このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツ

スーツのネイビーってどんな印象?カッコよく着こなす方法も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月18日

ビジネスマンの勝負服、そして女性が選ぶ好きな男性スーツの色人気No.1のネイビー。今回はそんなネイビースーツが選ばれる理由を学びながら、できる男、もてる男の必需品をより魅力的に見せる着こなし方について紹介していこう。ぜひスーツ選びの参考にしていただきたい。

  

1. ネイビースーツとは?

スーツ
イギリス海軍の制服を意味するこの言葉である「ネイビーブルー」。軍隊の制服の色、つまりネイビーはフォーマルな場でも着られる色として認識されている。また、ネイビーは日本語で「濃紺色」と呼ばれ、紺色よりも濃く黒に近い色合いであることから、冠婚葬祭やビジネスシーン、着こなしの用途に合わせて選ぶなど汎用性も高いことが魅力だ。ネイビースーツは男性にとってマストアイテムとなっているスーツである。

ネイビースーツが与える印象

ネイビースーツは見た目の高級感や色から受ける色彩連想から、真面目で知的な印象を受ける人もいるだろう。また、青色は男性的な色というイメージが強く、男らしい印象を与える効果があるのだ。さらに、青系の色には癒しのイメージを持つ人も多く、ビジネスにおいても相手に好印象を与えるアイテムとなっている。

2. ネイビースーツの上手な着こなし方

チェックリスト
ネイビースーツの基礎知識を得たところで、ここからは周りよりも格好よく上手に着こなす方法を紹介しよう。ワンランク上の着こなしを手に入れていただきたい。

その1.シンプルなシャツを合わせる

ビジネスシーンにおいては、ネイビースーツにはシンプルなシャツを合わせるのが大前提である。派手なデザインはカジュアル感が強くなるので避けるのが無難だ。まずは基本の白シャツから、無地または控えめな柄のシャツを選ぶとよいだろう。セカンドコーデに選ぶならば、サックスブルーやライトピンクなどさりげない色味のシャツがおすすめだ。
そして、シャツの注目すべき点は「襟」である。シーン問わず使えるレギュラーカラーやノータイで着用可能なボタンダウンカラー、襟の広がりが大きいオシャレなワイドカラーと、襟を使い分けて着こなすテクニックを身につけよう。

その2.同系色のネクタイを選ぶ

スーツをキレイに着こなす上で大切な「Vゾーン」。ジャケットとシャツ、ネクタイで魅せるV字のゾーンのことで、ネクタイはその中でも最重要アイテムといっても過言ではない。ネイビースーツに合わせるならば、同系色のネクタイがベスト。全体が統一されスッキリとした印象になる。
そして、ネクタイの注目すべき点は「柄」だ。定番の組み合わせはツヤ感のある無地のネクタイ。ワントーンでシンプルに、かつ上品な印象を受ける一本になるだろう。また、シンプルなスタイルにアクセントを加えるストライプ柄もおすすめだ。配色の一つに同系色を取り入れることで、コーディネートがまとまりやすくなる。
そのほかドット柄や小紋柄、ペイズリー柄など、同系色の中にデザインが入ったクラシカルなものも、ネクタイ選びにさりげないセンスが光るアイテムだ。

その3.ブラックかブラウンの靴を履く

スーツスタイルに合わせるなら、ブラックかブラウンの皮靴を選んで履こう。どんなスーツとも相性のよいブラックとやわらかい雰囲気のブラウン、さらにベルトを同色で合わせれば、統一感のあるスーツスタイルの完成だ。
そして、注目すべき点は靴のデザインである。つま先部分に装飾のないプレーントゥや、つま先部分にステッチの入ったストレートチップなど、シンプルなデザインのもので足元を決めよう。

3. ネイビースーツのシーン別コーデ例

スーツ
ここでは、ネイビースーツを身につけるシーン別のコーデ例を、ポイントとともに紹介する。ぜひ参考にしていただきたい。

その1.ビジネスなど

無地のネイビースーツは、シンプルで合わせやすい定番のアイテム。スーツセンスを見せるなら、薄いチェック柄の入ったスーツはいかがだろうか。ダーク系の落ち着いたネイビーで、ノータイでもオシャレに決まるスーツだ。また、上級者にはグレーカラーをアクセントにした、シャドーストライプのネイビースーツ。ほかにも講演会のように舞台映えや顔映りなどを意識したい場合は、光沢のある生地を使ったスーツを選ぶなど、用途に合わせた着こなしを目指そう。

(コーデ例)

・チェック柄ネイビースーツ・ボタンダウンカラーの白シャツ・ダーク系の小紋柄ネクタイ・黒のプレーントゥ・黒のベルト

その2.結婚式など

結婚式におすすめするコーデは、ベストを合わせたスリーピーススタイルだ。普段のネイビースーツにベストを合わせるだけで、華やかな装いとなる。ネクタイは白かシルバーグレーがふさわしい。そして、フォーマルな場所ではポケットチーフも必需品となるので、ネクタイの色と併せて用意しよう。

(コーデ例)

・ネイビース―ツ・ベスト・ワイドカラーの白シャツ・シルバーグレーのネクタイ・ポケットチーフ・黒のストレートチップ・黒のベルト

その3.普通の休日など

ネイビースーツはプライベートでも活躍する。かしこまり過ぎないよう、ほかのアイテムで抜け感を出していこう。遊び心あるネクタイやTシャツ、スニーカーなどを合わせれば、休日にふさわしいカジュアルスタイルの完成だ。

(コーデ例)

・ネイビースーツ・白Tシャツ・白スニーカー

結論

フォーマルシーンはもちろんカジュアルでも大活躍してくれるネイビースーツ。同じネイビーでも色味もさまざま。基本の着こなしを知ることで、より自分に馴染む、自分だけのアイテムとなるだろう。今回紹介した内容を参考に、愛着のあるスーツになるまで着こなしを楽しんでいただきたい。
  • 更新日:

    2022年4月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧