このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネクタイ

スーツのコーデの基本!ジャケット・シャツ・革靴などのポイントも!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年3月19日

スーツをかっこよくコーディネートすると、知的で誠実な男性像を演出でき、ビジネスにもプラスになるだろう。そこで今回は、基本的なスーツのコーデ方法を紹介していこう。主役になるスーツの選び方から革靴やネクタイのような小物の組み合わせ方法まで解説するので、参考にしてほしい。

  

1. スーツのコーデの基本

スーツ
どのようなファッションを身にまとっているかは、ビジネスシーンで大きな影響を与える。かっこよくスーツをコーディネートしていれば仕事ができそうな印象を与えられるが、身だしなみが整っていなければ信頼できない人と思われてしまうだろう。コーディネートが仕事の成果を左右する可能性もあるため、マナーを守りつつしっかりと身だしなみを整える必要があるだろう。

2. まずは似合ったスーツを選ぼう!

スーツ
コーディネートを始める前に、自分に似合うスーツを見つけることが重要だ。ここからは、スーツの選び方を紹介していこう。

スーツの種類やデザインの基本

スーツには、シングル・ダブル・スリーピースの3種類がある。シングルはフロントのボタンが縦1列についているもの、ダブルは縦2列についているものを指す。スリーピースは、ジャケットとパンツにベストを加えたスタイルのことだ。自分の年齢やTPOに合うアイテムを選ぶことが重要である。

サイズ感や着用シーンなどで選ぶ

スーツを選ぶ時は、サイズ感や着用シーンに合うデザインかどうかをチェックしよう。スーツのサイズは、羽織った時にお尻が8割程度隠れ、肩が軽くつまめる程度が目安である。また、ビジネスシーンで着るものと、結婚式で着るものでは適したデザインが異なるので、着用シーンに適したものを選んでほしい。

3. スーツに合わせるシャツを選ぼう!

シャツ
スーツに合わせるシャツも、コーディネートの印象を左右する。シャツの選び方を解説していこう。

シャツの種類やデザインの基本

スーツとコーディネートするシャツには、大きく分けてレギュラーカラー・ワイドカラー・ホリゾンタルカラー・ボタンダウンの4種類がある。レギュラーカラーは最もベーシックなデザインで、さまざまなシーンで着用できる。ワイドカラーはレギュラーカラーよりも襟が大きく開いたもの、ホリゾンタルカラーは小さな襟が大きく開いているものを指す。ボタンダウンは襟の先にボタンがついているもので、カジュアルなイメージがあるためフォーマルなシーンには適していない。

サイズやデザイン、生地などで選ぶ

シャツは、サイズやデザイン、生地をポイントにして選ぼう。まず、サイズはボタンを留めた時に指が1~3本入り、袖がジャケットより少しだけ長いものを選ぼう。生地やデザインは、シャツを着ていくシーンにふさわしい物を選んでほしい。

4. 足元のビジネスシューズを選ぼう!

革靴
「オシャレは足元から」という有名な言葉もあるように、ビジネスシューズは案外周りの方から見られているポイントだ。そのため、スーツのコーディネートをする時も足元まで気を使ってほしい。ここからは、スーツに合わせるシューズの選び方を紹介していこう。

革靴の種類やデザインの基本

ビジネスシューズは、デザインによって内羽根と外羽根に分かれる。内羽根は靴ひもを通す部分が内側に入っているもの、外羽根は靴ひもを通す部分が外側に出ているものを指す。

サイズ感や着用シーンなどで選ぶ

スーツとコーディネートするビジネスシューズは、サイズ感や着用シーンに合わせて選ぼう。サイズ感は、爪先に少し余裕があり、横幅がぴったりとフィットしているものがおすすめだ。また、内羽根のほうが外羽根よりもフォーマルな印象に仕上がるので、結婚式や大切な商談は内羽根、ビジネスカジュアルには外羽根といったように使い分けるとよいだろう。

5. ネクタイや小物類を選ぼう!

スーツ
ネクタイのような小物類は、コーディネートのアクセントになる。最後に、ネクタイの選び方をチェックしていこう。

ネクタイの種類やデザインの基本

ネクタイには、レギュラータイやナロータイ、蝶ネクタイなどいくつかの種類がある。レギュラータイは、最もベーシックなデザインで幅が7~8cm程度のものを指す。ナロータイは、幅が4~6cm程度でレギュラータイよりもやや細いタイプだ。蝶ネクタイは、その名の通り蝶のような形をしたネクタイである。ビジネスシーンにはレギュラータイ、カジュアルなパーティーにはナロータイ、結婚式には蝶ネクタイといったように、シーンに合わせて選ぶことが重要だ。

色味や着用シーン、季節感などで選ぶ

ネクタイは、色によって印象が変わる。たとえば、赤のネクタイをつけると情熱やリーダーシップをアピールできる。一方、青のネクタイは誠実さや知的なイメージを演出できるだろう。色のイメージを把握して、着用シーンや季節に適したネクタイをコーディネートすると、オシャレにスーツを着こなせるだろう。

結論

スーツのコーディネートは、着ている方の印象を左右し、ビジネスに直接影響を与えるほど重要なポイントだ。どんなコーディネートをすればよいのか悩んだら、今回紹介したアイテムの選び方を参考にしてほしい。かっこよくスーツを着こなして、デキる男を演出しよう。
  • 更新日:

    2022年3月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧