このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツ

『あの色のスーツ』を着るだけで「好印象」!?メリットが多い「あの色のスーツ」とは?選び方のコツもご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月14日

ブラウンスーツは、ネイビーやグレーなど、一般的な色のスーツに比べると、着ている方をあまり見かけないだろう。しかし実は、大人の落ち着きを演出できる、オシャレなスーツであることを知ってもらいたい。本記事では、ブラウンスーツの基本や選び方のコツなど、着こなしのヒントになるポイントを、詳しく解説していこう。

  

1. ブラウンスーツとは?

スーツ
はじめに、ブラウンスーツとはどのような特徴があるのか、基本的な部分から解説する。ブラウンスーツは、アースカラーのひとつであるブラウンを取り入れたスーツであり、ほかの色にはないやわらかい雰囲気や、落ち着きのある印象を与えられることが特徴だ。
ほかにブラウンスーツの抽象的なイメージとしては、安心感や温もり、堅実さや穏やかさなどが挙げられ、とくにビジネスシーンで好印象を与えられる印象が多い。またブラウンスーツは、スーツのトレンドカラーとしても常に注目を浴びる種類なので、ぜひスーツスタイルのバリエーションに加えてみてはいかがだろうか。

2. ブラウンスーツを選ぶときのポイント

スーツ
ブラウンスーツにもさまざまな種類がラインナップされているので、初めてブラウンスーツを手にとる方は、どれを選ぶべきか悩んでしまうものだ。ブラウンスーツの着こなしを知る前に、まずはブラウンスーツを選ぶときのポイントを確認していこう。

その1.ベーシックな無地は着こなしやすい

ブラウンスーツで人気の柄といえば、ビジネスシーンでも定番のストライプ柄をはじめ、カジュアルなスーツコーデが楽しめるチェック柄が挙げられる。しかし、ストライプ柄であれば線の太さや間隔の広さにより印象が変わり、チェック柄であれば柄の大きさにより印象が変わるように、着用シーンも踏まえて、気にしなければいけない点が多くなってしまうことは事実である。
そこでおすすめしたいのが、ベーシックな無地のブラウンスーツだ。どのスーツカラーにも共通する点ではあるが、無地の場合は好みが分かれることがなく、着用シーンも限定されにくいことがメリットである。初めてブラウンスーツを選ぶときは、まずは着こなしやすい無地を手にとってみよう。

その2.スリーピースで合わせるのもよい

せっかくブラウンスーツにトライするのであれば、スリーピースも視野に入れてみてはいかがだろうか。スリーピースとは、スーツのジャケット・ベスト・スラックスが、すべて同じタイプで3点揃ったスーツのことを指す。スリーピースは、もとはイギリスで誕生したスーツの伝統的な着こなしであり、ほかの色とはひと味違う、ブラウンスーツとの相性もぴったりだ。ただし、スリーピースは立場が上の人間という印象を持たれやすく、着用シーンによっては、控えた方が無難な場合もあるので、初対面の相手と会う際や、就職活動などの際は注意が必要である。

3. ブラウンスーツを着るときのポイント

革靴
ブラウンスーツの着こなしでは、合わせるシャツやネクタイ、靴なども見た目を決める重要な部分となる。ブラウンスーツを着るときのポイントとして、それぞれしっかり頭に入れておきたい。

その1.シャツは青色や白色などがおすすめ

ブラウンスーツは温かみのある色のため、さわやかな印象をプラスしたい場合には、青色のシャツとの組み合わせがおすすめだ。清涼感に加え、上品な印象も与えられ、スーツコーデがキレイにまとまる。また、白色のシャツとの組み合わせは、通年で着こなしやすいだけでなく、誠実な印象を与えられるので、とくにビジネスシーンと好相性だ。また白色シャツは、ネクタイの色柄を引き立てたいときにもぴったりである。

その2.ネクタイは落ち着いた色がおすすめ

ブラウンスーツに合わせるネクタイは、明るい色よりも、落ち着いた色をおすすめしたい。例を挙げると、ネイビーやグレー、ボルドーやダークグリーンなどがよく合うだろう。また、あえてブラウンスーツと同系色の、ブラウン系のネクタイを選んで、ワントーンコーディネートを楽しむのもオシャレである。

その3.靴やベルトは茶色で統一感を出そう

せっかくシャツやネクタイをこだわって選んでも、靴やベルトの色が合っていないと、コーデの全体的なバランスが崩れてしまうので注意したい。靴やベルトはブラウンスーツと同系色を選び、統一感のあるコーデを心がけたい。

4. ブラウンスーツを着るときの注意点

スーツ
最後に、ブラウンスーツを着るときの注意点も押さえておこう。一般的なスーツとは少し異なる色なので、注意点を知っておかないと、印象が悪くなってしまうことも。着こなしのポイントに加え、こちらも覚えておいてほしい。

その1.悪目立ちしないファッションにしよう

ブラウンスーツは少数派のスーツともいえることから、あまり主張の強いコーデだと、悪目立ちしてしまう可能性も考えられる。とくにスーツに慣れないうちは起こりやすい失敗なので、慣れるまでは同じブラウンスーツでもダークトーンを選ぶなど、初めてでも扱いやすい種類を手にとってみよう。

その2.自分の体型に合うスーツを着よう

ブラウンスーツに限ったことではないが、自分の体型に合うスーツを着ることは、スーツコーデの基本中の基本である。いくら色柄のバランスが合っていても、サイズ感が合っていないとオシャレなコーデとはいえない。スーツを選ぶ際は、目視で選ぶのではなく、入念にフィッティングを行ってから購入することを忘れずに。

結論

ブラウンスーツには安心感や落ち着きのある印象があり、ビジネスシーンにも合わせやすいことを知ってもらった。慣れるまではコーデの難易度が高いイメージを持つかもしれないが、ポイントさえ押さえておけば、誰でもオシャレな着こなしができる。これから新たなスーツの購入を考えている方は、ぜひブラウンスーツも検討してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年9月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧