このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デジタルパーマでスタイリング簡単!コツとスタイリング剤の選び方

デジタルパーマでスタイリング簡単!コツとスタイリング剤の選び方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年9月16日

立体的なヘアスタイルができ、かつ短時間でスタイリングできるデジタルパーマ。パーマのスタイリングを難しく感じている人も、コツを知れば簡単にヘアセットできる。スタイリング剤やスタイリングのポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. メンズのデジタルパーマのスタイリングとコツ

ここではメンズのデジタルパーマのスタイリングとコツ、デジタルパーマにおすすめのスタイリング剤を紹介しよう。

髪の長さに合わせたスタイリングのコツ

デジタルパーマは、パーマの持ちがよいため、どんな長さのヘアスタイルでも取り入れられている。ショートヘアでは、デジタルパーマをかけた髪をアップにし、おでこを広く見せると清潔感が出る。
セミロングの場合は、ゆるめにデジタルパーマをかけることで無造作ヘアにでき、優しい印象を与える。スタイリング剤を使って、空気を含ませるようにセットするのがポイントだ。
ボブやロングはトップがつぶれてしまいがちなので、ボリュームを出すようにふんわりとスタイリングするとよい。同時に、毛先に動きが出るようにスタイリングするとワイルドな雰囲気になる。

スタイリング剤の種類

スタイリング剤は種類やキープ力も異なるため、作りたいデジタルパーマスタイルに合わせて選ぼう。乳液タイプはさらっとした付け心地で、ふんわりとした仕上がりになる。オイルタイプは、指通りもよく、ウェーブも固まりやすい。流れや毛束感を出したい場合はワックスがおすすめだ。そのほかムースやスプレータイプもある。夜寝る前につけるなら、洗い流さないトリートメントがよい。ドライヤーで乾かす前につけることで、熱による傷みから守ってくれる。

2. デジタルパーマのスタイリングの注意点とは?

デジタルパーマの別名は、形状記憶パーマ。スタイリングなしでもカールが再現できる。しかし、デジタルパーマのカールをよりきれいに見せるためにもスタイリング剤を使ってセットするのがよい。
ただし、スタイリング剤を使う前に乾かし方に注意してほしい。デジタルパーマは、乾かすことでカールが出るが、適当に乾かしてしまうとドライヤーの風の勢いでカールが崩れることもある。先に根元をしっかり強風で乾かし、毛先は弱風で優しく乾かすのがスタイリングを楽にするポイントだ。朝は部分的に整えるだけで済む。夜寝る前によく乾かしてカールをくっきり出しておくと、朝のセットがより簡単になる。

3. デジタルパーマにおすすめ・市販のスタイリング剤 の選び方

デジタルパーマはパーマをかける際に熱を使うことから、髪へのダメージや乾燥が気になるところだ。洗い流さないトリートメントを活用するか、補修成分や保湿成分が入っているスタイリング剤を選ぶとよい。

デジタルパーマにおすすめ!人気のスタイリング剤

ロレッタのハードゼリーは、ジェルタイプでキープ力も高く、きれいなツヤ感が特徴だ。ナプラ N. のスタイリングセラムはトレンド感のあるウェットな仕上がりになる。ミルボンのエルジューダエマルジョンは乳液タイプでやわらかなカールスタイルにしたい場合におすすめだ。保湿と補修成分も含まれている。

いずれもオンラインショップで購入可能だが、一部の美容室やドラッグストアでも販売している。デジタルパーマのキープ力だけではなく、香りも意識して選んでみてほしい。

4. メンズがデジタルパーマをかけるメリット

デジタルパーマは、熱によって形状記憶をさせるため、パーマの持ちがよいのが特徴だ。通常のパーマであるコールドパーマとの違いは、カールの出し方である。コールドパーマでカールを出すには、濡らして髪に水分を与える必要があるが、デジタルパーマは髪が乾いた状態でよりカールが出る。濡らさなくてもスタイリングできるので、ヘアセットの際にシャワーする手間もかからない。
一方で、たまにはストレートヘアを楽しみたい、という場合はコールドパーマの方がよい。とくにデジタルパーマが強くかかりすぎた場合は、ゆるくスタイリングするなどの微調整がやりづらくなる。デジタルパーマは、くせ毛や直毛などでコールドパーマではスタイリングうまくいかない人や、いつでもパーマスタイリングを楽しみたい人におすすめだ。

結論

デジタルパーマは、パーマの持ちがよく朝のスタイリングを楽にしてくれる。デジタルパーマは傷みやすいため、スタイリング剤に補修や保湿成分が含まれているかにも注目しよう。デジタルパーマでパーマスタイルをストレスなく楽しんでほしい。
  • 更新日:

    2021年9月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング