このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
心拍数の年齢別正常値はどれくらい?平均より高いとどうなるか

心拍数の年齢別正常値はどれくらい?平均より高いとどうなるか

投稿者:ライター 大畑芽以 (おおはためい)

鉛筆アイコン 2021年11月12日

心拍数には、年齢別の正常値があることを知っているだろうか?心拍数が高いことによるリスクや、安静時の拍数を低下させるための方法など、本記事では心拍数について詳しく解説していく。健康に興味のある人はぜひ参考にしてほしい。

  

1. 心拍数とは?

心拍数とは?
心拍数とは、一定の時間内で心臓が拍動する回数のこと。一般的に、1分間の回数で表現されることが多い。心臓から送り出される血液により生じた拍動が、動脈に現れるのが脈拍であり、心拍数とほぼ同じものである。不整脈がある人は、心臓の拍動が動脈へ伝達せず心拍数と脈拍が一致しない場合もあるのだ。心拍数は、毎日計測することで自身の標準が把握できるため、健康状態の管理に利用できる。

2. 心拍数の正常値はどれくらい?

心拍数の正常値はどれくらい?
心拍数には、年齢別に正常値がある。1分間の正常値をそれぞれ紹介し、測り方についても解説していこう。

年齢別で見る心拍数の正常値

新生児では120?140回、乳児は120回前後、3歳までの幼児では100回前後が多く、小学生の男子では80?90回、中学生以降・健康成人になると70?80回ほどとなり、年齢別に心拍数の正常値は変化するのだ。以後は一定の値となるが、新生時期から小児期がピークとなる基礎代謝量は年齢とともに減少していくため、高齢者になると1分間に60回程度の人が多くみられる。基礎代謝量とは、生命活動を維持するために消費される最低限のエネルギーのことだ。生命活動の維持は体温や心拍などの維持をさし、エネルギーの消費や筋肉量が基礎代謝量に影響する。そのため、加齢とともに衰えていく体力や筋肉量により心拍数も低下する傾向にあるのだ。

心拍数の測り方

心拍数を測るには、安静時にセンサーを胸に付けて心拍数や心電図で計測する方法が確実である。自身で簡単に測る方法としては、手首の親指側に人差し指・中指・薬指を添えて脈拍を数えていこう。30秒間の回数を2倍にしたり、15秒間の回数を4倍にしたりする方法でも計測可能だ。このときしばらく指を置いたまま脈のリズムが規則正しいかも確認するとよいだろう。

3. 心拍数が平均より高いとどうなるの?

心拍数が平均より高いとどうなるの?
心拍数が平均よりも高い場合に起こり得ることとは何か、また心拍数が上昇するシーンについて解説していこう。

心拍数が高いことによるリスク

身体は、多くの血液や酸素を必要とする場合に心拍数を増やし対応するため、心臓に負担がかかる。心拍数の高い状態が続くことで、健康に悪影響を及ぼす可能性があるのだ。高血圧を伴っている場合では、心疾患の発症リスクが高まることが疫学調査で確認されている。心拍数が高くなる主な原因は、甲状腺機能の亢進・更年期障害などのホルモンバランスの乱れや、高齢者では慢性の心房細動、また日常生活でのストレスなどである。心拍数は、心身の健康状態が反映しているといえるのだ。

運動直後は心拍数が上昇する

運動直後に心臓がバクバクする状態は、前途したように多くの血液や酸素を必要とし心拍数が上昇するためである。運動量が多ければ多いほど心拍数も比例して高くなっていくのだ。しかし、心疾患がある場合では安静時に心拍数が高い一方で、運動をしても心拍数が上昇しないことや、運動後に心拍数が下がらないことがある。上昇だけでなく、運動後の下がり方にも注意が必要だ。

4. 心拍数を活用して運動強度を決めよう

心拍数を活用して運動強度を決めよう
運動強度と比例して高まる心拍数の最大数値は、年齢や体力によりある程度決まっており、年齢が若いほど高くなるのだ。

安静時心拍数を下げるには適度な運動が必要

安静時の心拍数を下げるには、運動を行うのが代表的な方法であるとされており、実際に多くの研究によってその効果が示されている。220から年齢を引いた数を最大心拍数とし、そのうち60%?70%を目標に少なくとも週1回・30分以上運動をするのが健康な身体づくりに適している。心拍数には個人差があり、体調不良や疲労、寝起きの場合には高いこともあるため、自身の平均より5以上高い際は、運動の負荷をコントロールするとよいだろう。

結論

普段の心拍数を知ることは、自身の健康状態を把握するきっかけになり、健康管理もしやすくなるだろう。心拍数・最大心拍数ともに個人差はあるが、年齢に対する正常値を維持できるよう、適度な運動を行うことがおすすめだ。
  • 更新日:

    2021年11月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧