このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ダイエット

痩せたいなら変えるべき習慣とは?食べたい衝動を抑えるコツも解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月 5日

性別や年齢を問わず「痩せたい」と願いを抱いている方は多い。しかし、なかなか実現できずに悩んでいる方がほとんどだろう。そこで今回は、痩せたいときに意識してほしい食事と運動のコツを紹介する。なかなか痩せられない場合に、ぜひチェックしてほしい。

  

1. 痩せたいなら変えるべき5つの習慣

ダイエット
「痩せたいけど、何をしたらよいのかわからない」という方は、食事・運動・睡眠・水分補給・入浴の習慣を見直そう。ここでは、痩せたい方が変えるべき5つの習慣を紹介する。

食事の習慣

食事の習慣は体型に直結するため、痩せたい方は最初に自分の食生活を見直そう。カロリーを摂りすぎると脂肪が増えてしまうため、消費カロリーより摂取カロリーが下回るアンダーカロリーを意識してほしい。さらに、糖質と脂質、たんぱく質のバランスを意識して、太りにくい食事メニューを心がけることも重要だ。

運動の習慣

運動の習慣も痩せるための重要なポイントである。運動を習慣化すると、消費カロリーを増やせるため、無駄な脂肪を徐々に減らせるだろう。本格的なスポーツを始めるのが難しい方は、一駅歩いたり目的地に少し遠回りで向かったりするだけでも効果が期待できる。

睡眠の習慣

痩せたい方にとって、質のよい睡眠は欠かせないポイントだ。睡眠時間が足りないと、食欲を増進するホルモンが分泌され、暴飲暴食に走りやすくなる。そのため、短くても1日7時間程度の睡眠時間を確保したい。

水分補給の習慣

ダイエット中は、こまめに水分補給をすることも重要だ。水分が不足すると身体がむくみやすくなり、太って見えるからである。水分補給には常温の水やお茶を用意し、カロリーが含まれているジュースは避けるようにしよう。

入浴の習慣

シャワーで済ますことが多い方は、入浴の習慣も見直そう。しっかりとお風呂に浸かって身体を温めると、代謝がアップし、ダイエットのサポートをしてくれるだろう。

2. 痩せたい方必見の常識 | 食事編

ダイエット
ここからは、痩せたい方に向けた食事のコツを解説していこう。食事は体型に直接影響を与えるものなので、しっかりと意識してほしい。

よく噛む

食事をよく噛むと、満腹中枢を刺激でき、少ない量で満足するだろう。間食をガマンする手助けにもなるので、1口につき30回以上噛むように意識しよう。

間食は低カロリーのものを選ぶ

?せたい方にとって間食はできるだけ避けたいものだが、どうしてもガマンできない場合は低カロリーなものを選ぼう。たとえば、フルーツや無糖のヨーグルトなどがおすすめである。

朝食をしっかり食べる

朝は、身体の中の栄養が不足している時間帯だ。その状態で朝食を抜くと、身体が栄養を溜め込もうとして、脂肪がつきやすくなるだろう。そうならないために、朝食をしっかり食べる習慣を身につけてほしい。

夜遅くに食事しない

ダイエットをするなら、食事を食べる時間も重要だ。夜にはBMAL1という体内物質の働きが活発になり、食べた物を脂肪としてため込みやすくなる。そのため、夕食は18~19時頃に済ませよう。

痩せたいのに食べてしまうときの対処法

ダイエット中に「痩せたいのに甘い物を食べてしまう」「太ってしまうけど食べたい」と悩んでいる方も多いだろう。そんなときは、ストレスにならない程度に食べることも重要だ。甘いものや揚げ物がどうしても食べたいときは、「週に1回だけ」「お昼に食べる」といった条件をつけてご褒美として食べるとよいだろう。

3. 痩せたい方必見の常識 | 運動編

ダイエット
ダイエットには、運動も欠かせない。ここからは、痩せたい方に向けた運動のコツを説明していこう。

スクワットで下半身を強化

痩せたい方に取り組んでほしいトレーニングが、スクワットだ。スクワットは、腹筋50~100回といわれるほど消費カロリーが多いメニューである。
さらに、スクワットは比較的大きな筋肉が集まっている下半身を集中して刺激できるため、効率よく基礎代謝をアップできるだろう。

腹筋でウエストを引き締め

ウエストを引き締めたい方は、腹筋を鍛えるのもおすすめだ。とくに、お腹の横にある腹斜筋をトレーニングすると、くびれが作りやすい。腹斜筋は、ツイストクランチのようなねじれを加えたメニューで鍛えられるだろう。

移動はなるべくウォーキング

痩せたい方は、1日30分程度のウォーキングを生活に取り入れよう。全身運動であるウォーキングは、身体全体の引き締めに効果が期待できるだろう。
また、ただダラダラと移動するのではなく、背筋を伸ばして大きな歩幅で歩くように意識してほしい。

仕事の合間にストレッチ

デスクワークが中心で運動不足を感じている方は、仕事の合間に簡単なストレッチを取り入れよう。軽く伸びをしたり首を回したりするだけでもよいので、定期的に身体を動かしてほしい。

結論

痩せたい方は、食事と運動の両方から身体にアプローチしていこう。今回紹介した痩せる生活のコツを実践すれば、徐々にスリムなボディラインへ近づけるだろう。生活習慣の改善を実践して、健やかでかっこいい身体を目指してほしい。
  • 更新日:

    2022年6月 5日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧