このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネクタイ

ネクタイをプレゼントする意味や選び方は?おすすめブランドも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月 3日

男性に贈って喜ばれるプレゼントといえば、ネクタイが頭に浮かぶ方は多いだろう。とくにビジネスマンなど、日頃からネクタイを着用する方であれば、ネクタイは何本あってもよいものである。そこで本記事では、ネクタイをプレゼントする意味や選び方のコツや注意点、またおすすめのネクタイブランドの紹介まで、さまざまなポイントをじっくり解説していこう。

  

1. ネクタイをプレゼントする意味とは?

プレゼント
まず、ネクタイをプレゼントすることには、深い意味があることを知っておく必要がある。そんな意味などを考えず、何気なくネクタイをプレゼントした経験がある方もいるかもしれないが、実は男性にネクタイをプレゼントする意味として、「あなたに夢中」や、「束縛させて」といった真意が隠されていることをご存じだろうか。
首に巻くものであるネクタイを贈るということから、これらのイメージが定着したとされている。意味を知っている場合、いくら何気ないプレゼントだったとしても、意識されてしまったり、もしくは重くとらえられる可能性もあるので、ネクタイのプレゼントを考えている場合、贈る相手もよく選ぶようにしたい。

2. ネクタイをプレゼントするときの選び方

ネクタイ
本項では、ネクタイをプレゼントする際の選び方のコツを解説する。ネクタイの価格や色、贈る相手の年齢をもとに、失敗しないネクタイの選び方について知っていこう。

価格

ネクタイをプレゼントする場合、価格相場の平均は5,000~20,000円あたりとされている。その中でもとくにプレゼントにおすすめの価格帯は、10,000円あたりだろう。この価格帯のネクタイはバリエーションが豊富なので、好みの種類を選びやすいことがメリットだ。価格相場を知っておくだけでも種類を絞りこめるので、まず覚えておきたいポイントである。

せっかくネクタイをプレゼントするなら、贈る相手の着用シーンにぴったり合う色を選びたい。ネクタイは色によって相手に与える印象が変わる。いくつか例を挙げると、ブルー系のネクタイは誠実で知的な印象を与えられ、レッド系のネクタイは情熱的でやる気をしっかりアピールできる。
ブラウン系のネクタイは堅実で落ち着いた印象を与えられ、オレンジ系のネクタイは社交的でカジュアルなイメージが強くなる。このように、ネクタイの色が変わるだけでも、印象ががらりと変わることをよく頭に入れておこう。

贈る相手の年齢

贈る相手の年齢を考慮することも、ネクタイをプレゼントする際の基本である。ネクタイブランドには、メインターゲットとする年齢層がそれぞれあるので、年齢層に合ったブランド選びを心がけることが大切だ。

3. ネクタイをプレゼントする際の注意点

ネクタイ
続いて、ネクタイをプレゼントする際の注意点を、贈る相手別に解説する。せっかくの心のこもったプレゼントが、マイナスイメージを持たれないためにも、注意点はよく理解しておきたい。

彼氏にプレゼントする場合

ネクタイは彼氏へのプレゼントとしてぴったりである。ただし、自分の好みだけでデザインを決めることはおすすめできない。事前にそれとなく好きな色柄や素材についてリサーチしておけば、失敗が起こりにくいだろう。

上司や同僚にプレゼントする場合

上司や同僚にネクタイをプレゼントする場合は、少し注意が必要だ。その理由とは、前述したネクタイをプレゼントする意味である。せっかくのプレゼントが誤解を生む原因にならないように、渡し方を工夫することが重要だ。恋愛感情とは関係なく、日頃の感謝や尊敬の意味であることを事前に伝えておけば、ネクタイをプレゼントしてもトラブルが起こる心配はないだろう。

友達にプレゼントする場合

友達にネクタイをプレゼントする場合も同じく、細心の注意が必要である。理由も同様、気軽にネクタイを贈ったつもりが、思わぬ恋愛感情のトラブルにならないように、やはり事前に伝えておくことが無難だろう。とくに友人関係の場合、上司や同僚以上に意識されるケースが多いと考えられるので、関係を壊さないためにも、しっかり対応しておきたい。

4. プレゼントにおすすめのネクタイブランド

ネクタイ
本項では、プレゼントにおすすめのネクタイブランドを、年代別に紹介していこう。ネクタイブランドには、メインターゲットとする年齢層がある。その年代に合ったネクタイを選ぶことは、プレゼントするうえで外せないポイントといえるだろう。

20代男性向けのブランド

まず、20代男性向けのネクタイブランドを紹介する。

ポール・スミス(PAUL SMITH)

ポール・スミスは、イギリスで誕生したブランドである。日本ではバッグや財布などが人気だが、ネクタイも人気アイテムのひとつである。伝統的でクオリティの高い作りが魅力で、オシャレに敏感な20代でも飽きのこないデザインが揃っている。

バーバリー(BURBERRY)

バーバリーも同じく、イギリスで誕生したブランドである。1856年から続く老舗ブランドだが、時代が移り変わっても常に新鮮さを失わない、高いデザイン性が何よりの魅力だ。バーバリー・チェックと聞けば、多くの方がそのデザインをすぐ思い浮かべることができるだろう。

30代男性向けのブランド

続いて、30代男性向けのネクタイブランドを紹介する。

フェアファクス(FAIRFAX)

フェアファクスは、アメリカの伝統をベースに誕生した、日本のブランドである。ビジネスシーンでも使いやすい、上品なデザインのネクタイが揃っており、上質なハンドメイドの仕上がりが特徴だ。落ち着いた大人の雰囲気を演出できるので、30代の男性にぴったりといえるだろう。

ブリュワー(BREUER)

ブリュワーは、フランスで誕生したブランドである。創業から100年を超える老舗ブランドならではの、丁寧で伝統的な作りが特徴だ。豊かな自然を感じさせる色合いや、地中海を思わせる鮮やかなブルーなどが色味のコンセプトであり、スーツスタイルのアクセントにもぴったりだ。

40代・50代男性向けのブランド

最後に、40代・50代男性向けのネクタイブランドを紹介する。この年代では、大人の魅力を最大限に引き出せる、ハイブランドがおすすめだ。

エルメス(HERMES)

エルメスは、フランスで誕生したブランドである。唯一無二のファッションブランドとして、1837年の創業以来、常に時代の最先端を走っている。エルメスのネクタイは、見てわかるほどのハイブランド感は控えめだが、その品質はまさに逸品。プレゼントとして贈れば、きっと喜ばれるだろう。

アルマーニ(ARMANI)

アルマーニは、いわずと知れたイタリアを代表するブランドである。世界の著名人からも愛されるファッションブランドであり、ワンランク上の大人の着こなしをオシャレに演出できる。40代・50代男性にプレゼントするなら、若々しいイメージのエンポリオ・アルマーニよりも、貫禄のあるイメージのジョルジオ・アルマーニのネクタイを選びたい。

結論

ネクタイをプレゼントすることには意味があり、贈る相手によっては注意すべき点があることも理解してもらえただろう。しかしながら、多くの男性にとって、ネクタイのプレゼントは純粋にうれしいものである。シンプルにプレゼントとして喜んでもらえるように、選び方のコツや注意点はしっかり覚えておいてほしい。
  • 更新日:

    2022年6月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧