このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マンバンに襟足は必要か?ある場合とない場合の特徴や手入れ方法を解説

マンバンに襟足は必要か?ある場合とない場合の特徴や手入れ方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年10月 5日

近年、長い髪をお団子に結んだマンバンが、メンズのあいだで注目を集めている。マンバンといえば、大人の色気を演出できるのはもちろんのこと、結び方や位置、襟足の長さによってさまざまなアレンジを楽しめるのが大きな魅力である。とくに、襟足のアレンジは印象を大きく変えるため、取り入れる際の重要なポイントになってくる。本記事では、マンバンの襟足がある場合とない場合の特徴や、手入れ方法について解説していく。

  

1. マンバンの襟足はあった方がいい?

まずは、マンバンの襟足がある場合の特徴やメリット・デメリットについて解説する。

襟足があるマンバンの特徴

襟足があるマンバンは、襟足がないマンバンに比べて落ち着いた大人の雰囲気や中世的な色気を演出できるのが特徴である。髪全体に長さがあるため、ツヤのある毛流れを表現しやすく、品のよさを感じさせることができる。伸ばすまでに時間はかかるが、大人らしさを求める方におすすめである。

襟足があるマンバンのメリット

襟足までしっかり長さがあるため、アレンジがしやすいのが大きなメリットである。髪の結ぶ位置を気分によって高くしたり低くしたりできるため、毎日違ったスタイルを楽しむことができる。そのため、ヘアアレンジが好きな方や飽き性の方に非常におすすめである。

襟足があるマンバンのデメリット

アレンジの自由度が高い一方で、襟足があるマンバンは伸ばすまでに時間がかかるといったデメリットがある。マンバンで挫折する理由の多くが、髪を伸ばすのを我慢できなくなってしまうことである。襟足があるマンバンは、伸ばし切るまでに1~2年かかることはザラであり、根気と我慢が必要だ。そのため、襟足がないマンバンよりも挫折するリスクが高くなる点でデメリットであるといえるだろう。

2. マンバンの襟足はない方がいい?

続いては、マンバンの襟足がない場合の特徴やメリット・デメリットについて解説する。

襟足がないマンバンの特徴

襟足がないマンバンとは、トップだけを長く残したツーブロックスタイルのことをいい、日本では、このツーブロックスタイルがスタンダードとなっている。ツーブロックスタイルのマンバンは、サイドと襟足を短く刈り上げていることから、ワイルドで個性的な印象を与えられるのが大きな特徴といえる。

襟足がないマンバンのメリット

襟足がないマンバンのメリットは2つあり、1つめが、髪を伸ばす期間が短くて済むことである。襟足がないツーブロックスタイルは、襟足があるマンバンに比べて髪を伸ばす期間が大幅に短縮される。早ければ、ショートの方で数ヶ月、ミディアムスタイルの方であればすぐにでも髪を結ぶことが可能である。そのため、マンバンでありがちな髪を伸ばす段階で挫折してしまうといった心配が少ない。

そして、2つめのメリットが、ビジネスにも取り入れやすいことである。襟足がないマンバンはそれほど長さが必要ないため、髪を下ろしている時はミディアムのような見せ方ができる。ビジネスシーンで取り入れにくいロングヘアであっても、襟足がないツーブロックスタイルであれば問題なく取り入れることが可能である。

襟足がないマンバンのデメリット

デメリットに関しては、襟足があるマンバンに比べてアレンジが限られることが挙げられる。ツーブロックにしている分、結ぶ位置や高さが限られてしまうため、アレンジの自由度という点では襟足があるマンバンよりも劣ってしまう。そのため、ヘアアレンジが好きな方にとっては少々物足りなさを感じてしまうかもしれない。

3. マンバンの襟足はどうやって手入れすればいい?

マンバンをおしゃれに見せるためには、定期的な手入れが欠かせない。とくに、襟足がないツーブロックスタイルのマンバンは、刈り上げ部分が伸びてくると非常に見た目が悪くなる。とはいえ、頻繁に美容院に通うのは面倒なため、できれば自分で手入れしたいという方も多いことだろう。

最後に、マンバンの襟足の手入れについて、セルフで行う場合と美容院でお願いする場合のメリットとデメリットについて解説する。それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合った方法を選択するとよいだろう。

セルフのメリットとデメリット

セルフのメリットといえばやはり、お金と時間がかからないことだろう。一方、デメリットに関しては、失敗するリスクが高くなることである。プロの美容師に比べて技術がない分、仕上がりに差が出やすく、バックや襟足など見えにくくカットがしづらい部分は、慣れていなければ失敗する可能性がある。

美容院のメリットとデメリット

美容院のメリットは、イメージに近い仕上がりにできることである。セルフに比べてプロがカットしている分、全体をキレイに整えることが可能だ。デメリットについては、セルフとは逆で、お金と時間がかかることである。美容院でカットをするとなると5,000円ほどかかることが多く、毎月のように通えばかなりの出費になる。

また、時間に関しても、わざわざ予定を空ける必要があり、カットの時間と行き来の時間を含めると貴重な休みの半分近くを費やすこともある。

結論

個性的で大人の色気を演出できるマンバンは、襟足がある場合とない場合で見え方をはじめ、メリットやデメリットなどさまざまな違いがある。日本では、襟足がないツーブロックスタイルのマンバンがスタンダードであり、伸ばす期間も短くて済むため挫折しにくい。そのため、すぐにでもマンバンにしてみたいという方はまず、ツーブロックスタイルから始めてみるとよいだろう。
  • 更新日:

    2021年10月 5日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング