このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クリーニング

スーツのクリーニング頻度とは?長持ちさせるポイントなども紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年3月22日

スーツは、適切にメンテナンスをすると長持ちさせることができる。スーツのメンテナンスの中でも、気を付けなければいけないのがクリーニングに出す頻度だ。クリーニングの頻度が少な過ぎると清潔感を失い、頻度が多過ぎるとスーツの寿命を短くしてしまうだろう。そこで今回は、スーツをクリーニングに持って行く正しい頻度を解説する。さらに、スーツを長持ちさせるコツも紹介するので、最後までチェックしてほしい。

  

1. スーツをクリーニングに出す目的

クリーニング
スーツをクリーニングに出す目的は、いわずもがな汚れを落とすためだ。毎日着用するスーツには、汗や皮脂、ほこりといった汚れが蓄積している。スーツに汚れがついたまましまっておくと、白い結晶のようなシミや虫食いなどの原因になり、スーツの寿命を短くしてしまうだろう。さらに、スーツに汗が付いたままタンスにしまうと、収納場所に湿気がこもってカビが発生する可能性もある。
そのため、適切な頻度でクリーニングに出すことは、キレイにスーツを着続けるために必要なメンテナンスといえるだろう。また、クリーニング以外の日々のお手入れも、スーツを長持ちさせるために必要不可欠だ。自宅でできるメンテナンスについては、のちほど解説するので参考にしてほしい。

2. クリーニングに出す頻度・目安

スーツ
スーツをクリーニングに持って行く頻度は、一般的に「1シーズンに1~2回」が目安といわれている。また、衣替えのように長いあいだスーツを収納する前にも、クリーニングに出すようにしてほしい。
しかし、夏場のような汗をかきやすいシーズンは、2週間~1カ月に1回程度クリーニングに出しても構わない。また、夏場は自宅で洗濯可能なウォッシャブルスーツを着用するのもおすすめである。

3. すぐにクリーニングに出すタイミング

クリーニング
一般的に、スーツをクリーニングに出すのは1シーズンに1~2回といわれているが、できるだけ早く出したほうがよいタイミングがある。ここでは、すぐにスーツをクリーニングに持って行ったほうがよいタイミングを紹介していこう。

タイミング1.ジュースなどをこぼしたとき

ジュースのような飲み物をスーツにこぼしたときは、すぐにクリーニングに出してほしい。時間が経つほど汚れが落ちにくくなるので、可能であればその日のうちにクリーニングへ出すのがおすすめである。また、飲み物の汚れには、水を使ってクリーニングを行うウェットクリーニングをオーダーするとよい。

タイミング2.油やオイルなどが付いたとき

ファンデーションやガードレールの塗装といった油性の汚れが付着したときも、できるだけ早くクリーニングに出そう。油性の汚れは自宅で落としにくいうえ、汚れを放置すると生地が傷みやすいからだ。

4. スーツを長持ちさせるポイント

ぶらし
スーツを長持ちさせるには、適切な頻度でクリーニングに出すだけでなく、日頃のメンテナンスも必要である。ここからは、自宅で行えるスーツのお手入れ方法を見ていこう。

ポイント1.3着以上を着まわす

スーツは連続で着用せず、定期的に休ませることが重要だ。そのため、スーツは夏物と冬物をそれぞれ3着以上用意し、着まわすとよい。1日着たら2日休ませるようにすると、スーツが長持ちするだろう。また、1回着用したスーツは、風通しのよい場所に干しておくと型崩れやシワがリセットされやすいのでおすすめだ。

ポイント2.着たら手入れを行う

スーツを着たら、自宅でお手入れを行ってほしい。たとえば、専用のブラシでブラッシングをして表面に付いたホコリを落としたり、スーツ用のハンガーを使用したりするのがおすすめだ。また、スーツを保存する場所は、直射日光が当たらず乾燥している場所を選ぼう。クローゼットのような湿気が溜まりやすい場所に保存する場合は、定期的に扉を開けて換気するように心がけてほしい。

5. クリーニングの出し過ぎはNGなの?

クリーニング
スーツを高頻度でクリーニングを出すと、生地を傷める可能性がある。とくに、ウールのような痛みやすい素材で作られているスーツには注意が必要だ。そのため、シミや油汚れがついた場合を除き、適切な頻度でクリーニングに出すように心がけてほしい。また、自宅でのメンテナンスを正しく行えば、簡単な汚れは落とせるので、クリーニングに出す頻度を減らせるだろう。

結論

正しい頻度でクリーニングに出すと、清潔感を保てるだけでなく、スーツの寿命を延ばすことも可能だ。そのため、1シーズンに1~2回を目安にして、適切な頻度でクリーニングを利用してほしい。また、クリーニングに出し過ぎても生地が傷むので、注意が必要である。上手にスーツをメンテナンスして、お気に入りの1着を長いあいだ楽しんでほしい。
  • 更新日:

    2022年3月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧