしまう大きな要因だ。しかし反対に、ガリガリに痩せ細っている体型も、何だか頼りがいがなさそうに見えてしまうものだ。男性としての魅力をアピールするなら、やはり程よく筋肉がついた健康的な体型に近づくことが一番だろう。そこで今回は、痩せ型で悩んでいる男性に向けて、健康的な太り方を紹介する。

  

1. 太り方を知りたい「食べても太れない」人もいる

太っている人がダイエットで食事制限をするように、痩せ型の人もまた、太るための食事に気を遣うことが多いのではないだろうか。しかし、体重が増えないそもそもの原因を知っておかないと、いくら「たくさん食べる太り方」を実践しても、理想的な体型に近づくことは難しい。まずは太り方を知る前に、自分がどうして太れないのか原因を考えてみよう。

食べても太れない原因1.体に必要な栄養が補えていない

手っ取り早く太りたいからといって、ジャンクフードやお菓子ばかりを食べてはいないだろうか。これらの食材はカロリーが高く、すぐに太りそうなイメージがあるが、実はそれだけを食べていても理想的に太ることはできない。なぜなら、ジャンクフードやお菓子には、身体に必要な栄養があまり含まれていないからだ。

とはいえ、食べ続けると体脂肪が蓄えられるため、決して太れないわけではない。お腹まわりはしっかり贅肉がつくので、そのような太り方でもいいのであれば、しばらくは続けてみてもよいだろう。ただし、健康的な太り方とはいえないので、ある程度太ったらバランスのよい食事に切り替えていくことが大切だ。

食べても太れない原因2.胃腸が弱っている

栄養バランスを考えたうえでいっぱい食べているのに太れない場合は、胃腸が弱っていることも原因の1つと考えられる。とくにストレスが溜まっている人は胃腸が弱くなりやすく、食材の栄養が上手く吸収できないことが多い。また、病気によって胃腸が弱っている人も、同じように食べても太らないことが多いとされている。胃腸が弱っている場合は自分の力だけで太るのが難しいため、病院で診察を受けて消化器官を改善しながら太るのがおすすめだ。

2. 健康的な太り方は?筋トレもおすすめ

理想的な体型に近づくためには、健康的な太り方を日頃から実践していくことが必要だ。ここではガリガリ体型から脱するために実践してほしい、3つの健康的な太り方を紹介していこう。

健康的な太り方1.食事の栄養バランスを見直す

前述でもお伝えした通り、身体に必要な栄養素が補えていないと、いくら食べてもなかなか太ることはできない。まずは炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミンなどの栄養バランスを考えて食事量を増やしてみよう。なお胃腸が弱っている人は、うどんやささみなど、消化のよさにも考慮することが必要だ。

健康的な太り方2.プロテインなどのサプリメントを使う

食事で補いきれない栄養素は、サプリメントから補うのがおすすめだ。とくに筋肉の材料となるたんぱく質は積極的に補ってもらいたい。というのも、筋肉量が増えることで男性らしい骨格になり、なおかつ体重の増加も期待できるためである。気軽に摂取できるものとしては、プロテインがおすすめだ。食が細い人は、食事量を増やす代わりに高カロリータイプのプロテインを選んでみてもよいだろう。

健康的な太り方3.筋トレをする

最も効率的に、かつ健康的に太りたいのであれば、筋トレをして筋肉量を増やすのがおすすめだ。運動をすればますます痩せてしまうのではないかと考えている人も多いが、筋トレ(無酸素運動)を続けていれば筋肉量が自然と増えるため、食事量を無理に増やさなくても太ることができる場合がある。

この3つの方法を続けて行っていけば、ぽっちゃり体型とはまた違った太り方ができるだろう。ガリガリ体型で悩んでいる人は、早速3つの太り方を実践してみよう。

3. 太り方は4タイプ・男性に多いタイプや痩せ方も知ろう

もし今痩せていても、体質によっては今後太る可能性も十分に考えられる。しかし、人間は太り方が4タイプに分かれているため、自分がどの太り方に該当しているのか把握していなければ、体型を上手く戻すことができない。そこで最後に4タイプの太り方と、太ってしまった時の痩せ方について解説する。

りんご型タイプ

りんご型タイプは男性に多く見られるタイプで、お腹まわりが太りやすいのが特徴だ。内臓脂肪が蓄積されやすいことが原因であるため、糖質が多く含まれている食品の摂取を減らしていくと、効率的に痩せることができる。また適度な運動を取り入れることで脂肪が燃焼されるので、より効果的に痩せることができるだろう。

洋なし型タイプ

洋なし型タイプは女性に多く見られるタイプで、主に下半身が太りやすいことが特徴だ。皮下脂肪がつきやすいタイプであるため、ダイエットをするのであれば脂質を抑えた食事を意識してみるとよいだろう。とくに脂質が多い調味料には注意が必要だ。バターやマヨネーズなどは極力控えて、オリーブオイルやごま油などの良質な油を補っていこう。

バナナ型タイプ

バナナ型は太りにくいタイプだが、筋肉がつきにくいため、一度太ってしまうと元の体型に戻すのがなかなか難しい。そのため、普段から筋肉量が低下しないように注意しておくことが必要だ。もし太ってしまった場合は、たんぱく質を積極的に摂取し、運動を取り入れて脂肪燃焼・筋肉量アップをはかろう。

アダム・イブ型タイプ

アダム・イブ型は生活習慣によって太りやすいタイプだ。りんご型・洋なし型・バナナ型のどれにも当てはまらないタイプで太る可能性は低いが、必ずしも肥満にならないわけではないため注意しなくてはならない。このタイプで肥満になってしまった場合は、まず生活習慣を見直すことが何よりも大切だ。まずは食生活や睡眠時間などを見直し、健康的なライフスタイルに変えていくことから始めてみよう。

自分の該当するタイプがいまいち分からない場合は、遺伝子検査キットで調べることができる。遺伝子検査キットはさまざまな企業から登場しており、ネットショッピングからでも気軽に購入できるので、自分の太り方タイプを知っておきたい人はぜひ活用してみるとよいだろう。

結論

筋肉のないガリガリ体型は、どうしても貧弱に見えてしまうため損をすることが多い。とはいえ、暴飲暴食はお腹まわりに肉がつくだけで、だらしない身体になりやすいので注意が必要だ。男性らしい体型になるためには、食事の栄養バランスを見直したり、筋肉量を増やしたりといった健康的な太り方を実践していくことが大切だ。食事の管理が難しい場合は、プロテインなどのサプリメントを上手に活用していこう。
  • 更新日:

    2021年8月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング