このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ツーブロック

女子ウケするってほんと!?ビジネスシーンでも合わせやすい『ショート×ツーブロック』のオーダーポイントとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月12日

メンズヘアスタイルの定番であるショートヘアは、ツーブロックとの組み合わせが相性バツグンだ。しかしツーブロックと聞いても、初めての場合は抵抗感があるかもしれない。そこで本記事では、初めての方にもわかりやすく、ショートとツーブロックの組み合わせに関する、さまざまなポイントを詳しく解説していこう。

  

1. ツーブロックの基本をおさらい

基礎
はじめに、ツーブロックの基本をおさらいしておこう。ツーブロックとは、髪のトップを長めに残し、サイドやバックを短く刈り上げて、境目に段差を付けたヘアスタイルを指す。境目の段差は、はっきりとわかりやすく付けるだけでなく、一見ではツーブロックとわからない程度にも調整でき、ヘアスタイルに制限があるようなシーンでも使える、汎用性の高さが特徴だ。また、ツーブロックにすることで、丸顔をすっきりと見せる効果にも期待できる。メンズのショートヘアだけでなく、レディースのヘアスタイルにも取り入れられるなど、幅広く人気が高い。
ツーブロックに似た言葉に刈り上げというものがあるが、刈り上げの場合は、髪の上下の長さが徐々に変わっていくように仕上げるので、境目に段差が付かないことが特徴だ。ツーブロックでもカットの工程で刈り上げを使うことはあるが、ヘアスタイルとしてのツーブロックと刈り上げは、それぞれ似て非なる意味を持つので、頭に入れておこう。

2. ショート×ツーブロックのヘアカタログ集

ツーブロック
本項では、メンズのショートとツーブロックのヘアカタログ集として、おすすめのヘアスタイルをいくつか紹介する。いずれもショートとツーブロックの組み合わせの定番なので、カジュアルシーンやビジネスシーンを問わず、楽しめる点が魅力的だ。初めての方はぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

その1.アップバングスタイル

アップバングとは、前髪(バング)を上げる(アップ)という意味を持つ、メンズヘアスタイルだ。顔をはっきりと見せられるので、さわやかな清潔感をアピールでき、加えて男らしいワイルドさも演出できる。サイドを思い切って短めにカットすれば、より見た目の印象がよい。全体的なボリュームが出にくい場合は、軽くパーマをかけるのもおすすめだ。

その2.ソフトモヒカンスタイル

モヒカンと聞くと、どこかパンクなイメージを持つ方もいるかもしれないが、ソフトモヒカンであれば仕上がりがやわらかく、ツーブロックとの組み合わせも好相性だ。ツーブロックの段差は、軽く入れるだけでも清潔感がアップするので、ぜひ取り入れたい。また、トップの髪は自然と立ち上げる程度でOKだ。

その3.ピンパーマスタイル

ピンパーマは、パーマをかける際にロッドを使わないので、ショートヘアでも問題なくかけられる点が特徴だ。いつものショートヘアに軽くツーブロックを入れて、ピンパーマで仕上げれば、一見ではパーマスタイルに見えないほどの、ナチュラルなメンズヘアスタイルに決まる。

3. 美容室でのオーダー方法のポイント

美容院
美容室でのオーダー方法のポイントを押さえておけば、失敗のリスクを大きく下げられる。理想のヘアスタイルを実現するために、しっかり覚えておきたい。

その1.希望のヘアスタイルを伝える

まず、自分が希望するヘアスタイルを、しっかり伝えることが重要だ。ここで相手に希望が伝わらないと、完成後に後悔してしまうことも。口では上手く説明しにくい場合は、写真を持ち込むのもおすすめの手段である。理想のヘアスタイルの写真を、前からだけでなく、各アングルから撮ったものを用意できればベスト。とくにショートとツーブロックの組み合わせの場合、段差の長さによって印象が大きく変わるので、よく意識しておきたい。

その2.NGポイントも共有しておく

なりたいイメージを伝えるだけでなく、NGポイントも同時に伝えておけば、より理想に近づきやすい。カットの長さやパーマの強さなど、これはやめてほしいという部分を伝えれば、少なくとも失敗は起こらないといえるだろう。

その3.普段のスタイリングも相談する

日々のスタイリングは、メンズ・レディースを問わず、ヘアスタイルをオシャレに見せるための大切なポイントだ。自分に合うセット方法をはじめ、髪や顔まわりの悩みがあれば、できるだけ具体的に伝え、情報を共有しておきたい。髪質や顔の形などによって、相性のよいスタイリングは異なるので、普段のスタイリングを相談することも忘れずに。

4. 刈り上げないツーブロックもおすすめ

ヘアカット
ショートとツーブロックの組み合わせでも、よりナチュラルな仕上がりのメンズヘアスタイルを求める方には、刈り上げないツーブロックをおすすめしたい。たとえば、極端なツーブロックでは、職場によっては認められないケースも珍しくない。しかし刈り上げないツーブロックであれば、ほどよいメンズヘアスタイルのアクセントになり、とくにビジネスシーンにぴったりの見た目に仕上がるのだ。もちろんカジュアルシーンでもトレンドとして注目を浴びるスタイルなので、ぜひ参考にしてみよう。

結論

ショートとツーブロックの組み合わせは、カジュアルシーンだけでなく、ビジネスシーンでも合わせやすいメンズヘアスタイルであることを、知ってもらえただろう。同じショートがベースでも、カットやセットの方法によって印象を変えられるので、普段ショートヘアの方は、ぜひツーブロックにもトライしてみてほしい。
  • 更新日:

    2022年9月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧