このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フルーツ

フルーツダイエットとは何か?フルーツを食べるときのポイントも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年6月22日

ダイエットには多くの方法が紹介されているが、フルーツを食べることでダイエット効果を得られる、フルーツダイエットなる方法をご存じだろうか。本記事では、フルーツダイエットの基本から正しいやり方のポイントまで、さまざまな点を詳しく解説していこう。

  

1. フルーツダイエットとは?

疑問
フルーツダイエットとは、普段の食事にフルーツを取り入れて行うダイエットである。これだけ聞くと、本当に効果があるのかと疑問に思えてしまうが、正しい方法で行えば、健康的にダイエット効果を得られるのだ。フルーツダイエットとはいえ、フルーツだけを食べる偏った食事制限というわけではない。食事は普段通りのメニューをベースにすることがポイントで、とくに朝食時に意識してフルーツを取り入れるようにすれば、より高い効果が期待できるだろう。ダイエット初心者でも試しやすい気軽さが魅力で、フルーツならではの高い栄養価により、健康面の改善が見込めることも特徴だ。

2. フルーツの栄養面の特徴

オレンジ
本項では、フルーツの栄養面の特徴について解説する。フルーツは食物繊維やビタミン類など、各種栄養素が豊富に含まれている食品だ。フルーツに含まれる栄養素それぞれのダイエットとの関わりを知り、フルーツダイエットに役立ててみよう。

その1.糖質や食物繊維を含んでいる

適度な糖質は、人間が活動するうえで必要不可欠であり、食物繊維はダイエットに欠かせない栄養素である。果物にはこれらの栄養素が豊富に含まれているので、ダイエット中の栄養補給にもぴったりだ。糖質制限という言葉があるように、ダイエットでは糖質を控えるべきとされているが、フルーツに含まれる糖質は自然由来の果糖であり、身体に蓄積されにくく、血糖値も上がりにくいことが特徴である。また、消化スピードが遅いことから、腹持ちのよさもメリットとして挙げられるので、積極的に取り入れてもOKなのだ。ただし、食べすぎは糖質やカロリーの過剰摂取の原因となるので、適量を守って食べることを心がけたい。

その2.ビタミンCやカリウムを摂れる

ダイエット中に進んで摂りたい、ビタミンCやカリウムといった栄養素も、多くのフルーツに含まれていることが特徴だ。ビタミンCは細胞の代謝を高め、脂肪の蓄積を防ぐ役割を持ち、カリウムは体内に取り込まれた余分な塩分や毒素を排出して、むくみを改善させる効果がある。フルーツを食べることで、これだけ身体にうれしい効果が期待できることを、理解してもらえただろう。

3. フルーツダイエットにおすすめの果物

キウイ
フルーツダイエットは多くのフルーツで実践できるものの、実は向き・不向きがあることも知っておこう。実際にフルーツダイエットを実践する前に、確認しておいてほしい。

ダイエットに向いているフルーツ

フルーツダイエットに向いているフルーツとしては、キウイやいちご、柑橘類が挙げられる。キウイはビタミンCやビタミンE、食物繊維が豊富に含まれており、ダイエットにぴったりのフルーツだ。いちごも同じく、ビタミンCと食物繊維が豊富に含まれており、ダイエット向きといえるが、ついつい練乳をかけたり、ケーキと一緒に食べないように注意。これでは余分な糖質を摂る原因になってしまう。グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類は、とくにビタミンCが多く含まれていることが特徴であり、それぞれ味が異なることから、日替わりで楽しめる点もおすすめできる。

ダイエットに向いていないフルーツ

対して、フルーツダイエットに向いていないフルーツとしては、バナナやりんご、アボカドが挙げられる。どれも栄養価の高いイメージのフルーツだが、注意点は覚えておく必要がある。バナナは食物繊維が豊富で、ダイエットにも推奨されるフルーツではあるが、糖質が高いため、3本、4本と食べ進めてしまうと、結果太ってしまう原因になるケースもある。りんごは高カロリーで糖質も高い割に、ビタミンCがほとんど含まれていない点が、大きなデメリットといえる。アボカドは森のバターとも呼ばれ、上質な脂質が摂れるフルーツとして認知されているが、100gあたり187kcalと高カロリーなので、ダイエット中は控えるのが無難だろう。

4. フルーツダイエットを行う際の注意点

医者
最後に、フルーツダイエットを行う際の注意点について解説する。正しいやり方をしっかり押さえて、失敗なくフルーツダイエットを実践してもらいたい。

その1.1日あたり200gまでにする

フルーツダイエットでは、1日のフルーツの摂取目安量は定められていないものの、1日のビタミンCの摂取目安量から逆算することが可能だ。1日のビタミンCの摂取目安量は100mgとされているが、フルーツ100gあたりのビタミンCの含有量は、キウイで69mg、いちごで62mg、オレンジで60mgとなっている。ほかの各種ビタミンや食物繊維も摂ることを考えると、1日200gのフルーツを食べるように調整すればよい。

その2.できるだけ加工食品は避ける

フルーツダイエットは、フルーツを取り入れるダイエットだが、そこにジャムや缶詰、ドライフルーツなどの、加工食品は含まれていないので注意しよう。これらの加工食品には砂糖が多く添加されているので、食べるほどにカロリーの過剰摂取につながり、糖質もオーバーしやすくなるのだ。

結論

フルーツダイエットは、誰でも気軽に試せるダイエットであることに加え、食べることを我慢する必要もないので、ストレスなく継続しやすい点も大きなメリットといえるだろう。これから新たにダイエットを始めようと考えている方は、まずはいつもの食事に、フルーツをプラスすることから始めてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年6月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧