このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウイスキーとオレンジジュースは相性がよかった!おすすめの飲み方

ウイスキーとオレンジジュースは相性がよかった!おすすめの飲み方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年4月 9日

ウイスキーはアルコール度数も高く、独特の風味から飲みにくさを感じる人もいる。そんなときに、ぜひ合わせてもらいたいのがオレンジジュースだ。今回はウイスキーとオレンジジュースの相性のよさの秘密やさまざまな飲み方について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウイスキーとオレンジジュースはなぜ相性がいいのか?

ウイスキーは本来、芳醇な香りが特徴の酒だ。ウイスキーは専用の樽で発酵をする際にトロピカルフルーツや柑橘系のような香りを含むことがあるので、柑橘系に属するオレンジを使ったジュースとはとても相性がよい。また、ウイスキーの琥珀色にオレンジジュースの色が合わさって見ためもとても美しいカクテルになるため、人気があるのだ。ウイスキーとオレンジジュースを合わせる飲み方はいろいろな種類があり、分量や合わせるものによってさまざまな味わいが楽しめる。

オレンジジュースで割ることでアルコール度数が調整できる

ウイスキーはアルコール度数が高く、そのままではなかなか飲めないという人も多い。そのため、さまざまな割り方があるのもウイスキーの魅力だ。ウイスキーの持つ味わいが好きな人は水割りやハイボールにするのがおすすめだが、ウイスキーの味わいが苦手な人はオレンジジュースのように濃い味わいのジュースなどで割るのがいいだろう。オレンジジュース以外にもコーラでウイスキーを割った、コークハイなどもウイスキー初心者には人気のある飲み方だ。

2. 定番の飲み方!オレンジハイボール

ウイスキーを手軽に飲めるとして人気の飲み方が、ハイボールだ。ハイボールとは、ウイスキーをソーダで割る飲みもので、ウイスキーのアルコール度数を下げるとともに、ソーダのもつ爽快感がウイスキーを飲みやすくしてくれると人気の飲み方だ。そんなハイボールにさらにオレンジジュースを加えることで、オレンジジュースの持つ酸味のきいた爽快感がプラスされ、ウイスキーが苦手な人でもさらに飲みやすいハイボールになる。

オレンジハイボールの作り方

オレンジハイボールを作る際は、まずグラスに氷を多めに入れ、ウイスキーを入れる。そこにオレンジジュースを加え軽くステアし、さらに炭酸を加えてステアしたら完成だ。美味しいオレンジハイボールを作るポイントは100%のオレンジジュースを使ったり、炭酸を加えた際はグラスの底を軽くステアするぐらいにしておくことだ。あまりステアしすぎると炭酸がなくなってしまうので注意したい。

3. ウイスキーとオレンジのおすすめカクテル

ウイスキーとオレンジの相性のよさは、さまざまなカクテルにも使われている。スコッチキルトとは、スコッチウイスキーにオレンジビターズとドランブイというリキュールを加えて作るカクテルだ。ドランブイというリキュールは、スコッチウイスキーにさまざまなスパイスやハーブを配合したリキュールでスパイシーな味わいが特徴だ。また、オレンジビターズとはオレンジの皮が使われたリキュールで、苦味がある味わいが楽しめる。作り方は、グラスにスコッチウイスキーとドランブイを2対1の割合で加え、最後にオレンジビターズを数滴混ぜて作る。スパイシーな味わいとオレンジピールのほろ苦さがウイスキーに加わって大人の味わいが楽しめるカクテルだ。

クロンダイク・クーラー

鮮やかな見ためが特徴的なカクテルで、クロンダイク・クーラーの名前はカナダのクロンダイクという町にちなんで名付けられた。作り方は、グラスにらせん状にむいたオレンジの皮と氷を加え、ウイスキーとオレンジジュースを加え、最後にジンジャエールを注いで完成させる。オレンジの皮を加えることで、よりオレンジの香りが楽しめる仕上がりになる。さらに、ジンジャエールを使うことで、さわやかな味わいになり飲みやすいと評判だ。

結論

ウイスキーとオレンジジュースは相性がよく人気の組み合わせだ。ウイスキーだけだとアルコール度数の高さが気になってしまったり、飲みにくさを感じたりする人もさわやかで味わいの濃いオレンジジュースが加わることで、飲みやすい仕上がりになるのだ。見ためも鮮やかなオレンジ色になるので、味わいとともに申し分ない最高のカクテルになるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >