このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツ

ネクタイのプレーンノットの結び方!ディンプルの作り方のコツも解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月18日

プレーンノットは、ネクタイの基本の結び方だ。スーツの襟元は、相手に与える印象を変える重要なコミュニケーションツールなので、大人の身だしなみの第一歩としてぜひ正しいやり方を身につけておきたい。この記事では、さまざまなシーンに合うプレーンノットをはじめ、そのほかのネクタイの結び方についても紹介していく。

  

1. ネクタイのプレーンノットとは?

ネクタイ
ネクタイの結び方には複数の種類があるが、基本とされているのは結婚式やビジネスなど幅広いシーンで活躍するプレーンノットだ。さまざまなシャツに合わせやすいうえ、比較的結び目が小さく、すっきりしたキレイなラインを見せてくれる王道スタイルである。ここでは、スーツを着るうえでまず覚えておきたいプレーンノットについて見ていこう。

プレーンノットの結び方

ネクタイの結び方の中では最も簡単といわれるプレーンノットの、やり方の手順を紹介する。
  • 幅の広い大剣側が少し長めになるようにネクタイを首へ回す。
  • 大剣が小剣の上に来るように、ネクタイのつなぎ目あたりでクロスさせる。
  • 小剣を大剣で巻くように、後ろから一周まわす。
  • 首元のループをくぐるように大剣を下から通す。
  • 3のときにできたループへ大剣を通す。
  • 大剣を引きながら形を整える。
  • 小剣を引いて結び目の位置を調整する。

キレイなディンプルの作り方

ディンプルは、ネクタイの結び目部分に作るくぼみのことだ。指で折り目をつけて、ネクタイの根元からくぼみができるように結ぶのがコツである。ディンプルは弔事には不向きなので、シーンに合わせてスタイリングしよう。

2. ネクタイの適切な長さ

スーツ
ネクタイには、最適な長さがあることをご存知だろうか。長すぎるネクタイはだらしない印象を与え、短すぎるネクタイはラフなカジュアルさが際立ってしまう。さまざまなTPOに対応する万能なプレーンノットでも、長さを間違えれば相手に悪い印象を与えてしまう可能性があるのだ。マナーを守ってスタイリッシュにスーツを着こなすには、ネクタイの先端がベルトのバックル部分くらいになるよう調節するとよいだろう。

長いときや短いときの直し方

ネクタイが長いときや短いときは、シャツのボタンを目安に位置を調節するとよい。3番目と4番目のボタンの間にネクタイの縫い目が来るようにプレーンノットで結ぶと、ちょうどよい長さになるのだ。大剣の剣先がバックルの中心に来るように、あらかじめ長さを調節してプレーンノットを作るのもポイントである。

3. プレーンノット以外のネクタイの締め方

スーツ
ここでは、基本のプレーンノット以外のネクタイの締め方を、与える印象とともに解説していく。

セミウィンザーノット

厚手のネクタイや襟の開きが広いシャツとバランスのよいセミウィンザーノットは、正三角形のような結び目が特徴だ。存在感が出るので、より強く印象付けたい就活や商談などのシーンにおすすめの結び方である。
  • 長めにとった左手側の大剣を、右手側にある小剣の上からとクロスさせて後ろにまわす。
  • 大剣を首元のループに前から被せるように通す。
  • 大剣を前から右手側にまわし、下から首元のループに通していく。
  • 大剣と小剣でできた輪へ大剣の先を通す。
  • 大剣を引いて結び目を整える。

ウィンザーノット

ウィンザーノットは、襟が大きいシャツやワイドカラーによく合い、就活や商談などのビジネスシーンにも最適である。セミウィンザーノットより大きい結び目がバランスよく見せてくれるため、大柄の男性にもおすすめだ。
  • 右手側の小剣を短めにとり、左手側の大剣を上から交差させる。
  • 大剣を、右手側の首元のループに下から通す。
  • 大剣を、小剣の後ろを通るように左手側にまわし、首元のループに上から通していく。
  • ループに通した大剣を、小剣の前を通るように左手側に回す。
  • 左手側の首元のループに、下から大剣を通し、4のときにできた輪へ大剣を通す。
  • 結び目を整える。

ダブルノット

ダブルノットは、結び目が縦に長くなる結び方だ。体型やシャツの種類を選ばず、ビジネスやフォーマルシーンにも適している。プレーンノットと同じく比較的安易に結べるので、初心者でもチャレンジしやすいだろう。
  • 左手側の大剣を長めにとり、右手側の小剣の前を通るように交差させる。
  • 小剣を軸にし、大剣を2周させていく。
  • 大剣を、右手側の首元のループに通す。
  • ループから出した大剣を、2でできた輪へ通していく。
  • 結び目が硬くなるように調節して形を整える。

エルドリッジノット

エルドリッジノットは、編み込んだような結び目が特徴のスタイルだ。華やかで凝った印象を与えてくれるため、結婚式などのパーティーシーンにおすすめの結び方である。
  • 左手側の小剣を、右手側の大剣の上に来るようにクロスさせる。
  • 大剣の周りを一周させた小剣を、首元のループ部分へ上から下に通す。
  • ループを通した小剣を、大剣の上を通るように右手側に持っていく。
  • 今度は、小剣を首元のループに下から上に向かって通す。
  • ループの上から出した小剣を、大剣の下を通してもう一周させ、そのときにできたループへ下から差し込む。
  • 小剣を左手側の首元のループに一周巻きつけ、再び上からループを通して反対側の首元へ下ろす。
  • 6でできた輪の中へ小剣を差し込む。
  • 短くなった小剣を首の後ろ側で隠して襟を下ろす。

トリニティノット

トリニティノットは、3つの部位が連なっているように見える結び方だ。結び目にボリュームが出るため、襟の開きが広いシャツより狭いシャツに合わせる方がすっきりして見える。エルドリッジノットと同様、結婚式のような華やかな場面に合わせるのがおすすめだ。
  • 長めにとった小剣(右手側)を大剣(左手側)の上に重ねてクロスさせる。
  • 下から上へ、小剣を首元のループに通す。
  • 小剣を、大剣を軸に右手側から左手側に一周させる。
  • 今度は小剣を上から下に向かって首元のループに通す。
  • 小剣を、再び大剣を軸に右手側から左手側に一周させる。
  • 左手側に来た小剣を、下から上へ向けて首元のループに通す。
  • 5でできた輪の中に、上から小剣を差し込む。
  • 小剣を再び時計回りで1周させ、その時にできた輪に小剣を通す。
  • 短くなった小剣を首の後ろに隠し、結び目や大剣の先端の位置を調節する。
  • 結び目部分の3つのラインがキレイに均等になっているか確認して完成。

クロスノット

プレーンノットと同じシルエットで、結び目に斜めのラインが1本入るのがクロスノットだ。シンプルな見た目に反してやや難易度が高く、ネクタイに慣れている中級者以上の方向けの結び方である。
  • 長めにとった右手側の小剣を、左手側の大剣の上に来るように交差させる。
  • 大剣を軸に、小剣を2周する。
  • 小剣が右手側から左手側へ来るように、首元のループを上から下へ通す。
  • ループを通した小剣を、2でできた輪の中に上から通していく。
  • 小剣が大剣の下に重なるように形を整える。

スモールノット

スモールノットは、コンパクトな結び目が特徴のスタイルだ。大柄な体型の方に合う結び方で、襟の開きが狭いシャツと厚手のネクタイに合わせるとバランスよくまとまる。
  • 小剣が右手側に来るようにネクタイを首にかける。
  • 小剣の縫い目がおもてを向くように捻り、大剣を軸に時計回りで一周させる。
  • 小剣を、首元のループに下から通し、そのまま結び目の中を通して下ろす。
  • 結び目の形や位置を整える。

ブラインドフォールドノット

結び目が隠れて見えないブラインドフォールドノットは、フォーマルなシーンにおすすめの結び方である。一見難易度が高いように見えるが、やり方はプレーンノットとほとんど変わらないので初心者にもおすすめだ。
  • プレーンノットの結び方を最後まで行う。
  • 大剣と小剣を一緒に重ね、首元のループを下から上へ通す。

ノンノット

斜めのラインが美しいノンノットは、お祝いの席に適した華やかなイメージの結び方だ。難易度はやや高めで、ネクタイを結び慣れている方向けのスタイルである。
  • 小剣(右手側)を長めにとり、大剣(左手側)の上を通るようにクロスさせる。
  • 首元のループ(左手側)に下から上へ小剣を通す。
  • ループを通った小剣が今度は大剣の下を通るように、反時計回りで一周させる。
  • 再び、小剣を首元のループ(右手側)に下から通す。
  • ループを通った小剣が大剣の下を通るように反対側へ移動させる。
  • 右手側に来た小剣を、上から首元のループへ通す。
  • 小剣を、中心部の結び目に通していく。
  • 大剣が小剣の上に重なるように形を整える。

結論

ネクタイの基本の結び方であるプレーンノットは、ビジネスやフォーマルなどさまざまなシーンで活躍する万能なスタイルだ。ネクタイには、ほかにも複数のアレンジされた結び方がある。かっこよくスーツを着こなすためにはTPOに合わせた結び方を選ぶことが重要なので、状況や目的に応じてチャレンジしてみてほしい。
  • 更新日:

    2022年7月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧