このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
会話

相手の目を見て話すコツを紹介!ビジネスシーンで役立つテクニック!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年1月16日

相手の目を見て話すことは、普段のコミュニケーションだけでなく、ビジネスシーンでも必要なスキルだ。目を見て話すことには、さまざまなうれしい効果がある。しかし、なかなか相手の目を見ることができないという方もいるだろう。そこで今回は、目を見て話すコツを紹介していこう。目を見て話すテクニックを使って、コミュニケーションを円滑に進めてほしい。

  

1. 「目を見て話す(アイコンタクト)」の基本

会話
目を見て話すことは、アイコンタクトとも呼ばれる。ここでは、アイコンタクトの意味を解説していこう。

アイコンタクトとは?

アイコンタクトとは、コミュニケーションにおいて目を合わせることを指す。「目は口ほどに物をいう」ということわざがあるほど、アイコンタクトはコミュニケーションの需要な側面を担っている。
ただし、単純に目を見て話すだけでは、上手なアイコンタクトを取れているとはいえない。むしろ、相手の顔を凝視しながら話すと、萎縮させてしまう可能性もあるだろう。上手に目を見て話す方法はのちほど解説するので、ぜひコミュニケーションの参考にしてほしい。

2. 「目を見て話す」の効果とは?

発表
目を見て話すと、コミュニケーションにうれしい効果が見込める。ここでは、目を見て話すメリットをチェックしていこう。

普段の会話で「目を見て話す」

普段の会話で目を見て話すと、相手に興味や好意があることが示せる。上手にアイコンタクトをすれば、自然と会話もはずむだろう。
また、相手が話をしている時に目を合わすと、しっかり聞いているという印象を持たれやすい。相手も話しやすくなり、スムーズなコミュニケーションを取れる効果が期待できる。

ビジネスシーンで「目を見て話す」

目を見て話すことは、ビジネスシーンでも重要だ。相手と目を合わせながら話すと、真剣に話をしているように見える効果があり、自分の話に説得力をプラスできるだろう。逆に、まったく目を合わせないと自信がなさそうな印象を相手に与えてしまい、信用を勝ち取ることは難しい。目を見て話すことは、仕事を上手く進めていくためにも必要なテクニックである。

3. 「目を見て話す」を上手に行うコツ

会話
目を見て話すことが苦手な方でも、いくつかのコツを掴むと視線を合わせやすくなるだろう。ここからは、上手に目を見て話すコツを解説する。なかなか相手の目が見られないという方は、ぜひ生活に取り入れてほしい。

コツ1.適度に目を離すようにする

アイコンタクトは、相手の顔をじーっと見ればよいというものではない。むしろ、自分が話している時は、適度に目を離すようにすると効果的だ。おおよそ1秒程度相手の目を見たら、視線を外し、また1秒目を合わす...といったように、適度にアイコンタクトを取るとよい。
また、目を見て話すのが難しい場合は、相手の額やあご、頬などを見てもかまわない。可能であれば、話の重要なポイントだけ、しっかりと目を見ると効果的だ。

コツ2.聞くときに目を合わせる

自分が話をする時より、相手の話を聞く時に目を合わせることをおすすめする。聞き手が目を合わせると、話し手がしゃべりやすくなり、コミュニケーションが盛り上がるからだ。そのため、話をする時より聞く時に目を見るように意識しよう。

コツ3.目線よりも会話に集中する

目を見て話すことはコミュニケーションにおいて重要だが、もっとも大切なのは会話に集中することだ。目線の合わせ方にこだわるあまり、会話の内容がおろそかになってしまっては本末転倒である。そのため、目線については考えすぎず、楽しく会話をすることをメインに考えるとよい。

4. 不自然な目の合わせ方に注意する

会話
目を見て話すことを意識しすぎると、不自然な話し方になってしまい、相手に気持ち悪いと思われてしまう可能性がある。たとえば、あなたが誰かと話をしている時に、相手が自分の目を凝視してきたら面喰ってしまうだろう。
そうならないように、目を見て話すのは全体の10~30%程度に留めてほしい。実際に目を見て話す割合が多くなくても、身体の向きが相手を向いていれば、しっかりと聞いている印象を持ってもらえるだろう。
また、目線を外す時は、縦にズラすのがおすすめだ。目線を横にズラすと、相手を否定するようなニュアンスが強くなってしまうからである。相手の額や首のほうに視線を動かすと、自然に目をそらすことができるだろう。

結論

目を見て話すことは、コミュニケーションの重要なテクニックだ。しかし、相手の目をずっと見つめるのは、相手を不快にさせる可能性があるのでおすすめできない。目を見て話すのは全体の10~30%程度を目安にして、自然な会話を心がけよう。アイコンタクトを上手に取って、プライベートやビジネスシーンで円滑なコミュニケーションを実現してほしい。
  • 更新日:

    2022年1月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧