このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シャンパンの種類はどう見分ける?シーン別のおすすめ銘柄も紹介

シャンパンの種類はどう見分ける?シーン別のおすすめ銘柄も紹介

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年5月18日

少しオシャレな雰囲気を出せるシャンパンは、テーブルに置くだけでパーティー気分を演出できる。しかし、一口にシャンパンといっても、どんな種類があるのだろうか。実は店などで飲みやすいからとオーダーするシャンパンについて、知らない人も多い。そこでシーン別にどんなシャンパンを選べばよいか、種類を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 味や見ためで分類するシャンパンの種類

スパークリングワインの一種であるシャンパンは、酒が好きな人でもファンが多い。シャンパンとは、シャンパーニュ地方で生産されている発泡酒である。しかし種類が多く、一体どのように分類されているかもわからない。こちらでは、シャンパンの味と見ためで選ぶ方法やおすすめの品をまとめよう。

■味別に6種類に分けられる

シャンパンに限らず、酒を選ぶ時に気にする「甘口・辛口」というテイスト。口あたりのことで、酒好きはとくに選ぶ基準とするだろう。シャンパンには工程途中に甘さを変えるリキュールデグスペディションを入れることで、味を変える仕組みがある。

超辛口の「エクストラ・ブリュット」は、とにかく辛口が飲みたい人におすすめだ。ナチュラルさもある辛口の「ブリュット」は、キリッとした喉越しが好きな人にはよいだろう。中辛口の「エクストラ・セック」は、甘みがほどよく少ない。中に入っているリキュールが多いものほど、甘さが引き立つ。やや甘めの味が美味しい「セック」は中甘口。「ドゥミ・セック」は甘口で、セックよりも甘さが強い。甘め好きにはたまらない「ドゥー」は、極甘口。酒が苦手な人でも飲みやすいのが魅力だ。

■色別に2種類に分けられる

シャンパンの色はそんなに多くない。シンプルに白か、ピンクだ。ピンク色に着色したシャンパンを「ロゼ」と呼び、女性が好みやすい。なお、黒ブドウを使用している場合も、白色となる。

「ブラン・ド・ノワール」は黒ブドウだけを使用しているが、色はつかず、白い。基本的なシャンパンが黒ブドウも混ぜるのに対し、「ブラン・ド・ブラン」は白ブドウだけを使っている。ロゼは、基本的には黒ブドウの皮を漬けて作り、かわいらしいピンク色にしていく。

2. 原料や製法で分類するシャンパンの種類

実際にシャンパンを購入する際に参考にしたいのが、原料や製法だ。まずはどのような原料や製法があるのかを紹介し、おすすめのシャンパンを紹介しよう。

■原料のグレード別に3つの種類に分けられる

グレードはシャンパンに使われているブドウで決まる。シャンパンの最も見分けやすい種類のひとつで、使っているブドウがよいものであればあるだけ価値があがるのだ。

「ノン・ヴィンテージ」は、生産量が一番多い。いろいろな畑のブドウなどを混ぜて作られており、一番オーソドックスなタイプ。「ヴィンテージ」は、ブドウのできがよい年だけのもので作ったシャンパンであり、ノン・ヴィンテージよりランクが上となる。極上の味が楽しめる「プレステージ」は、最高といってよいブドウを使ったシャンパンで、一番グレードが高い。

■製造者により種類が分けられる

シャンパンは生産者が、どんな形態でシャンパンを製造したかで、種類が違う。味わいが変わるため、覚えておくとよいだろう。

小さめのメーカーが製造する「レコルタン・マニピュラン」は、自家製のブドウを使っており、個性豊か。大量生産用ではないものの、自分の好みにあったものを探しやすいのが魅力。共同の生産者で作る「コーペラティヴ・ド・マニピュラシオン」は、小さい農家ばかりで集まって作るのが特徴。管理をしやすいという生産者側のメリットがある。栽培農家からの仕入れでシャンパンを作る「ネゴシアン・マニピュラン」は手に入りやすく、一般的に販売されている大手メーカーのシャンパンだ。

3. 種類多数!シャンパンの銘柄を選びたいシーン別に紹介

それでは具体的に、どのシーンでどんな銘柄のシャンパンを選んだらよいのだろうか。シーン別に紹介していこう。

■ギフトに選ぶ

ドンペリニヨン

いわずと知れたシャンパンで、王道・安定の認知度を誇っている。酒好きではなくても有名でグレードにより価格も違う。

サロン

ブドウのできに納得がいく場合のみ作るため、希少性が高い。シャンパン好きなら一度は飲んでみたい逸品だ。

モエエ・シャンドン

有名な銘柄であるが手に入りやすい価格なので、贈答用としておすすめ。高級シャンパンというイメージがあり、見ためもオシャレだ。

■パーティー用に選ぶ

ヴーヴ・クリコ

フランスで有名なシャンパンで、英国では王室に愛されていることでも知られ、高級感があるのがポイント。

ペリエ・ジュエ

ゲストを招く際に選びたいのが、こちら。美しく綺麗なボトルのデザインは、その場に置いておくだけで魅了される。

結論

シャンパンの種類や選び方、実際にシーンにおすすめの銘柄などを紹介してきた。シャンパンは口あたりがよく、その場をオシャレな空気にしてくれるのでパーティーなどでもぜひ選びたい。相手の好みに合わせて銘柄を選び、ギフトにしてみるのもよいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >