このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
暴食

寝る前の食事はなぜダメなの?その理由や就寝前の食事のコツを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年1月23日

食べてすぐに寝てはダメといわれた経験がある方は、きっと多いはずだ。このことから、寝る前の食事はよくないということを何となくは理解できていても、実際の理由は詳しくわからないという方もいるだろう。本記事では、寝る前の食事についてスポットを当て、さまざまなポイントをじっくりと解説していこう。

  

1. なぜ寝る直前の食事はNGなのか?

医者
はじめに、なぜ寝る前の食事はNGとされているのか、その理由から解説する。いずれも健康管理に関する重要なポイントなので、まずはしっかり頭に入れておきたい。

理由1.睡眠の質が悪くなる

寝る前に食事をとると、胃や腸の働きが活発になることから寝つきが悪くなり、結果的に睡眠の質が悪くなる原因となってしまう。また、睡眠中は胃や腸の活動が遅くなるので、胃に残った食べ物が朝まで消化されず、睡眠の質を落とすだけでなく朝食がとれないなど、食事のリズムを崩してしまう原因にもつながるのだ。

理由2.肥満のリスクが高まる

寝る前の食事が太る原因になるということは、聞いたことがある方も多いだろう。これは研究でも発表されている事実であり、夕食で多くのカロリーをとる食事スタイルでは、メタボリックシンドロームや肥満、また糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めるとされている。対して、朝食にしっかりと食べる食事スタイルの場合、生活習慣病のリスクは低下し、体重も減少しやすい傾向になると示されている。朝と昼を食べず、夜に1日分のカロリーをとりがちの方は、食生活の改善を心がけよう。

2. 寝る前の食事を正しくとるコツ

チェックリスト
寝る前の食事を正しくとるには、コツがある。睡眠の質を向上させ、肥満体質にならないためにも、本項で紹介するコツはしっかり押さえておいてほしい。

コツ1.夕食は寝る2~3時間前までに済ませる

寝る前に食事をとると、寝ている間に食べ物が消化されないことを述べた通り、寝る前の食事は寝る2~3時間前までに済ませるのがベストだ。この時間は、食べ物が体内で分解されるのに必要な時間を指す。ぐっすり眠り、次の日の朝食をしっかり食べられるように、食事の時間を意識してみよう。

コツ2.カフェインは寝る4時間前までにする

コーヒーやお茶などに含まれるカフェインには興奮作用があり、若い方では1~2時間、高齢者では4~5時間以上も体内に残るという。カフェインが残ったまま眠りにつくと、睡眠の質が悪くなってしまうので、カフェインは寝る4時間前までと決め、どうしても寝る前のリラックスタイムでコーヒーやお茶が飲みたいという方は、ノンカフェインのものを選ぶなど、工夫をしてみよう。また、ココアやチョコレートにもカフェインは含まれているため、注意したい。

3. 夕飯が遅くなってしまう場合の対処法

残業
寝る前の食事の時間をしっかり意識していても、残業などの理由から、どうしても決まった時間に食事ができないという方もいるだろう。本項では、そんな食事の時間が不規則になりがちの方におすすめの、対処法を紹介していこう。

対処法1.早めの時間帯に軽く食事する

残業などでどうしても時間が確保できない場合は、食事を分けてとるのもおすすめ。1回の食事で一気に食べるのではなく、残業前に軽く食べておけば、帰宅後の寝る前の食べ過ぎを防ぐことができるだろう。

対処法2.寝る直前は食事を軽めにする

寝る前にお腹が空いてしまった場合は、軽めの食事をとることが基本だ。ここで軽めに抑えておくと、次の日に消化されずに胃に残った食べ物の量を、大幅に減らすことができる。より早い消化を促すため、なるべく消化のよい食べ物を選ぶようにしたい。

4. 寝る直前におすすめの食事・食べ物

おかゆ
最後に、寝る前におすすめの食事や、食べ物をいくつか紹介する。寝る前にあまりに空腹感が気になってしまうと、それも睡眠の質を落とすことになってしまうので、どうしても何か食べたいときは、本項で紹介する食事や食べ物を参考にしてみよう。

寝る前のおすすめ食事1.お粥

お粥は、温かくて消化のよい食事を代表するものである。低カロリーでありながら、少量でも満腹感を得られることがメリットだ。寝る前でお粥を炊く時間がない場合は、雑炊でもOK。卵を入れたり、好きなアレンジで楽しもう。ただし、いくらヘルシーな食事だからとついつい食べすぎてしまったら、胃に負担をかけてしまうので注意したい。

寝る前のおすすめ食事2.湯豆腐

湯豆腐も、寝る前の食事にぴったりのヘルシーメニューである。豆類は消化に時間がかかることが多いものの、中でも豆腐は消化が早いことが特徴だ。夜食として食べるのであれば、木綿豆腐よりも低カロリーの絹ごし豆腐がおすすめ。さっぱりとした味付けで、じっくりと時間をかけながら味わいたい。

寝る前のおすすめ食事3.バナナ

バナナが寝る前におすすめの食べ物と聞くと、意外かもしれない。しかし実はバナナには睡眠の質を向上させ、ストレスを下げる働きを持つマグネシウムや、眠りを促す成分であるトリプトファンなどの成分が豊富に含まれている。また、消化されるまでの時間も約1時間と早いことが特徴だ。より消化を意識するなら、なるべく熟れたバナナを選ぶように心がけよう。

結論

寝る前の食事は、睡眠の質を悪くしたり、生活習慣病の原因にもなるため、時間や食事の内容を意識して、正しくとることが重要であることを理解してもらえただろう。食事の時間が不規則な方でも、対処法は存在する。健康な日々を送るために、ぜひ本記事の内容を食生活改善のヒントとしてもらいたい。
  • 更新日:

    2022年1月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧