このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ツイストパーマ×オールバックの魅力やセット方法を徹底解説!

ツイストパーマ×オールバックの魅力やセット方法を徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年10月17日

独特の細かなウェーブが特徴のツイストパーマが、ここ数年メンズの間で支持されている。なかでもツイストパーマ×オールバックの組み合わせは、ナチュラルな男らしさを演出できる人気のスタイルのひとつだ。この記事では、そんなツイストパーマ×オールバックの魅力をピンポイントで紹介しよう。2つを組み合わせるメリットやスタイル例、セット方法などを徹底解説する。

  

1. ツイストパーマ×オールバックの魅力とは?

ツイストパーマとは細かい波状のチリチリとしたパーマのことだ。まずはツイストパーマのかけ方や仕上がりの特徴、オールバックと組み合わせるメリットを見ていこう。

ツイストパーマの特徴とは

ツイストパーマとは、髪にねじりを加えながら巻くパーマで、指に巻き付けながらピンで固定する方法でかける。ねじりながら巻くことで独特の細かいウェーブができ、一般的なカール状のパーマとはまた違った束感になるのが特徴だ。
ツイストパーマはチリチリになりすぎるイメージもあるが、ねじる加減や巻き付け方で調整できるため、オーダー次第では緩めのウェーブに仕上げることも可能だ。短髪でもかけやすく、ボリュームが出るので髪が少ない方や軟毛の方にもおすすめである。また、そのままでも動きがあり、セット時間を短縮できるのもツイストパーマの大きなメリットといえる。

ツイストパーマ×オールバックの魅力は?

ツイストパーマは、かけ方やセットによって個性的にもナチュラルにも仕上げられる。そんなツイストパーマをオールバックにすると、男らしい雰囲気が演出できるのが魅力だ。オールバックはどうしても男臭い印象が強くなるが、ツイストパーマ×オールバックだと、ウェーブや束感によってソフトで今っぽい印象に見えるのがポイントである。
空気感のあるオールバックが好みの方や、他人と違うオシャレなオールバックを目指す方に試してみてほしい髪型といえる。

2. ツイストパーマ×オールバックのヘアスタイル例

ツイストパーマ×オールバックの組み合わせといってもバリエーションはさまざまで、スタイルによっては雰囲気もがらりと変わる。ここでは、ツイストパーマ×オールバックの具体的なヘアスタイル例を紹介しよう。

ツーブロック×ソフトツイストパーマ×オールバック

ツイストパーマ×オールバックにさらにあか抜け感をプラスしたい方は、サイドを刈り上げツーブロックにするスタイルがおすすめだ。緩めのツイストパーマをかけたうえで、ある程度かっちり目に仕上げると、ワイルドすぎず、個性的で上品な雰囲気のオールバックを演出できる。

ツーブロック×強めツイストパーマもおすすめ

ツイストパーマならではの個性を存分に味わいたい方には、あらかじめチリチリに細かいツイストパーマをかけておきオールバックにするスタイルもある。そこにツーブロックを取り入れると、非常に攻撃的で男っぽい印象を作れるだろう。

固めすぎないオールバックでほどよい男っぽさに

あまりがっちり固めすぎてしまうとツイストパーマのニュアンスが損なわれてしまう。そのため、立ち上げて軽く後ろに流す程度のオールバックもツイストパーマと相性がよい。束感を残しオシャレに見せつつ、ほどよくクールでやんちゃな雰囲気になる。

無造作感のあるオールバックでナチュラル男子に

今っぽい無造作なスタイルが好みなら、緩めのツイストパーマをかき上げ風スタイルにセットするのもおすすめだ。オールバックにドライした後、ワックスを全体にもみこんで散らすようにセットすると、ツイストパーマの独特なウェーブが際立つナチュラル男子風の髪型が完成する。

3. ツイストパーマ×オールバックのセット方法

ツイストパーマはスタイリング剤ひとつで簡単にニュアンスを出せるため、セット時間が短縮できるのも大きな魅力だ。オールバックにする場合は、ジェルやある程度セット力があるワックスがおすすめだ。

ツイストパーマ×オールバックのセット手順

以下がセットの手順である。
  • 濡れた髪をしっかりとタオルドライする
  • ジェルやワックスを全体になじませながら、かき上げるように後ろに流していく
  • 好みのシルエットに整え、自然乾燥させれば完成
基本はこの3ステップなので忙しい朝でもさほど時間は取られないだろう。ウェット感を出したいならジェルやグリース、マットな質感ならワックスと使い分けよう。また、ツイストパーマは髪が傷みやすくなるため、洗い流さないトリートメントなどで潤いを与えておくことも心がけてほしい。

結論

ツイストパーマは一般的なカール状のパーマとは異なる細かい波状のパーマである。ツイストパーマとオールバックを組み合わせることで、ワイルドで個性的なスタイルを演出することができるだろう。これまでのパーマスタイルに飽きた方、他人と違った髪型に挑戦したい方はツイストパーマ×オールバックを試してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2021年10月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧