このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ダイエット

短期ダイエットとは?短期痩せのメリットやデメリットを詳しく解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月23日

ダイエットを始めたいと思う方の多くが望むことといえば、いかに短期間で痩せられるかという点ではないだろうか。短期ダイエットにはさまざまな方法が紹介されているが、メリットがあればデメリットがあることも事実である。短期ダイエットに関するさまざまなポイントを理解して、健康的に実践してもらいたい。

  

1. 短期ダイエットとは?

疑問
はじめに、短期ダイエットとはどのようなダイエットなのか、基本的な特徴から解説していこう。一般的にダイエットといえば、食事制限や運動などを生活に取り入れて、長期間で行っていくものだが、短期ダイエットの場合、1~2週間あたりを目安に行えることがポイントである。
ただし、いくら短期間とはいえ、決して断食などを行うわけではない。例を挙げると、夕食をプロテインやスムージーなどに置き換える方法をはじめ、日々の食事では脂質や糖質を控え、タンパク質や食物繊維を積極的に摂ること、また適度に運動を取り入れる方法などが紹介されている。
例を見ると、短期ダイエットは、一般的なダイエットにも共通する点が多いことがわかるだろう。短期ダイエットのポイントは、いかに栄養バランスを崩さないように短期間で痩せられるか、ということなのだ。

2. 短期ダイエットのメリット・デメリット

ダイエット
本項では、短期ダイエットのメリットやデメリットについて解説していこう。短期ダイエットでは、すぐに効果を実感しやすい分、注意しておきたい点もある。実践する前に、それぞれをしっかり理解しておきたい。

メリット:集中して痩せられる

短期ダイエットの大きなメリットといえば、集中して痩せられることである。自分で期間を設定して、目標体重に向けてダイエットに取り組めるので、頑張った分の成果が出やすいのだ。とにかく短期間で体重を落としたいという方に、適したダイエットといえるだろう。

デメリット:リバウンドしやすい

短期ダイエットは短期間で成果が出やすい分、リバウンドしやすいことが挙げられる。いくらすぐに体重が落ちても、体脂肪はすぐに落ちるものではない。一時的な体重の減少で気が緩んでしまい、すぐに元の体重に戻ったり、反対に以前よりも太ってしまうケースは珍しくないのだ。短期ダイエットを行う中で普段の食事や運動を見直し、自然と習慣化させていくことを意識したい。

3. 短期ダイエットでリバウンドしない方法

ダイエット
短期ダイエットではリバウンドが起こりやすいことを解説したが、しっかり対策すれば予防することはできる。本項では、短期ダイエットの際のリバウンド対策法を、ふたつ紹介していこう。

その1.無理な食事制限はしない

早く痩せたいからと、無理な食事制限を行うのはNG。無理な食事制限はリバウンドの可能性を高めるだけでなく、より太りやすい体質を作る原因にもなってしまう。それだけでなく、体調不良や肌トラブルなど、さまざまな問題も引き起こしやすく、あまりにデメリットが多い。無理なくダイエットに取り組めるように、常に栄養バランスを意識しながら食事制限を行っていきたい。

その2.無理な減量目標を立てない

無理な減量目標を立てないことも、短期ダイエットの際はとくに意識したいポイントである。短期間で急激な減量を行うと、身体が飢餓状態になり、脂肪を溜め込みやすくなってしまうのだ。必ず無理のない範囲で減量目標を立て、健康的に短期ダイエットに取り組んでいこう。

4. 【期間別】1kg痩せるためのポイント

体重計
最後に、1kg痩せるためのポイントを期間別に解説していこう。1kg痩せるだけと聞くと簡単なことにも思えるが、本項で解説するポイントは、一時的な体重の減少とは意味合いが異なる。リバウンドのない短期ダイエットを行うために、しっかり頭に入れておいてほしい。

1週間の場合:1日1000kcal以上減らす

1週間で1kg痩せることを目標に短期ダイエットを行う場合、1日の摂取カロリーを1000kcal以上減らすことが必要である。30~49歳の男性の場合、身体活動レベルなどによって1日の推奨摂取カロリーは異なるが、平均すると2700kcalあたりとされている。つまり、これで1000kcal減らして1日1700kcalあたりに抑えれば、1週間で1kg痩せることができるのだ。ただし、摂取カロリーを減らすほど、効果に期待できるものではないことは忘れずに。最低でも基礎代謝の分はカロリーを摂取することを意識しながら、カロリーコントロールを行っていこう。
基礎代謝とは、人間が活動するために必要最低限のエネルギーのことを指す。1日の摂取カロリーが基礎代謝量を下回ると、太りやすい体質になったり、体調不良を引き起こしたりと、さまざまなデメリットが生じる可能性があるのだ。こちらも体重などにより個人差はあるが、30~49歳の男性の場合、基礎代謝量は1530kcalあたりとされている。自分の基礎代謝量を把握したうえで、短期ダイエットに取り組みたい。

1カ月の場合:1日240kcal以上減らす

続いて1カ月で1kg痩せることを目標に短期ダイエットを行う場合、1日の摂取カロリーを240kcal以上減らすことが必要である。240kcalは、食べ物で表すとお茶碗にご飯1杯分程度のカロリーだ。1日にご飯1杯を我慢するだけでも、ダイエット効果を得られることがわかるだろう。

結論

短期ダイエットでは、リバウンドが起こりやすいというデメリットがあるものの、正しい方法で行えば、健康的にダイエット効果が得られる方法であることを、理解してもらえただろう。結果的に長期的なダイエットへと自然に移行できるように、まずは短期ダイエットから食事や運動を見直してみよう。
  • 更新日:

    2022年6月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧