このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メンズパーマ

ストレートパーマとは?メンズにもおすすめのクールな髪型を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月25日

くせ毛が気になり、ストレートパーマに挑戦してみたいというメンズは多いだろう。今回の記事では、ストレートパーマと縮毛矯正の違いから、ストレートパーマのおすすめポイントまで解説する。ストレートパーマの人気の髪型や美容院でオーダーするときのポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてなりたい髪型を目指してほしい。

  

1. ストレートパーマの基本

メンズパーマ
ストレートパーマについて、基本的な情報から縮毛矯正との違いまで説明していこう。

ストレートパーマとは?

ストレートパーマとは、専用の薬剤を使用して髪の毛をまっすぐにする施術だ。くせ毛もストレートにできるが、本来は以前かけたパーマを元に戻すためのものだ。また、ストレートパーマはメンズヘアのボリュームを抑えるためにも使われ、ナチュラルな仕上がりが期待できる方法である。

縮毛矯正との違いとは?

縮毛矯正もストレートパーマと同じく、メンズが髪の毛をストレートにする技術のひとつだ。ストレートパーマと違う点は、髪の毛に直接熱を加え、くせが強い髪の毛でも半永久的にまっすぐにできること。縮毛矯正は髪の毛に熱を加えるのでダメージを与えることもあるが、髪本来の強いくせで悩むメンズがストレートヘアになるための手段として有効である。

2. メンズストレートパーマがおすすめの人

ヘアセット
メンズストレートパーマは、くせ毛で悩むメンズはもちろん朝のスタイリングを簡単にしたい人にもおすすめだ。髪の毛にくせがあったりボリュームがあったりするとセットが難しく、アイロンを使ってセットしてもキープ力が弱すぎて夕方には戻ってしまう人もいるだろう。
メンズストレートパーマをかけると朝のセット時間が短縮され、毎日のスタイリングが簡単になる。そのため、いつもはできなかったヘアアレンジに挑戦しやすくなるだろう。また、前髪や顔まわりなど髪の毛のくせが部分的に強いメンズには、ポイントストレートパーマが効果的であり、スタイル全体をナチュラルに仕上げられる。

3. 人気のメンズストレートパーマ2選

ヘアセット
ここでは、メンズストレートパーマで人気のヘアスタイルについて説明しよう。

その1.マッシュスタイル×ストレートパーマ

マッシュスタイルは、全体に丸みのあるシルエットと重めの前髪が特徴的な、おしゃれメンズ定番のスタイルである。ストレートパーマでまっすぐになった髪の毛全体にワックスをもみ込み、束感のあるスタイリングを施すことで、ビジネスやプライベートでも使えるメンズのナチュラルヘアスタイルの完成だ。

その2.センターパート×ストレートパーマ

センターパートは、前髪を左右対象に分けてトリートメントやオイルでスタイリングする、大人っぽい雰囲気が印象的なヘアスタイルである。髪の根元にあるくせをストレートパーマでなくすことで、センターに分けた前髪を大胆に上げるセットでも、崩れにくくキレイな仕上がりをキープできる。

4. メンズストレートパーマの上手な頼み方

ポイント
美容院でメンズストレートパーマをオーダーするとき、どんな点に注意するとよいか説明していく。

その1.ストパーと縮毛矯正のどちらがいいか相談する

髪をストレートにするためには、美容院でストレートパーマと縮毛矯正のどちらを選べばよいか迷うメンズも多いだろう。美容師は髪の毛の状態や仕上がりイメージによりどちらか判断するので、予約時にはどちらにするか相談したい旨を伝え、実際に見てもらってから決めるのがおすすめだ。また、ストレートパーマより縮毛矯正のほうが施術時間も長く値段も高い場合があるため、相談時に確認することが大切である。

その2.参考写真を見せたりしてイメージを共有する

なりたい髪型のイメージを共有するには、言葉より写真のほうが伝わりやすい。なりたい髪型の写真をスマホに保存し、オーダー時に見せるとよいだろう。写真は1枚だけでなく複数枚見せることで、口下手なメンズでもイメージする長さや雰囲気などがより正確に伝わり、自分に似合うヘアスタイルに調整してもらえる。

その3.NGポイントや悩み事などもしっかりと伝える

オーダーする際の重要ポイントは、NGポイントや髪の悩みなどを事前にしっかり伝えることである。なぜNGなのか理由も伝えられると、理由に応じた別のアプローチ方法を提案してもらえるため、後悔しない髪型に近づける。また、毎日のスタイリングで困っている点や広がりを抑えたいなど悩みを具体的に伝えることで、より自分に合ったヘアスタイルに仕上げてもらえるだろう。

結論

メンズのストレートパーマが気になる人は、自分の髪質に合った方法を選ぶことが大切だ。なりたい髪型になるには、自分がなりたい髪型のイメージをしっかりと伝えよう。スタイリングが少しでも楽になるよう悩みも相談すると、失敗の少ないヘアスタイルを手に入れられるだろう。
  • 更新日:

    2022年5月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧