このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シャンパンはどのおつまみとも相性バツグン?多方面から徹底解説

シャンパンはどのおつまみとも相性バツグン?多方面から徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年5月 8日

ゲストを招いた時など、シャンパンを出すとオシャレな雰囲気を演出できる。そこで重要なのがおつまみだ。シャンパンはあまりクセがないので、どんなおつまみとも合う。しかし、だからといってどんな物が合うのか悩むという人は、ぜひ参考にしてもらいたい。こちらではシャンパンにおすすめのおつまみや食材などを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シーン別に合うシャンパンのおつまみを紹介

シャンパンはどんなシーンで飲んでも、オシャレな空気感を演出できる。ゲストを招きたいときにもデートのときでも、気軽に少しだけ飲みたいときにもぴったりだ。どうせ飲むならシーンに最適なおつまみとともに楽しみたい。どんなおつまみとも相性がよいシャンパン。そこでシーン別に選びたい、最適なおつまみとともに紹介していこう。

ホームパーティー

アボカドのカクテルサラダ
仲間と気軽に楽しめるホームパーティーで用意をするなら、サーモンとアボカドのカクテルサラダがおすすめ。大皿料理で各自取り分けるスタイルもよいが、話が盛りあがるとついつい取るのを忘れてしまうことも。そこで小分けにグラスなどに入れたカクテルサラダが役に立つ。彩りが綺麗なので、パーティーにもってこいだ。
蟹のボイル
パーティーなら蟹をボイルして、そのままテーブルの真ん中に置くのもおすすめ。茹でるだけなので時間が短縮できるうえ、なにより豪華だ。滑らかな口あたりのシャンパンと、蟹のむき身が絶妙だ。

デート

牡蠣グラタン
デート中におすすめしたいのは牡蠣グラタンだ。シャンパンと魚介はよく合うが、なかでも苦味のある魚介類とシャンパンはマッチする。牡蠣は1つ1つが小さいので会話を邪魔しないのが嬉しい。
天ぷら
和食を食べたいときにも、シャンパンがおすすめ。揚げたての天ぷらにシャンパンが合い、さわやかさが広がるのがポイントだ。

気軽に1人で食べる

生ハムとチーズ
気軽に食べられ、しかも手間いらずのおつまみ。そのまま食べることも、クラッカーにのせることもできておすすめだ。
タコとトマトのマリネ
1人でゆっくりシャンパンを楽しみたいなら、マリネもおすすめだ。タコは歯ごたえもあるのでお腹も満たしやすい。また、酸味のきいたマリネとさっぱりしたシャンパンがとても合うのだ。

2. 食べたいおつまみでシャンパンの味を変える

シャンパンには甘口、やや辛口、辛口とあり、もちろんそれぞれ魅力が違う。シンプルに好みで味を選ぶのもよいが、おつまみに合わせてシャンパンを選ぶのもおすすめだ。具体的にどんな食材だと、どの味が合うのかなどをまとめていこう。

辛口

揚げ物のおつまみ
口の中が油っぽくなりがちな揚げ物のおつまみには、口の中をサッパリさせるような辛口シャンパンが合う。少しアッサリしているので、塩気のあるおつまみを食べるときにも、あと味がスッキリしておすすめだ。
刺身
鮮魚をそのまま食べる刺身は、素材の味を楽しめるように甘さのない喉越しのさわやかなものがよい。淡白になりがちな刺身を、シャンパンと一緒に楽しめるだろう。

やや辛口

甘みのある料理や天ぷら
かぼちゃや芋の甘さを引き立てるシャンパンは、やや辛口のものだ。天ぷらにほんのり甘さがある場合は、シャンパンが辛口だと酸味を強く感じてしまうだろう。

甘口

塩分強めの串焼き
塩分強めの串焼きは、一緒に飲める酒が大事。素材も酒も楽しめるシャンパンが甘口だ。少し辛めの料理や、塩分の強いおつまみにはぴったりである。

3. おつまみの食材で決める!おすすめシャンパンは?

やはりシャンパンを飲むときには肉というこだわりのある人や、魚料理、野菜をメインにしたいという人もいる。料理によって甘口にするか辛口にするか決めたいが、どのシャンパンを選べばよいか知りたいところ。そこで、具体的におすすめのシャンパンを食材別に紹介したい。

肉料理なら「モエ・エ シャンドン ロゼ アンペリアル」

ナポレオンが好んで飲んでいたといわれるこちらのシャンパンは、ロゼの色が美しく料理の味を邪魔しないのがポイント。ほかのシャンパンよりもフルーティーな風味があり、メイン料理となるおつまみとも相性がよいのだ。

魚料理なら「ヴーヴ クリコ イエローラベル ブリュット」

どんな料理とも相性がよいのが特徴だが、とくにさっぱりした魚料理にぴったりだ。果実の香りが心地よく、食前酒にもおすすめだ。

乾杯、軽食用「ポルヴェール ジャック ブリュット」

乾杯用のシャンパンなら、求めやすい価格で飲みやすいこちらがおすすめ。チーズなどの軽めのおつまみにも最適なので、悩んだらこちらを選びたい。

結論

こちらではシャンパンと合わせたいおつまみや、食材や用途に合わせたおすすめのシャンパンなどを紹介してきた。シャンパンはどんな料理とも合うので、和食でも合わせやすいのが魅力。おつまみに合わせて味を選び、シャンパンと料理を楽しもう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ