このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スパークリングワインの正しい開け方は?かっこよくスマートに開ける方法

スパークリングワインの正しい開け方は?かっこよくスマートに開ける方法

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年4月20日

スパークリングワインといえば、開けたときにポーンという音とともにコルクが勢いよく抜けるのが魅力でもあり、誕生日やクリスマスなどパーティーに際には欠かせない酒だ。そんなスパークリングワインだが、いざ開けるとなるとどうやって開けようか迷ってしまうこともあるだろう。今回はそんなスパークリングワインの正しい開け方について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スパークリングワインを開ける前の準備

スパークリングワインを開ける前には、まず準備をしておくことが大切だ。スパークリングワインはしっかり冷やしておくことで、開ける際の吹きこぼれを抑えることができるのだ。冷蔵庫などで事前に冷やしておくか、氷の入った容器でしっかり冷やしておくのがいいだろう。氷の入った容器で冷やす場合は、スパークリングワインの瓶の肩と呼ばれている、くびれた位置を目安に冷やすようにしよう。さらにスパークリングワインを開ける前は、衝撃を与えないように静かに立てておくのがおすすめだ。開ける前に衝撃を与えてしまうと、スパークリングを開けた瞬間にワインが吹きこぼれてしまうからだ。このような点に気をつけて事前準備をしておくことで、吹きこぼれを防ぐことができるだろう。

2. スパークリングワインの正しい開け方

スパークリングワインの正しい開け方を紹介しよう。まずスパークリングワインの栓を覆っているシールなどをはがしておく。片手で瓶のくびれの部分をしっかり押さえて親指で栓をしっかり押さえる。それから針金を緩めていこう。スパークリングワインの場合は吹きこぼれや栓が勢いよく飛んでしまうことがあるので、栓をナプキンなどで覆って開けるといいだろう。スパークリングワインの瓶の栓にナプキンを被せたら、栓の部分をしっかり握り、もう片方で瓶の下をしっかり固定させる。スパークリングワインの場合はボトルの中の炭酸で自然に栓が持ちあがってくるので、栓を押さえつけるようにしながらゆっくり静かに抜いていくようにしよう。最後は、少し傾けて隙間からボトルの中の炭酸を逃がすような形で栓を抜ききる。このようにゆっくり行うことで、吹きこぼれなどを抑えながら、安全にスパークリングワインを開けることができる。

開けたあとは香りをチェック

スパークリングワインを開けたあとは、ナプキンで瓶の口を拭き取るときれいに注ぐことができる。さらに開けた際にコルクの状態や香りをチェックするのもいいだろう。正式なスパークリングワインの開け方としては、ポーンと大きな音がするのではなく、無音で開けるのがよいとされている。

3. スパークリングワインの開け方の注意点

コルクを抜く際はボトルを回転させる

スパークリングワインを開ける際に、コルクを抜く際にはコルクを回転させて抜くのではなく、ボトルのほうを回転させて抜くのがおすすめだ。そうすることで、より安定して抜きやすくなるだろう。

スパークリングの泡が多い場合

スパークリングワインを開けたあと、注ぐ際に泡立ちが多く、うまく注げないことがあるだろう。そんな場合は、注ぐ量を注意してみよう。一度に多くの量をグラスに注ぐと大量の泡が発生しやすい。そのため、泡が落ち着くと少量しかグラスにスパークリングワインが入っていないという現象が起こる。それを防ぐためにも、二度に分けてグラスに注ぐのがおすすめだ。

スパークリングワインの適量とは

スパークリングワインをグラスに注ぐ際、どのくらいの量を注ぐべきか悩むことがある。スパークリングワインの場合は、グラスの6分目を目安に注ぐようにするのがおすすめだ。注ぎ終わって泡が落ち着いたころに6分目ぐらいの量になるのを目安にしておくと、見ためにもきれいで飲みきりやすい量になるだろう。

結論

スパークリングワインを開ける際、泡があふれてしまったりうまく開けられなかったりする人も多いだろう。スパークリングワインを開ける際は、事前によく冷やしておきボトルに刺激を与えないようにしておくことが大切だ。さらにゆっくり正しい方法でスパークリングワインを開けることで、吹きこぼれを抑えて静かにコルクを開けられることだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ