このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
太陽礼拝bを108回もおこなうのはなぜ?効果や意味を徹底解説

太陽礼拝bを108回もおこなうのはなぜ?効果や意味を徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年9月12日

ヨガの基本的なシークエンスである太陽礼拝。ポーズの数によって太陽礼拝a、太陽礼拝bの2種類に大別され、流派によってもバリエーションがある。太陽礼拝の用いられ方は、ウォーミングアップとして、心身の調子の確認にとさまざまだ。各地では、太陽礼拝bを108回行うイベントも開催されているという。今回は、太陽礼拝bを108回行うことの効果や意味、消費カロリーなどについて解説していこう。

  

1. 太陽礼拝bを108回おこなう効果とは?

ここでは、太陽礼拝bを108回行う効果について紹介しよう。そもそもヨガは、古代のインダス文明に端を発する。本来は、宗教的な側面が強く、瞑想を中心とした修行として取り組まれてきた。その1つが太陽礼拝だ。

太陽礼拝は、太陽へ祈りや感謝をささげるとともに、太陽からエネルギーをもらう行いである。現代の日本では、ヨガは美容や健康のためのエクササイズとして取り入れることも多いため、ストレッチやトレーニングの類として理解している人も多いだろう。しかし本質的には、自分自身と向き合い、精神と身体をひとつにする行為なのである。

煩悩を浄化して心身をリセットする効果

太陽礼拝bは通常、3~5回繰り返して行われるのが一般的だ。太陽礼拝bを108回行うことは、通常よりもはるかに回数が多いといえるだろう。効果としては、煩悩を浄化し、心身をリセットすることがあげられる。

太陽礼拝bは、比較的シンプルなアーサナを組み合わせたシークエンスだ。多くのことを考えすぎず、ひとつひとつの動作に向き合うことで、集中力を高めて煩悩を浄化できる。また、呼吸をしながら全身を動かすことで、心身をリセットする効果も期待できる。太陽礼拝bを108回行うことは、自分を見つめ直す時間にもなるだろう。

2. 太陽礼拝bを108回おこなう意味

太陽礼拝bを108回行うことには、煩悩を浄化し、心身をリセットする効果がある。では、108という数字にはどのような意味があるのだろうか。太陽礼拝bを108回行うことの意味は諸説あるが、ここでは代表的なものを紹介しよう。

煩悩の数

108とは、煩悩の数だとする説がもっとも有力だ。欲望や怒り、愚痴や妬みなど、人には108の煩悩があるとされている。日本人にとっては身近な除夜の鐘も、108回つくことで、煩悩を浄化している。太陽礼拝bも同じく、108回繰り返すことで、煩悩をひとつずつ浄化できるのである。

インドでは神聖な数字

インド哲学では、9が神聖な数字とされている。108は9の倍数であるため、同様に神聖とみなされており、1マーラーという単位にもなっている。

サンスクリット文字の数

サンスクリット文字はぜんぶで54文字ある。ここに、男性名詞と女性名詞の2つを掛けることで、108という数字に結びつく。

四苦八苦の足し算

四苦八苦とは、すべての人が経験する苦しみを表している。四苦(36)と八苦(72)を足し合わせると、108が現れる。太陽礼拝bを108回行うことで、四苦八苦を取り除くという意味が読み取れる。

占星術の数字

インド占星術では、27個の星宿と、4つのエレメントを用いる。これらをかけ合わせると、108になる。

3. 太陽礼拝bを108回やった時の消費カロリー

太陽礼拝bを108回行うと、消費カロリーはどの程度なのだろうか。ヨガの消費カロリーは一般的に、1時間で約150kcalと言われている。また、太陽礼拝bを108回するのにかかる時間は、90分~2時間程度だ。

すなわち、太陽礼拝bを108回続けた時の消費カロリーは、単純計算で約225~300kcalだといえる。もちろん、消費カロリーは体重や筋肉量によっても大きく異なるので、ひとつの参考としてほしい。

太陽礼拝bを108回行う際には、適宜休憩をもうけ、意識的に水分補給をするのがよいだろう。また、2時間動き続けることを重視するあまり、無理をしてポーズを取ったり、必要以上の負荷を筋肉にかけたりするのは逆効果だ。心身と向き合い、無理のない範囲で気持ちよく取り組もう。

4. 108回の太陽礼拝bをおこなう時期

108回の太陽礼拝bを行うなら、年末年始がおすすめだ。年末に行うなら、1年間を振り返りながら、自分自身と向き合う時間になるだろう。また年始に行うなら、新たな1年のスタートとして、心身をセッティングできるはずだ。108回の太陽礼拝bは、自宅で行うことも可能だが、各地でイベントが催されることもある。

イベントの時期は年末年始が多く、ヨガ実践者同士で交流をしながら、108回の太陽礼拝bに楽しく取り組めるとして人気がある。自分ひとりでは108回を達成できなかったとしても、同じ目標に向かってチャレンジする仲間がそばにいれば、きっと成し遂げられるだろう。

結論

太陽礼拝bは、ウォーミングアップとしての効果や心身を整える効果がある。通常は3~5回が一般的だが、108回続けて自分自身と向き合うことで、煩悩を消し去り、リフレッシュできるはずだ。ひとりで行うのが難しければ、ヨガスタジオやジムのイベントに参加するのもよいだろう。
  • 更新日:

    2021年9月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング