このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カシスミルクとはどんなカクテルなのか?特徴やレシピについて解説!

カシスミルクとはどんなカクテルなのか?特徴やレシピについて解説!

投稿者:ライター 小林優太(こばやしゆうた)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年7月14日

居酒屋などでよく飲まれるカクテルといえば、カシスミルクを挙げる人も多いだろう。しかし、カシスミルクがどんなカクテルでどのように作られているのか?について詳しく知っている人は少ないのではないだろうか。今回の記事ではカシスミルクの解説や自宅でも再現可能なレシピ、そしてそのアレンジ術や楽しみ方について解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カシスミルクってどんなお酒?

カシスミルクとは、簡単にいえばカシス(黒スグリ)を原料としたリキュール、つまりカシスリキュールと牛乳を混ぜて作られるカクテルである。少し補足にはなるがリキュールとはスピリッツに果汁や砂糖を加えて作られる混成酒のことを指す。

カシスミルクがどんな味かを一言にまとめると、甘くて濃く、それでいて飲みやすいといった感じだ。濃厚な牛乳とカシスの酸味が混ざりあうことで、カシスの甘みが際立つ点が特徴だといえる。同時に牛乳を混ぜていることからも優しい味で飲みやすく、色合いも可愛らしいデザートのような感覚で楽しめ、女性にも人気の高いカクテルの一つである。

ほかの牛乳を使ったカクテルといえばカルアミルクも有名ではあるが、カルアミルクが好きな人にはカシスミルクもおすすめできるだろう。しかしカシスミルクはまずいという意見もあるので、好き嫌いが分かれる面もあることを知っておこう。

2. カシスミルクはカロリーが高いって本当?

カシスミルクは牛乳を使っていることからカロリーが高いというイメージがあるが、ほかのカクテルやとのカロリーをと比較してみよう。

お酒のカロリーの前に、まずkcalの基準として成人女性が1日に必要とされるkcalは1400kcal、成人男性が1日に必要とされるkcalは2000~2200kcalといわれている。その上でご飯一杯分(約150g)のkcalは240kcalである。その知識を踏まえた上でカシスミルクのkcalを確認してみると、おおよそ一杯130kcalだ。意外と低い数値に見えるが、同じくカシスリキュールで作られるカクテルと比較をしてみるとどうだろうか。

まずカシスウーロンとカシスソーダは70kcal程度、カシスオレンジは110Kcal程度、そして牛乳を使うカクテルとして代表的なカルアミルクのカロリーは130kcal程度だ。このことからもやはり牛乳を材料として使うカシスミルクは、カロリーが高いカクテルであるのは間違いないようである。飲みすぎには注意が必要だ。

3. カシスミルクの作り方とアレンジ術

この項目ではカシスミルクの作り方と、そのアレンジ方法について解説していく。

基本のカシスミルクの作り方

必要な材料はカシスリキュール30cc,牛乳120cc、そしてお好みの量の氷である。作り方もいたってシンプルだ。まずグラスに氷を入れてカシスリキュールを注ぎ、次に牛乳を注いでマドラーで混ぜればカシスミルクの完成となる。ポイントとして、カシスリキュールと牛乳を混ぜる時、リキュールが下に残らないよう、すくい上げるように混ぜることが大切だ。

牛乳を変える

カシスミルクの材料として使う牛乳を別の乳製品で作って楽しむのも一つの手である。具体的には豆乳やアーモンドミルクがおすすめだ。また生クリームを加え、より濃厚かつマイルドな風味に仕上げたり、ヨーグルトを入れて優しい味わいに調整することもできる。

ルジェカシス・コラーダ

カシスミルクと同じく、カシスリキュールと牛乳を使って作られるカクテルである。カシスミルクと異なる点は、材料としてココナッツリキュールとパイナップルジュースが追加され、材料を混ぜる時はマドラーではなくシェイカーで混ぜる点である。

作り方としてはココナッツリキュール、牛乳、パイナップルジュースを45cc,そしてカシスリキュールは10ccでシェークして、細かく砕いた氷をグラスに入れシェークしたものを注げば完成だ。

4. カシスミルクのホットやティーもおすすめ

カシスミルクは基本的に氷を加え、冷たくして飲むカクテルではあるが、あえてホットカクテルにし楽しむこともできる。この項目ではカシスミルクをホットカクテルにする方法を解説していく。

ホットミルクでカシスミルクを作る

カシスミルクに使う牛乳をホットミルクにし、カシスリキュールを加えて作り上げるシンプルなアレンジだ。材料も基本的には変わらない。

紅茶も混ぜてみる

作り方としては、まず紅茶のティーパックをカップに入れて熱湯を注ぐ。そこから普通に紅茶を作り、大さじ1のカシスリキュールを加える。そして牛乳30ccをレンジで温めて、できあがった紅茶に混ぜれば完成だ。

結論

カシスミルクは牛乳とカシスリキュールを混ぜて作るカクテルで、甘く濃厚ながらも飲みやすい味が特徴だ。一方で、牛乳を使う分カシスミルクのカロリーはやや高めであるといえる。カシスミルクの作り方は簡単で、さまざまなアレンジもできるので、飲みすぎに注意をしながら自宅でもぜひ試してみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ