このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コーヒー

フレンチプレスを使ったコーヒーの入れ方 | 美味しくするコツは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月28日

コーヒーを入れる際に使う器具であるフレンチプレス。上からプッシュする形で抽出するのが特徴で、カフェなどで目にしたことがある方もいるだろう。簡単な手順でコーヒー豆そのものの風味を味わえることから、自宅でフレンチプレスを使う方が増えているという。今回は、フレンチプレスの魅力やフレンチプレスを使ったコーヒーの入れ方を紹介するので、自宅で美味しいコーヒーを楽しみたいならぜひチェックしてみてほしい。

  

1. フレンチプレスとは?

コーヒー
フレンチプレスとは、名前のとおりフランス生まれのコーヒー抽出器具だ。コーヒープレス、コーヒープランジャーなどと呼ばれることもある。ガラスポットに金属製のフィルターが付属した蓋がセットになっており、上にプランジャーと呼ばれる棒が付いている。ポットにコーヒー粉とお湯を入れ数分置いたのち、棒を押し下げることで、フィルターが下がりコーヒーを抽出する仕組みだ。
もともと日本では紅茶を入れるための器具として広がったため、フレンチプレスを紅茶用として使った経験がある方もいるだろう。次第に本来の使い方が認知され、今では家庭でも使えるコーヒー抽出器具として人気を集めている。コーヒー粉とお湯をしっかり混ぜて抽出するため、コーヒー豆本来の風味がそのまま出やすいのがフレンチプレスの大きな魅力である。

2. フレンチプレスでコーヒーを入れるメリット

コーヒー
フレンチプレスで入れたコーヒーは、ドリップで入れたコーヒーとどんな点が違うのだろうか。フレンチプレスでコーヒーを入れるメリットを解説しよう。

操作が簡単

フレンチプレスの操作は、ポットにお湯とコーヒー粉を入れて数分待ったのち、フィルターを下げるだけと簡単だ。あとは、ポットから直接カップに注ぐだけである。数回に分けてゆっくりとお湯を注ぎこむハンドドリップに比べ、手間やテクニックは必要ない。分量と待ち時間さえ正確なら、誰でも簡単に本格的なコーヒーを入れることができるのだ。

美味しいコーヒーが抽出できる

フレンチプレスはお湯とコーヒー粉をじかに混ぜるため、コーヒー豆本来の味をダイレクトに抽出することができる。紙でろ過するドリップに比べ、豆の香りや苦み、雑味がしっかり溶けだした風味豊かなコーヒーが味わえるのだ。そのため、新鮮な豆や生産者のこだわりが強い豆であるほど、フレンチプレスで抽出することでより豆の個性を感じられるだろう。

コーヒーオイルを含んでいる

コーヒー豆に含まれるコーヒーオイルは、味や香りを左右する成分ともいわれる。紙のフィルターの場合、コーヒーオイルはろ過されてすっきりとした味わいになる。対してフレンチプレスのフィルターは金属製であり目が荒いため、コーヒーに含まれる油分もそのまま抽出される。コーヒーオイルをたっぷり含んだコク深いコーヒーができあがるのも、フレンチプレスならではだ。

3. フレンチプレスを使ったコーヒーの入れ方

コーヒー
ここでは、フレンチプレスを使った基本のコーヒーの入れ方を説明していこう。

準備するもの

  • フレンチプレス本体...フレンチプレスには1~2人用から5~6人用までさまざまなサイズがある。飲みたい量に合ったサイズのフレンチプレスを用意しよう。
  • コーヒー粉...フレンチプレスには中挽き~粗挽きにしたコーヒー粉を使う。あまり細かく挽きすぎると、コーヒー粉がフィルターを通過して大量に混ざってしまうので注意しよう。
  • お湯...コーヒー粉12~13gに対し、お湯160ccが1杯分の目安だ。人数分のお湯を用意しておこう。

    フレンチプレスの使い方

  • あらかじめ温めておいたポットにコーヒー粉を入れる
  • コーヒー粉に合わせた分量のお湯を注ぐ
  • 粉の乾いた部分がなくなるまでしっかり混ぜる。ヘラなどを使ってもよい
  • フィルターを上げた状態で蓋を閉めて、4分ほど待つ
  • 4分経ったらフィルターをゆっくり押し下げ、カップに注げば完成

4. フレンチプレスで美味しいコーヒーを入れるコツ

コーヒー
フレンチプレスで美味しいコーヒーを入れるために、以下のようなコツも知っておくとよいだろう。

コーヒーやお湯の量をきちんと量る

テクニックのいらないフレンチプレスだからこそ、コーヒー粉やお湯の分量が正確であることが大切だ。コーヒーとお湯の配分が少し違うだけで味が大きく変わる場合もあるので、計量スプーンやスケールを使ってきちんと量るようにしよう。

お湯は沸騰直後のものを使用する

コーヒーのフレーバーをしっかり抽出するには、お湯の温度はできるだけ高いほうがよいとされる。沸騰してから時間が経ったお湯ではなく、沸騰直後のお湯を使うのがおすすめだ。

フレンチプレスのコーヒーを全て注がない

フレンチプレスの金属製フィルターは、コーヒーの微粉末をある程度通過させてしまう。そのためポットの中身を全て注ぎ切ると微粉末が多く混ざってしまい、喉ごしや後味に影響が出ることがある。好みにもよるが、全て注ぎ切らず少量をポットの底に残しておくのがコツだ。

抽出後はフィルター洗浄する

使用後のフィルターにはコーヒーの粉や油分が付着している。これをしっかり洗わないとニオイが残り、次に使うときにコーヒーの香りに混ざってしまう。使用後には、できるだけ香りの弱い洗剤でその都度洗浄するようにしよう。

結論

誰でも手軽にコーヒー豆本来の味を楽しめるのがフレンチプレスだ。お湯を注いで4分待つだけなので、忙しい朝にちょっと贅沢なコーヒーを飲みたいときなどにもおすすめである。ボタムやハリオといったメーカーからは、インテリアになるようなオシャレなフレンチプレスも多く販売されている。お気に入りのデザインを見つけて、コーヒータイムを楽しんでみてはいかがだろう。
  • 更新日:

    2022年6月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧