このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ツーブロックはワックス不要!ワックスありなし別のセット方法など

ツーブロックはワックス不要!ワックスありなし別のセット方法など

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年8月24日

メンズのヘアスタイルで支持の厚いツーブロック。ツーブロックはサイドを短くカットするヘアスタイルなので、ワックスなしでは変なのでは…と思っている方も多いのではないだろうか。しかし、同じツーブロックでも種類はさまざま。カット次第ではワックスなしでビシッと決まるのだ。そこで今回は、ツーブロックのワックスの必要性や、ワックスを使う場合と使わない場合のスタイリング方法などを解説する。

  

1. ツーブロックのセットにワックスは必要?

ツーブロックとは、どんなヘアスタイルのことを指すのか。また、ツーブロックにした場合、セットにワックスは必要なのだろうか。さっそく見ていこう。

ツーブロックってどんな髪型?

ツーブロックはトップの髪を長めに残し、サイドや襟足を短くカットしたヘアスタイルである。トップより下の髪の長さを短くすることですっきりとさわやかな印象になるうえ、長さの差を変えることで髪型に変化を持たせることができる。

たとえば、トップ下の髪をかなり短く刈り上げ、しっかりメリハリをつけたスタイル。サイドや耳の上のみなど部分的に短くするスタイルもある。このようにツーブロックはバラエティーに富んだヘアスタイルなのだ。

ツーブロックはワックスなしでも決まる!

ツーブロックはカット方法によって、ワックスなしでも格好よく決まるヘアスタイルだ。髪質や毛量は人それぞれなので、まずは美容師に相談の元、自分に合ったツーブロックのスタイルを見つけることが重要だ。

ワックスなしで髪型が決まれば、いくつかメリットもある。まずナチュラルな仕上がりになるうえ、スタイリングの手間も省けて時間を取られないこと。また、ワックスを使わないことから小中学生などにも最適である。さらに、ワックスなどのスタイリング剤を付けて髪のセットを行うと、セット崩れが気になりがちだが、ワックスなしだとあまり気にする必要がない。

2. ツーブロックのセット:ワックスなし

本項では、ツーブロックの髪をワックスなしでセットする方法や、カットの際のオーダー方法などを紹介する。

ツーブロックの髪をワックスなしでセットする方法

ワックスを使わずにツーブロックの髪のセットを行う方法は、まずセット前に髪全体を濡らすことから始める。次にタオルドライを行い、ドライヤーで丁寧に乾かす。

ドライヤーで乾かす際、下から上に向かって風をあてると前髪やトップの髪が浮いてしまうため、ドライヤーの風をあてる方向に注意しよう。乾かしながら理想の形にクセづけていく。最後にヘアアイロンを使って、外ハネを加えたりヘアオイルを馴染ませるなど好みの形に仕上げる。

ここでポイントとなるのは、やはりドライヤーの使い方だ。ドライヤーの温風と冷風を使い分けながら丁寧にクセづけることで、ワックスなしでもキレイに仕上がりやすい。

ワックスなして決まるツーブロックのオーダー方法とは

ワックスを使わなくても決まるツーブロックにしたいけれど、美容師にどうオーダーすればよいか分からない方もいるだろう。ツーブロックの髪をワックスなしでセットしたい場合、耳の上や襟足あたりは短めにカットするとよい。

ツーブロックはそれぞれの髪質にあったカットやパーマをかけることで、朝のセットも手軽になる。たとえば、ボリュームのでにくい直毛系の髪質なら緩くパーマをかける、毛量が多いなら全体的に短めに仕上げるなどだ。

3. ツーブロックのセット:ワックスあり

本項では、ワックスを使ったツーブロックヘアのセット方法やワックスの付け方などを説明する。

ツーブロックの髪をワックスを使ってセットする方法

ツーブロックの髪をワックスを使ってセットする場合、重要となるのは前項同様、ドライヤーの使い方だ。まずは全体的に濡らした髪を、ドライヤーの温風と冷風を使って乾かす。乾き切る前に、ある程度理想の髪型を作る。ツーブロックの髪型が整ったら、さらにワックスやジェルを使うことで理想の髪型をキープすることができる。

ツーブロックの髪はアレンジもしやすい

ツーブロックは前髪を上げたアップバングというヘアスタイルとの相性がよい。同じツーブロックでもおでこを出すことでまた違った印象になる。ツーブロックを適量のワックスを使ってアップバングと組み合わせるヘアスタイルは、清潔感や誠実さなど相手に好印象を与えやすいため社会人はもちろん、受験や面接を控えた高校生などにも適しているだろう。アップバングに挑戦する場合は、ドライヤーを使って前髪を下から上にクセづけ、ワックスを付ければ完成だ。

ワックスの付け方とは

ワックスも髪質、髪型などによって合う合わないがある。ワックスの付け方よりも、自分に適したワックスを選ぶことが最も大切だ。髪につけるワックスの量は、髪型や毛量にもよるが、10円玉程度のサイズが適量といわれる。手のひらでワックスを薄く伸ばしたら髪の毛を握るような感覚で全体にもみ込み、馴染ませていくとよい。手のひらでしっかりワックスを伸ばすと、ムラがでにくくなるため怠らず行おう。また、ワックスを地肌につけないよう注意が必要だ。

結論

ツーブロックは、カットの方法次第ではワックスなしでもセットでき、外ハネやアップバングなどアレンジもしやすいヘアスタイルであることが分かった。ツーブロックのヘアセットには、セット前のドライヤー使いが何より重要である。ドライヤーやワックスなどのスタイリング剤を上手く使って、理想のヘアスタイルを手に入れよう。
  • 更新日:

    2021年8月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング