このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ポンパドールの前髪セットには長さが必要!やり方のコツをご紹介

ポンパドールの前髪セットには長さが必要!やり方のコツをご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年9月 3日

海外のメンズヘアスタイルとして人気となっている「ポンパドール」。ポンパドールと聞くと、長い前髪をまとめた女性ヘアスタイルという印象が強いが、好感の持てる男らしいスタイルとして、メンズヘアにも取り入れられている。少ない前髪でもポンパドールに近いヘアスタイルを作ることができるため、ぜひチャレンジしてほしい。

  

1. 前髪をあげたポンパドールは好印象

ポンパドールとは、長めの前髪で高さを出したヘアスタイルのことだ。前髪を上げたスタイルのアップバングと、髪全体を後ろに流したオールバックの中間に位置するヘアスタイルでもある。

ポンパドールは、オールバックのようにフォーマルになり過ぎず、トレンド感がある点が魅力だ。おでこを出したスッキリとしたスタイルが、男らしさと清潔感を感じさせるため、ビジネススタイルにもぴったりである。前髪やトップを長めに残してサイドをスッキリとさせたツーブロックとの相性もよい。ナチュラルパーマと組み合わせて外国人風にスタイリングすることもできる。また、ふんわりと仕上げたソフトなポンパドールは女性受けもよく、やさしい印象を与えられる。

2. ポンパドールのセットは前髪の長さがポイント

ポンパドールのボリュームを出すためにも、前髪にはある程度の長さが必要だ。目安は6~8cmである。ボリューム感がないと、前髪をはじめ全体を後ろに撫でつけたオールバックになってしまう。どのくらいの高さを出すかで必要な長さが異なるため、理想のポンパドールの高さになるよう、ヘアカットの際は美容師に相談するとよい。

また、くせ毛の場合は、パーマをあてるとスタイリングがしやすくなる。前髪が短い場合は、根元からしっかりと立ち上げるとポンパドール風になるので試してみてほしい。七三分けにしてビジネスライクにするのもよいだろう。

3. ポンパドールのセットにおすすめのスタイリング剤

ポンパドールを作るためには、前髪の立ち上がりとキープ力が重要だ。3種類のスタイリング剤を使って、理想のポンパドールに仕上げてほしい。

ブローミスト

ドライヤーでブローする前にヘアミストを吹きかけておくと、前髪が立ち上がりやすくなる。ポンパドールのベースとなるため、ぜひ活用してほしい。

ワックス

前髪のフォルム作りに必須のアイテムだ。せっかくのポンパドールも崩れてしまっては台無しである。しっかりと前髪にボリュームを出してまとめ上げるためにも、ハードタイプがおすすめだ。

グリース

グリースは髪のツヤ感やウェット感を出すのに適している。ワックスよりもホールド感が弱いため、ワックスでフォルムを整えた後、ツヤ感を出すためにプラスするとよい。

4. ポンパドールの前髪のやり方

ポンパドールを作るためにまずは、ドライヤー、スタイリング剤を用意しよう。やり方は次の通りだ。

前髪のセット方法

最初に、前髪をよく濡らすか、ヘアミストをしっかりとかけ、ドライヤーを根元からあててブローしていく。前髪を引っ張りながらポンパドールができるよう垂直に立ててブローしよう。よりボリュームを出したい場合は、先につむじとは逆方向にブローしたあと、トップをセットするとよい。髪の毛を冷ますように温風から冷風に切り替えるとキープ力がアップする。

次に、前髪のフォルムが決まったら、ワックスを使っていこう。毛先からトップの中間などのボリュームを抑えたい部分にワックスをなじませていく。最後に、根元からトップの盛り上がった部分にワックスをつけ、ふんわりと仕上げればポンパドールの完成だ。思うように前髪が立たない場合はスプレーをするか、使い慣れている場合はヘアアイロンでしっかりと形を作るのもよい。

結論

清潔感と男らしさを兼ね備えたポンパドール。女性受けもよく、ビジネスシーンでも好感が持たれるだろう。また、パーマや前髪のふんわり感を調整することで、外国人風のオシャレな印象も与えられる。スタイリング剤をうまく使って、ぜひ好みのポンパドールに仕上げてほしい。
  • 更新日:

    2021年9月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング