このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
日本が誇るウイスキー【山崎】の魅力に迫る。山崎はいかにして世界の頂点に立ったのか

日本が誇るウイスキー【山崎】の魅力に迫る。山崎はいかにして世界の頂点に立ったのか

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年3月31日

ウイスキー山崎とは、サントリーが製造、販売している日本で作られたウイスキーだ。さらにこのウイスキー山崎のすごいところは、何といっても世界最高のウイスキーに輝いた実績があるからだ。そんなウイスキー山崎の魅力について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウイスキー山崎とは

ウイスキー『山崎』は1984年からサントリーが製造を始めたシングルモルトウイスキーだ。シングルモルトウイスキーとは、大麦麦芽のみから作られたウイスキーの一種で、さらにひとつの蒸留所で作られたウイスキーのことを指す。この山崎の作られた山崎蒸留所は大阪にあり、ウイスキー作りには欠かせない名水の地に建てられている。ウイスキーは蒸留所の地域や風土によって味わいが違うのも特徴だが、山崎は濃厚な甘さと深みのある味わいが特徴で、とくにジャパニーズウイスキーらしい花や果実のような華やかな芳醇な香りが楽しめるのが人気の秘訣だ。

2. ウイスキー山崎の種類を見てみよう

『山崎』シリーズからは、期間限定や不定期発売なども含めれば様々な種類が発売されているが、定番品といえるのは『山崎(ノンエイジ)』『山崎12年』『山崎18年』『山崎25年』の4種類だ。熟成された年数によって種類が分かれる。たとえば通常(ノンエイジ)の山崎は、日本特有のミズナラ樽原酒がブレンドされたやわらかで華やかな香りで、口あたりも甘くなめらかなのが特徴だ。

さらに12年以上の熟成を経た『山崎12年』は繊細かつ複雑で深みのある味わいが特徴で、甘いバニラのような心地よい余韻に浸れる味わいが人気だ。ちなみに山崎12年は、国際的なウイスキーコンテストでも多くの受賞歴のある逸品で、インターナショナル・スピリッツ・チャレンジで金賞4回、サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションで2度最優秀賞にノミネートされている。まさに「世界を制したウイスキー」といえるだろう。

12年よりさらに熟成年数を重ねた『山崎18年』は、山崎のなかでも特に歴史と深みが感じられるウイスキーで、シェリー樽での長期熟成を重ねたことにより、丸みのある味わいとドライフルーツやチョコレートのような甘やかな香りを楽しめるのが特徴だ。甘酸っぱさのなかに熟した果実のような味わいを感じられることだろう。こちらも国際的なコンペティションで数々の受賞歴があり、そのクオリティは折り紙付きだ。

■ウイスキー山崎の最高峰『25年』

ウイスキーの山崎のなかでも一番の熟成を重ねた『山崎25年』は、山崎の中でも圧倒的なクオリティを誇るスーパープレミアムウイスキーだ。やわらかく華やかないちごのような香りで、長期熟成を経たシェリー樽原酒を厳選し、なめらかな口あたりを実現。口の中に含めば、芳醇に広がる甘さとスパイシーな苦味が広がる複雑な香味を感じられるだろう。熟成年数によって味わいや値段も異なるので、自分に合ったウイスキーの種類を選ぶのがいいだろう。

3. ウイスキー山崎の魅力

ウイスキー山崎が世界でも評価される魅力とは、甘くしっかりとした深みのある個性的でフルーティーな味わいにある。この味わいを実現するため、数十万樽ともいわれる原酒の中から様々な種類を組み合わせ、気が遠くなるほどの試行錯誤が加えられたといわれている。

また、山崎蒸留所のある環境にも美味しさの秘訣がある。自然豊かな山々に囲まれた名水は、ウイスキー作りにとって必須ともいえる条件。単にウイスキー作りだけでなく、その命ともいえる水へのこだわりもまた、山崎の魅力につながっている。

さらにウイスキー山崎を熟成させる樽にも秘密がある。山崎に使用される樽は、(種類にもよるが)主にホワイトオークから作られるが、この樽材の選定から樽の製造まで、製造元であるサントリー自らが管理しているのだ。ときにはブレンダー自身が樽材の選定に立ち会うこともあるという。このようにウイスキーを構成するあらゆる要素を注意深く選び抜く「ニッポンの職人魂」こそが、ウイスキー『山崎』シリーズが世界を制した理由といえるだろう。

4. ウイスキー山崎のおすすめの飲み方

ウイスキー山崎はそのままストレートで飲むのが一番、山崎の味わいを感じることができる。山崎の持つ柔らかい口あたりと、華やかな香りを存分に味わいたい人におすすめだ。また、山崎はハイボールにしても美味しいと評判だ。ソーダで割ることで、山崎の持つ甘みが口に広がり、その後に炭酸のさわやかさが口の中に広がるのだ。また、ウイスキーのアルコール度数を抑えたい場合は水割りにするのもいいだろう。その際の割合は1:1がおすすめだ。水割りにすることで、食事の際のおともとしても最高だ。山崎の持つ香りが料理の味を邪魔せず、引き立ててくれることだろう。

結論

ウイスキー『山崎』は日本が誇るシングルモルトウイスキーであり、世界にも認められたウイスキーだ。山崎は熟成した年数によって種類が異なり、味わいにも変化が出てくる。そんな山崎の魅力は何といってもフルーティーな味わいや芳醇な香りだ。ぜひ日本の誇るウイスキー山崎を楽しんでみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >