このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マッシュヘアが似合わない人とは?アレンジ次第で似合う人に大変身

マッシュヘアが似合わない人とは?アレンジ次第で似合う人に大変身

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年8月26日

モード感漂う雰囲気のマッシュヘアは、挑戦したいけれど自分には似合わないかもと思っている人も少なくないだろう。そこで今回は、マッシュヘアが似合わない人の特徴とともに、似合うようになるアレンジ方法などを紹介しよう。もし似合わないと思っているなら、アレンジなどを加えて、ぜひマッシュヘアに挑戦してほしい。

  

1. マッシュはどんな髪型?

そもそもマッシュとはどんなヘアスタイルなのか説明できるだろうか。イメージは浮かぶものの言葉にするとうまく説明できない、という人も多いかもしれない。マッシュヘアが似合わない人の特徴を紹介する前に、まずはマッシュがどのようなヘアスタイルなのか、メリットとともに解説しよう。

マッシュとは?

マッシュとは、マッシュルームのような丸みのあるシルエットが特徴的なヘアスタイルのことだ。前髪、サイド、襟足がほぼ同じ長さで揃っており、1960年代にビートルズがマッシュルームヘアにして大流行したことでも知られている。最近では、マッシュをベースにパーマをかけたり、ツーブロックと組み合わせたり、さまざまなアレンジを加えることも多い。アレンジ次第でスタイリッシュかつ、オリジナリティのあるマッシュヘアに仕上げることができるのだ。いい換えると、似合わない人はほとんどいないといっても過言ではないほど万能なヘアスタイルともいえる。

マッシュは欠点をうまくカバーする

マッシュは、その特徴的なスタイルをいかすことで顔や頭の悩みをカバーすることもできる。たとえば、自然と前髪に重みを持たせるヘアスタイルなので、額の広さをうまく隠すことが可能だ。また、丸みを帯びたスタイルは後頭部に膨らみをつけやすいため、絶壁の人にもおすすめである。頭部の悩みから似合わないだろうと思っている人は、ぜひ一度試してほしい。

2. マッシュが似合う人|似合わない人

次に、マッシュが似合う人と似合わない人の特徴を紹介しよう。

マッシュが似合う人

マッシュは、丸みと重みを出したヘアスタイルなので、顔の形は面長や卵型の人が似合うといわれている。輪郭がシャープなほうが重みのあるマッシュに合わせてもバランスがとりやすいためだ。耳上部分にボリュームを出すことで、頭頂部、耳、あごまでのラインがひし形の黄金バランスを作ることができる。

マッシュが似合わない人

一般的にマッシュが似合わないといわれているのは、エラが張っている人や顔が大きい人だ。マッシュの一番の特徴である丸みのあるシルエットは、耳回りにボリュームが出やすいため、よりエラの張りや顔の大きさを強調してしまう可能性がある。しかし、エラが張っている人や顔の大きな人でもマッシュヘアの人はたくさんいる。顔の形だけで似合わないと決めるのではなく、自分に合ったマッシュを探せばいいのだ。

3. マッシュが似合わないとはいわせない!マッシュの種類

ひと昔前のマッシュは、頭部全体を包み込むような重みのあるヘアスタイルが主流であった。現代では、さまざまなアレンジを加えることによって、非常にバリエーション豊富なヘアスタイルに進化している。その中でも、似合わないと思っている人でも挑戦しやすいマッシュを紹介しよう。

短めマッシュ

サイドやバックを刈り上げ、重さを減らしたスッキリ感のある短めマッシュ。さわやかに仕上がるので、ビジネスシーンにも好印象だ。似合わないと思っている人や、マッシュに初めて挑戦する人にもおすすめしたい。固めのワックスを使って毛先に束感を作るようにスタイリングすれば、オシャレ感がさらにアップするだろう。

ミディアムマッシュ

刈り上げはせず、サイドは耳が隠れるくらいの少し長めのミディアムマッシュ。スッキリ感はあまりないが、優しくふんわりとした印象のヘアスタイルだ。ワックスで毛先に動きを出すようにセットしよう。パーマとの相性もよいので、パーマをかけると簡単にスタイリングをすることができる。

ウルフマッシュ

襟足を長めに残したウルフマッシュは、似合わないといわれるエラの張ったベース型の人でも挑戦しやすいヘアスタイルだ。ほかの人と差をつけたいという人にもおすすめ。柔らかく動きが出るようにセットしよう。

4. マッシュが似合わないを回避するアレンジ

マッシュが似合わない人は、自分に合ったアレンジやスタイリングを施すことで似合う人に変わることができるかもしれない。ここでは、自分にはマッシュは似合わないと思っている人にぜひ挑戦してほしいアレンジ方法を紹介しよう。

パーマでボリュームアップ

髪の毛質が柔らかい場合、トップにボリュームを出すのが難しい。そんなときは、パーマをかけることで自然にボリュームのあるマッシュヘアにすることができる。また、動きを出しやすくなるので、ふんわりした優しい印象に仕上がる。

束感を出す

マッシュの基本は、丸みを帯びた重みのあるシルエット。そのため、束感を出すカットをすることで動きが出やすくなる。動きを出すことで、重みのあるシルエットに軽やかさがプラスされ、多くの人に似合うスタイルが完成する。

軽さを出す

エラが張っていたり、顔が大きかったり、マッシュが似合わないといわれる特徴のある人は、軽さのあるマッシュに挑戦してほしい。パーマやカットで軽さを出す、トップが短めのマッシュにするなど、軽さを加えることで形のバランスがよくなるだろう。

結論

マッシュには似合わないといわれる顔の形もあるが、アレンジ次第で似合うスタイルにすることは可能だ。マッシュは、簡単にオシャレな雰囲気を演出できるため、女性にも人気が高い。年齢問わず、さまざまなシーンに対応できるヘアスタイルなので、マッシュが似合わないと悩んでいる人もぜひ挑戦してほしい。
  • 更新日:

    2021年8月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング