このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ソフトモヒカンは薄毛カバーに最適!おすすめ理由とセット方法を解説

ソフトモヒカンは薄毛カバーに最適!おすすめ理由とセット方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年9月23日

大人のメンズが抱える髪の悩みといえば「薄毛」であり、年齢を重ねるにつれて生え際や頭頂部が気になるものである。薄毛対策にはヘアケアが重要なのはいうまでもないが、もう1つの対策として薄毛とわかりにくい髪型を取り入れるという方法もある。なかでもソフトモヒカンは薄毛隠しに最適なため非常におすすめである。本記事では、薄毛に悩むメンズ向けにソフトモヒカンのおすすめ理由やセットのやり方について解説していく。

  

1. 薄毛にソフトモヒカンがおすすめな理由

薄毛を目立たなくしてオシャレにイメチェンしたいという方は、ソフトモヒカンを試すのがおすすめだ。具体的な理由については次のとおりである。

短髪は薄毛が目立ちにくい

ソフトモヒカンがおすすめな理由のひとつに、短髪だと薄毛が目立ちにくいことが挙げられる。薄毛の方は、髪を伸ばして必死に隠そうとする。しかし、この方法は隠すどころか薄毛をさらに目立たせてしまうため逆効果である。

なぜなら、髪を伸ばすことにより重さでペタンとなりやすく、濃い部分と薄い部分がハッキリしやすくなるからだ。また、ボサボサに伸びた髪は清潔感がなく、暗い印象を与えやすいなどデメリットが多い。

その点、ソフトモヒカンのような短い髪型であれば、サイドや襟足をカットし、センターラインの長さと量を適度に残して馴染ませることで、薄毛を自然に隠すことが可能である。

相性がバツグン

サイドを短くカットし、トップを立たせてボリュームを出したソフトモヒカンは、薄毛との相性がよい。なぜなら、全体を短くすることで髪の薄い部分と濃い部分の差が出にくくなり、トップを立たせることで毛量を多く見せられるため、自然に薄毛をカバーできるからだ。髪型の構造上、ソフトモヒカンは長く伸ばすのに比べて、違和感なく薄毛をカバーできるなど非常に相性がよい髪型といえる。

2. 薄毛に合うソフトモヒカンの髪型

ベリーショートやショート、ミディアムなど、ソフトモヒカンにもさまざまな種類があるが、薄毛の方に合うソフトモヒカンは次のとおりである。

刈り上げスタイル

薄毛の方で多く見られるのが、サイドが濃くてトップが薄いケースである。サイドとトップに毛量の差があると薄毛が目立ちやすくなるため、差をなくすためにも刈り上げを入れたソフトモヒカンがおすすめだ。サイドとトップとの差をなるべく少なくすることで、薄毛を目立ちにくくすることができる。

ミディアムは避ける

薄毛隠しで髪を長くするのは、余計に目立たせてしまうためNGである。長さに関しては、ミディアムは避けてベリーショートかショートにすることがおすすめだ。短くすることに抵抗を感じるかもしれないが、ボリュームも出しやすく全体のバランスもよくなるため、思い切ってチャレンジしてみてほしい。

3. 薄毛別ソフトモヒカンの頼み方

薄毛別ソフトモヒカンの頼み方を紹介する。薄毛にはM字が薄いタイプや頭頂部が薄いタイプなど違いがあり、それぞれに合った頼み方があるため、参考にしてみてほしい。

M字タイプ

おでこの広いM字の方は前髪を上げないように頼むのがおすすめだ。トップに合わせて前髪まで上げてしまうとおでこが強調されるため、薄毛をカバーできない。そのため、美容院では前髪を下ろしたソフトモヒカンにしたいことをしっかりと伝えておくといいだろう。

生え際が薄いタイプ

おでこは広くないものの、生え際の薄さが気になるという方は、前髪を上げたソフトモヒカンがおすすめだ。トップと前髪を上げることで、視線を生え際から逸らすことができる。

トップが薄いタイプ

生え際が薄い方と同様、前髪とトップを立ち上げてボリュームを出すのがおすすめだ。トップにしっかりボリュームを出すことで、自然に薄毛を隠すことができる。トップは短すぎると薄毛が隠れず、長すぎると立ち上がりが悪くなるため、様子を見ながら少しずつカットしてもらうといいだろう。

4. 薄毛の場合のソフトモヒカンのセットのやり方

薄毛を隠すためのソフトモヒカンのやり方を解説する。手順は次のとおりである。
  • 髪を濡らしてクセを取る
  • タオルドライをしてドライヤーで全体を乾かす
  • ボリュームを出したいトップと前髪は下からドライヤーをあてる
  • 髪が乾いたら1円玉サイズのワックスを手のひらに伸ばす
  • 後ろ→サイド→トップ→前髪の順にワックスを馴染ませていく
  • 全体にワックスが馴染んだら形を整えていく
  • トップと前髪はしっかり根元から立ち上げる
  • 指で髪をつまみながら毛束と動きをつける
  • 全体のバランスを整えて完了
トップや前髪など、ソフトモヒカン特有のボリュームを出したい部分は、ドライヤーを下からあてて根元を立たせるようにすると髪がうまく立ち上がる。ソフトモヒカンでワックスを付ける際は、前髪から付けるとベタつきやすく、ボリュームが出にくくなるので、後ろから付けるように意識してほしい。

量に関しては、大量に付け過ぎないのがうまくセットするためのコツである。薄毛の方は髪が細く、ワックスを付け過ぎると束になりやすく頭皮が剝き出しになるおそれがある。そのため、ワックスの量は控えめにしつつ、根元を避けて毛先と中間だけに付けることを心がけることが大切だ。

結論

薄毛対策で髪を伸ばすのは、薄毛を余計に目立たせてしまうためおすすめしない。薄毛は伸ばすのではなく、思い切って短くしたほうがうまく隠せる。とくにトップにボリュームを作るソフトモヒカンは薄毛隠しに最適で、清潔感とさわやかさも増して、明るい印象を与えられるなど、得られるメリットが非常に多くおすすめである。薄毛で髪型に困っているという方は、この機会にぜひソフトモヒカンにチャレンジしてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年9月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング