このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ツイストパーマのアップバングスタイルを紹介!セット方法も

ツイストパーマのアップバングスタイルを紹介!セット方法も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年10月20日

ツイストパーマは尖った印象を与えがちな髪型だ。だが、アップバングにすることで、さわやかな印象に様変わりする。印象が変わることでビジネスにも適したヘアスタイルとなるのだ。今回はそんなツイストパーマとアップバングのセットについて紹介していく。

  

1. ツイストパーマ×アップバングでさわやかな印象に

ツイストパーマと聞くとどんなイメージをもつだろうか。ツイストとはねじるという意味で、ツイストパーマは、カール感のない細めのウェーブパーマのことである。カール感のあるパーマと違い、一般的にはワイルドや男らしいといった印象を受けやすい髪型だ。
ツイストパーマとアップバングは相性がよく、その印象を大きく変えることができる。強めの印象のツイストパーマにアップバングを組み合わせることで、さわやかな印象を与えられる髪型となるのだ。
また、ツイストパーマは、一度パーマをかけてしまえば、それだけで完成されている髪型である。前髪をかきあげればできるアップバングもセットは比較的簡単だ。ツイストパーマ×アップバングは、セットが苦手な方にもおすすめのヘアスタイルだといえる。

2. ツイストパーマ×アップバングのセット|ビジネスにもおすすめ

男らしいイメージを与えられるツイストパーマ。アップバングをかけ合わせることで清潔感も出せるため、好印象を与えることができる。ツイストパーマのアップバングスタイルは、ビジネスシーンにおいてもおすすめの髪型となるのだ。
前述の通り、ツイストパーマはパーマをかけるだけですでに完成されている髪型なので、グリースやジェルワックスなどを髪にもみこむだけで、ヘアセットは完了する。ビジネスシーンにおいては、強いイメージのツイストパーマの動きを押さえるために、完全に髪を乾かした後にワックスを軽くつけるとよい。
アップバングのセットの方法としては、濡れた前髪を上に向かってドライヤーを当てて乾かした後、グリースと水を混ぜ、髪全体になじませて前髪をあげよう。束感を出すためにねじり、流れを整えるのがコツだ。グリースを持っていなければ、スプレーと併用することでクリームタイプのワックスでも代用できる。ぜひ一度試していただきたい。

3. ツイストパーマ×アップバングのセット|センターパートでおしゃれに

センターパートとは、簡単に言えば前髪を真ん中で分けた髪型だ。ツイストパーマとも相性がよい。センターパートでアップバングにすることで、顔に少しかかった前髪がおしゃれな無造作ヘアを演出できる。
おすすめのセット方法を紹介しよう。
ツイストパーマは、完璧に乾かしていない少し湿っている髪に、ワックスやグリースをもみこみ、なじませる。
もしくは、パーマ感が残る程度に髪を乾かした後、マットワックスを使用して、毛の中間から毛先へとしっかりなじませてもよい。
センターパートのアップバングは、乾かすときにまずセンター分けのくせをつけておこう。根元からワックスをつけ、パーマ感と束感を出す。アウトラインからフロントへかけて毛束を調整すれば完成だ。束感が出にくい場合は、髪を乾かしきらずに少し濡れた状態でセットしていくとよい。
どちらのセットにも共通して重要なのは、濡れた前髪を根元からしっかりとドライヤーを当てながら乾かすことである。そうすることでよりセットを保つことができるようになる。髪は水分が乾く瞬間の形状を記憶するようになっているからだ。髪の乾かし方に注意してツイストパーマ×アップバングのセットを楽しんでいこう。

結論

強い印象のツイストパーマもアップバングにすることで、印象を大きく変えられる。セット方法は紹介した通り比較的簡単なものだ。ぜひ今回の記事を参考に、ビジネスでもプライベートでも楽しくスタイリングしてほしい。
  • 更新日:

    2021年10月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧