このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツ

スーツは何着あればいい?着回しに必要な数や長持ちさせるコツを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月25日

スーツには、季節やシーンなどに合わせた多くの種類があるので、一体何着用意すればいいのか悩んでしまう部分ではないだろうか。本記事では、スーツの着回しに必要な数をはじめ、スーツの選び方や長持ちさせるコツについてなど、さまざまなポイントをじっくりと解説していこう。

  

1. スーツを平均何着持ってる?

疑問
では、日本で働くビジネスマンを対象に、スーツを平均何着持ってるのかという点から確認していこう。意外に多く感じるかもしれないが、多くのビジネスマンが平均で4~6着のスーツを所持しており、次いで3着未満という結果となっている。中には10着以上所持する方もおり、スーツはそれだけシーンに合わせて着回せるものであることがわかるはずだ。
まず普段の仕事用として2~3着、礼装用に1着、大事な商談用に1着など、目的によってスーツを何着揃えるかは人それぞれだ。普段からスーツ通勤の会社で働くビジネスマンにとって、1~2着しか所持していないことは、逆に珍しいことだと覚えておこう。

2. スーツの着回しには何着必要?

スーツ
本項では、スーツの着回しには何着必要なのか、社会人・就活生に分けて解説する。スーツの着回しに悩んでいる方は、参考にしてもらいたい。

社会人は何着あればいい?

はじめに社会人の場合、スーツは何着あればいいのかという点だが、最低でも3着は必要と覚えておきたい。着回すのであれば2着でも十分と考えるかもしれないが、もし片方をクリーニングに出している間にもう片方が汚れてしまうと、着るスーツがなくなってしまうことに。そのようなトラブルにも備えて、3着は揃えておけば無難と考えられる。

内勤と営業の違い

同じ社会人でも、内勤か営業かによって、スーツの揃え方のポイントが違う。比較的デスクワークが多い内勤では、スーツのジャケットよりもパンツの方が傷みやすいので、スーツを購入する際、パンツは予備として2本揃えておくと便利である。
外回りが多い営業の場合、スーツは印象を決める重要な商売道具となるので、シーンに応じてスーツを上手に着回すことを意識しよう。季節に合ったスーツをはじめ、大事な場面で着るスーツなど、余裕を持って揃えておくことをおすすめしたい。

就活生は何着あればいい?

就活生の場合、スーツは何着あればいいのだろうか。社会人は最低でも3着は必要と述べたが、就活生であれば、もしものトラブルに備え2着揃えておくことをおすすめしたい。リクルートスーツはそのまま仕事用としても使えるので、予備で着る機会がなかったとしても、無駄にならない。就活が終わっても、スーツはきれいな状態で保管しておこう。

3. スーツの選び方の注意点

スーツ
スーツの選び方の注意点もよく覚えておけば、スーツを購入する際の失敗も防げる。ビジネススーツの基本として、頭に入れておこう。

色や柄は定番で揃える

スーツの色や柄は派手なものや個性的なものは避け、定番で揃えることを心がけたい。スーツの色の具体例を挙げると、グレーやネイビーがおすすめ。柄に関しては、無地を基本として、ストライプやシャドーストライプが定番となる。

季節ごとのスーツを用意する

オールシーズン用のスーツも販売されているが、できれば季節ごとのスーツを用意しておきたい。オールシーズン用のスーツは汎用性が高いものの、春夏用や秋冬用のスーツに比べると、どうしても機能性は劣ってしまう。季節ごとのスーツは生地感もそれぞれ異なり、季節感のある着こなしも可能だ。スーツコーデを楽しみたい方は、とくに意識しておきたいポイントである。

4. ビジネス以外のスーツは何着いる?

スーツ
ビジネス以外のスーツは何着いるのか、具体例をもとに確認していこう。

冠婚葬祭のスーツ

冠婚葬祭のスーツは礼服ともいわれ、結婚式や葬儀、式典などで着るためのものであり、色はブラックが基本だ。ただし礼服の中でも、葬儀の際に着る喪服の場合、普通のブラックスーツよりも黒が濃くツヤのない深い色味であることが特徴である。仕事用のスーツとはまったく違うスーツとして、礼服と喪服で1着ずつ揃えておくようにしたい。

オーダーメイドの勝負スーツ

大きな仕事の前など、ここぞというときのために、オーダーメイドの勝負スーツを揃えておくのもおすすめ。既製品とは違い、オーダーメイドスーツは自分の身体にぴったり合うので着心地がよく、見た目もよりよい印象を与えられる。何着も揃える必要はないが、スーツにも慣れ、経済的にも余裕があるのならオーダーメイドスーツの作成を検討してみよう。

5. スーツを着回す際のコツ

スーツ
最後に、スーツを着回す際のコツを解説する。スーツを上手に着回せば、余分に何着もスーツを揃える必要がなく、いい状態で長持ちするので経済面でもメリットがある。それぞれのポイントを覚えておこう。

1度着たスーツは2日休ませる

1度着たスーツは2日休ませるのが理想的だ。スーツは汗などの水分を吸収し、外へ排出する役割も担っている。スーツの繊維に湿気が多く溜まると、スムーズに外へ排出されず、結果スーツの傷みの進行を早める原因になってしまうことも。そのため、スーツに溜まった湿気を抜くためにも、着用後は2日程度休ませることが推奨されているのだ。スーツの通気性を維持させるために、着用後にブラシをかける習慣も付けておけば、より長持ちさせることができるだろう。

定期的にクリーニングに出す

スーツは定期的にクリーニングに出すことも重要だ。汚れの具合などにもよるが、平均して季節ごとに1~2回はクリーニングに出すようにしたい。夏場よく汗をかく場合は、2週間に1回程度の頻度でも問題ない。
ただし、常にスーツを美しく保ちたいからといって、過剰にクリーニングに出すのはNG。クリーニングのたびにスーツに負担がかかり、生地の風合いや色合いを損ねてしまうので、注意しておこう。

結論

スーツを何着所持しているかは人それぞれだが、共通点として、仕事用・冠婚葬祭用でスーツをそれぞれ揃えておくことが一般的であることを、理解してもらえただろう。着回しのコツを覚えれば、スーツを長持ちさせることもできる。本記事を参考に、自分に合ったスタイルで必要分だけスーツを揃えておこう。
  • 更新日:

    2022年5月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧