このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
もこもこのボアカーディガンはメンズにもおすすめ!部屋着にもピッタリ!

もこもこのボアカーディガンはメンズにもおすすめ!部屋着にもピッタリ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年10月30日

モコモコとしたボア素材は秋冬ファッションの定番だ。なかでもボアカーディガンは、羽織るだけでコーデの主役になるメンズにも人気のアイテムである。しかし、ボアカーディガンを普段の服装に取り入れるのは難しそうと思う方もいるだろう。そこで今回は、ボアカーディガンがメンズにおすすめの理由や、オシャレに見えるコーデ例などを解説しよう。

  

1. メンズにボアカーディガンがおすすめの理由

ボアとは、羊毛のような見た目のふわふわ・モコモコとした生地のことを指す。毎年寒くなると、ボア素材を使った服や小物をいろいろな所で見かけるだろう。まずは、そんなボアを使ったカーディガンの特長について紹介しよう。

ボアにはどんなメリットがある?

ボアは主にポリエステルなどの基布にアクリルを編みこみ、アクリル部分を起毛させて作られている。温もり感のある見た目に加え、軽量で保温性に優れるのが魅力だ。手触りよさから、コートの裏地などに使われることも多い。ボリューム感があり目立つので、コーデのアクセントとしても活躍してくれる。

ボアカーディガンは暖かくてオシャレ!

モコモコとしたボアカーディガンは普通のカーディガンより存在感があり、羽織るだけでコーデをオシャレに見せてくれる。また軽くて暖かいため、コートを着るには少し早い時期にアウターとしても重宝するアイテムだ。1枚で簡単に季節感が出せて、メンズが着ると柔らかい雰囲気も演出できるので、オシャレ上級者として周囲の目を引くだろう。
また、肌触りがよいボアカーディガンは部屋着としても人気だ。ちょっとオシャレなルームウェアがほしいなら、ボアカーディガンを検討してみるのもよいだろう。

2. ボアカーディガンのコーデ例は?

ボアカーディガンは主張が強いため、オシャレに着こなすにはいくつかのポイントがある。ここでは、ボアカーディガンを着るときのポイントやおすすめのコーデ例を紹介しよう。

ボアカーディガンを着るときのポイント

  • 全体をシンプルにしてボアカーディガンを主役にする
    ボアカーディガンは1枚で十分インパクトがある。パンツや靴、インナーなどはシンプルなものにしてボアカーディガンを際立たせるのが正解だ。パンツや靴に派手なアイテムを選ぶとコーデがごちゃついてしまうので注意しよう。
  • サイズはジャストサイズが◎
    ボリューム感のあるボアカーディガンは、サイズが大きいとぶかぶかに見えてしまう。ジャストサイズを選ぶのがおすすめだ。
  • 控えめで着回しの効くカラーを選ぶ
    あまり派手な色・柄のボアカーディガンは悪目立ちしすぎる恐れがある。まずは黒や白、ブラウンなど着回しの効く色を選ぶと、コーデも成功しやすい。

ボアカーディガンのおすすめコーデ例

  • ボアカーディガン×スリムパンツ
    存在感のあるボアカーディガンは、スリムなパンツと合わせるとバランスがよい。初心者なら「上半身はだぼっと、下半身は細め」を意識すると、かっこいい着こなしになるだろう。
  • ボアカーディガン×ゆるめパンツ
    トレンド感のあるコーデにしたいなら、ボアカーディガンにあえてゆるめのパンツを合わせる方法もある。全身をリラックスしたシルエットにすることで一気にオシャレ度は上がるが、野暮ったく見えないよう注意したい。
  • 小さ目サイズやロングタイプでセクシーに
    小さめサイズをぴったり着こなしてセクシーな印象にしたり、ロングタイプのボアカーディガンでドレッシーに決めたりするのもおすすめだ。少しやんちゃな雰囲気にしたい人はチャレンジしてみてはいかがだろう。

3. ボアカーディガンのコートも温かい

保温性が高く軽量なボアは、カーディガンだけではなくコートの生地としても人気だ。もしボアカーディガンが気に入ったなら、真冬にはボアを使ったコートを手に入れてみるとよりボアの魅力を味わえるだろう。

ボアのコートには、丈が長めのものからジャケット・ブルゾン・パーカーなど短めのタイプまで、さまざまな種類が存在する。丈の長さや襟の形などから、自分の着こなしに合ったアウターを見つけてみよう。ボアが子どもっぽく見えるのが嫌な人は、襟やフード、裏地などだけに部分的にボアを使ったコートもおすすめだ。着心地がよくオシャレなボアカーディガンやコートは、一度着ると手放せなくなるかもしれない。

結論

ボアカーディガンの魅力は、モコモコの見た目に加え、暖かく軽くさらに肌触りもよいことだ。また、多くのボアには化学繊維が使用されているので、比較的手入れが簡単なのもメリットだろう。コーディネートが難しそうと思う人は、黒や茶など地味な色を選ぶのがおすすめ。いつものカーディガンやコートをボア素材に変えてみると、コーデのマンネリも脱せるはずである。
  • 更新日:

    2021年10月30日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧