このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コルセット

コルセットダイエットの効果や危険性は?失敗しないやり方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月31日

コルセットダイエットとは、近年SNSを中心に話題を集めている、ダイエット方法のひとつである。文字通りコルセットを使ったダイエットだが、ただコルセットを身につけるだけでOKというわけではない。本記事では、コルセットダイエットの効果や危険性をはじめ、正しいやり方や注意点など、さまざまなポイントについて詳しく解説する。

  

1. コルセットダイエットとは?

疑問
コルセットダイエットとは、腰痛の予防や姿勢の矯正など、一般的には腰のサポーターとして使われる、コルセットを用いて行うダイエットである。肋骨部分からお腹周りにかけての引き締め効果に期待できることに加え、ほかにもさまざまな健康効果や美容効果にも効果的であることから、近年注目を浴びているダイエット方法のひとつだ。
ただし、やり方を間違えると逆効果になってしまうことは事実である。次項から解説するコルセットダイエットのメリットやデメリットをよく理解して、正しいやり方で実践してもらいたい。

2. コルセットダイエットの効果

スーツ
本項では、コルセットダイエットを行うことで得られる効果について解説する。ダイエット効果だけでない、コルセットダイエットならではのメリットを確認していこう。

姿勢の改善

コルセット本来の装着目的でもあるが、コルセットを身につけると自然と背筋が伸び、正しい姿勢をキープしやすくなるので、姿勢の改善に高い効果がある。美しい姿勢で過ごすことで、より高いダイエット効果にも期待できるのだ。

食欲の抑制

コルセットはお腹周りを締めつけるので、食欲を抑制できることもポイント。普段よりも食事量が減ることで、自然とダイエットにつながるのである。運動の後、ついつい反動でたくさん食べてしまうという方にも、コルセットダイエットはおすすめだ。

バストアップ

コルセットダイエットでは、女性にうれしいバストアップ効果にも期待できる。肋骨を締めつけることで、バストの位置を元の位置に戻せるので、結果バストアップにつながるのだ。

肋骨の矯正

コルセットを身につけることで、開いた肋骨を締められることから、肋骨の矯正にも効果が期待できる。特別な運動をする必要なく、自然とくびれのあるウエストを目指せるのだ。

3. コルセットダイエットの危険性

医者
多くの効果に期待できるコルセットダイエットだが、危険性があることも覚えておきたい。事前にデメリットを知っておくことで、より効率的にコルセットダイエットを実践できるだろう。

リバウンドする可能性がある

コルセットダイエットは、ほかのダイエットに比べてリバウンドの可能性が高いことが指摘されている。コルセットを身につけている間は自然に食事量を減らせるものの、コルセットを外すと食欲を抑制できなくなり、普段通りに食べてしまうことが主な原因だ。また、コルセットの装着をやめると、引き締まって見えていたウエストが徐々に元に戻っていくことから、ダイエットへのモチベーション低下につながってしまうことも挙げられる。

内臓に負担をかける

コルセットを身につけると、お腹周りが締めつけられるため、血流が悪くなりやすく、内臓に負担をかけてしまう原因にもなる。ほかにも貧血や肌トラブルなど、さまざまな症状を引き起こす危険性も考えられるので、コルセットを身につける際は、必ず程よい締めつけで短時間の使用を心がけたい。

お腹の筋力が低下する

コルセットは姿勢の改善に高い効果があるが、どうしてもコルセットの補整力に頼る部分が大きいため、使うほどにお腹の筋力は衰えてしまうことは事実である。腹筋が足りないと、肝心なお腹の引き締め効果には期待できない。コルセットダイエットを行う際は、お腹の筋力の維持もしっかり意識しておこう。

4. 失敗しないコルセットダイエットのやり方

コルセット
せっかくコルセットダイエットを行うのであれば、失敗しないよう、正しいやり方をしっかり頭に入れておくことがベストだ。コルセットの選び方から装着時間など、コルセットダイエットの正しいやり方の基本を押さえておこう。

コルセットの選び方

コルセットの選び方は、自分のウエストが入る範囲内で、実際のウエストより2~3cmほど小さめのサイズを選ぶことが基本だ。試着ができるのであれば、実際に装着して選ぶことをおすすめしたい。サイズに余裕があるとコルセットの引き締め効果を得られず、反対に小さすぎると身体に負担が大きいのでNGとなる。適切なサイズ感を事前に知っておくことが重要なのだ。

コルセットの装着時間

コルセットダイエットを無理なく行うために、1日のコルセットの装着時間もよく知っておきたい。まず、慣れるまでは1日1時間程度の装着時間から始め、慣れてきたら1日3~6時間を目安に、装着時間を増やしていく方法がおすすめだ。1日のスケジュールの中で、生活に支障なくコルセットを身につけられる時間をとれるように、心がけよう。

フルクローズできたらサイズ変更

フルクローズとは、コルセットの背中の締めつけが最大の状態を指す。コルセットをフルクローズまで締められるということは、以前よりも身体が引き締まった証拠である。さらにコルセットダイエットを継続したい場合は、もうワンサイズ小さめのコルセットに買い替えて、また新たなステージでコルセットダイエットに再チャレンジしてみよう。

5. コルセットダイエットをする際の注意点

スーツ
最後に、コルセットダイエットをする際の注意点も確認しておきたい。正しいやり方とあわせて覚えておけば、より安全にコルセットダイエットを実践できるだろう。

寝るときは装着しない

コルセットは、就寝時には外すようにしたい。コルセットでお腹周りを締めつけられたままでは、リラックスして就寝するのは難しい。寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりと、睡眠の質を落とす原因となるので、十分注意しよう。

素肌に直接着用しない

コルセットを使う際は、必ず薄手のシャツなどの上から身につけることを忘れずに。素肌に直接身につけると、汗による肌トラブルの原因となってしまう。コルセットを頻繁に洗濯する手間も減らすためにも、必ず実践したいポイントだ。

毎日継続して装着する

思い立った日にコルセットを身につけるだけでは、コルセットダイエットは成功するとはいえない。毎日継続してコルセットを身につけることが、より高い効果を出すポイントとなるので、まずはフルクローズを目指して、毎日の装着を意識したい。

結論

コルセットダイエットはさまざまな効果に期待ができ、正しいやり方や注意点をしっかり守って行えば、安全に実践できることを知ってもらえただろう。姿勢を正しながらダイエットを行える点は、コルセットダイエットならではのメリットといえる。これから新たなダイエットにトライしてみようと考えている方は、ぜひコルセットダイエットを試してみてほしい。
  • 更新日:

    2022年5月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧