このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヘアカット

ストレートパーマを前髪だけにかけたい!セットやケア方法までご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年2月15日

くせ毛に悩む男性にとって、毎朝のスタイリングは憂鬱な作業ではないだろうか。そんな男性におすすめなのが、前髪だけにストレートパーマをかけるヘアスタイルである。ここでは髪全体にかけるよりメリットが多い理由や、ぺったんこな前髪にならないオーダー方法、セットやケア方法を解説していく。ストレートパーマをかける前にぜひ参考にしてほしい。

  

1. メンズに人気・前髪にストレートパーマをかけるヘアスタイルとは?

ヘアカット
前髪のストレートパーマは、くせ毛の男性におすすめのヘアスタイルだ。本項ではどんなヘアスタイルに似合うのか、おすすめの理由も含めて紹介していこう。

前髪のストレートパーマがおすすめの理由

前髪は印象を左右する重要なパーツだ。しかし、前髪が短いとセットしづらかったり、逆に長いと湿気でうねったりと、スタイリングで困ることもあるだろう。そこでおすすめなのが、前髪のストレートパーマ。前髪にストレートパーマをかけることで扱いが楽になり、朝のスタイリング時間も大幅に短縮されるので、くせ毛のある男性におすすめのヘアスタイルだ。

前髪のストレートパーマが似合うヘアスタイルとは?

前提として、前髪だけストレートパーマをかける場合、前髪はおろすスタイルで眉下まで長さがある方が望ましい。理由としては短い髪だとツンツンとしてしまい、周囲の髪との馴染みが悪くなってしまうからだ。
前髪のストレートパーマにはツーブロックがおすすめのヘアスタイルだ。前髪だけでなく、耳周りもくせの出やすい部分のため、ストレートパーマをかけないサイドは短くすると気にならないだろう。前髪が長めの分、サイドをすっきりさせることでバランスもよくなる。
もちろん、ボブやミディアム、ロングなどのヘアスタイルにも前髪のストレートパーマは似合う。このとき、サイドや後ろなど地毛部分のくせに合わせたゆるさパーマにすると全体が馴染むのでおすすめだ。

2. 前髪のストレートパーマがぺったんこにならない自然なオーダー方法

ヘアカット
前髪にストレートパーマをかけると、前髪だけぺったんこになるのではないかと不安なる方も多いのではないだろうか。ここでは、できるだけナチュラルなヘアスタイルになるようオーダー方法について解説する。

ゆるめにストレートパーマをかけてもらおう

ポイントとして、もとのくせ毛に馴染むぐらいの強すぎないストレートパーマを前髪にかけてもらうことがあげられる。そのためには、普段からのくせの程度や、自然なスタイリングにしたいことなどを伝え、自分のくせ毛とストレート部分の相性のよい髪型にしてもらうことも大切である。

ゆるくストレートパーマをかけるときの注意点

自然さを出すためのゆるめのストレートパーマは、くせがとくに強い人にはあまりおすすめできない。中途半端にくせを伸ばしてしまうと、逆に扱いにくい前髪になりやすいからだ。くせの強い、ねじれた毛質の捻転毛タイプの人などは、しっかりとストレートパーマをかけてもらうほうがよいだろう。くせをしっかりと伸ばしたうえで、ヘアアイロンで毛先に動きをつけるスタイリング方法のほうが、きまったスタイルをつくりやすいので参考にしてほしい。

前髪ストレートパーマはどのくらいもつのか?

髪は1ヶ月に1cm程度伸びるため、2ヵ月程度でくせ毛が気になりはじめる方が多いだろう。だが、1~2ヵ月のカット毎にストレートパーマをかけると髪へのダメージはかなり大きくなる。できれば3~4ヵ月程度は期間をあけるほうが望ましいだろう。どうしても短期間でセットが難しくなる人はストレートのヘアアイロンを持っておくと便利だ。
価格相場はカット料金にプラス6,000円程度のところが多く、髪全体にストレートパーマをかけるより安く済ませることができるのも魅力である。

3. 前髪のストレートパーマ後のセットやケア方法は?コツも

ヘアセット
最後に前髪のストレートパーマのセット方法やケア方法について解説しよう。

セット方法について

前髪のストレートパーマ後のセット方法は、基本的にもとの髪質を生かしたヘアスタイルのため、ワックスで整えるだけの簡単なスタイリング方法となる。髪質により、前髪のストレートパーマを強くかける必要があるため、まっすぐな前髪が目立ちやすくなることも。その場合はストレートパーマをかけた前髪をヘアアイロンなどで毛先にカールを付けるとほかの髪と馴染みやすくなる。まずはストレートアイロンで毛束感を作り、毛先はカールするよう動きをつけるのがコツだ。ストレートパーマをかけた時に自分に合ったスタイリング方法を美容師に聞いておくとよいだろう。

ケア方法について

施術後24時間はストレートの形状を定着させるため、シャンプーはしないでおこう。日常的なケアとしては、パーマ剤や熱によるダメージが必ずあるので、トリートメント剤の使用が大切だ。また、自然乾燥は髪を傷めてしまう原因となるためドライヤーで髪を乾かすこともおすすめする。この時に根本からふんわりするように乾かすと、より自然なスタイリングが可能である。

結論

前髪のストレートパーマについて解説した。人によって効果のある期間に差があると思うが、まったくかけないよりは日々のスタイリングが楽になることは間違いない。くせの出やすい部分である前髪は一番目立つ部分でもあるため、いつでもきまった前髪にすることで印象まで変える効果もあるかもしれない。ぜひ試してみてほしい。
  • 更新日:

    2022年2月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧