このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウイスキーのスコッチって何?スコッチの定義や楽しみ方を解説

ウイスキーのスコッチって何?スコッチの定義や楽しみ方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月29日

スコッチウイスキーはウイスキー発祥の地といわれるスコットランド産のウイスキーだ。スコッチとして販売されるためには、産地のほかにもさまざまな条件がある。スコッチと呼ばれるウイスキーにはどのような特徴があるのだろうか。基礎知識を得て自分好みのスコッチを見つけ、スコッチを楽しんでみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スコッチウイスキーに詳しくなりたい

ウイスキー発祥の地の一つとされるのがスコットランドだ。一年を通して冷涼な気候や多様な地質、水質の河川など、スコットランドの自然はウイスキー作りに適しているといえる。そのため現在もスコットランド全土には100以上の蒸留所が存在するのだ。

ただし、スコットランドで作られればスコッチを名乗れるわけではない。スコッチとして販売されるためには、国の法律で定められた7つの基準をクリアしなけらばならない。

原料

大麦麦芽などの穀物、水、酵母のみを原料とすること。

製造場所

糖化、発酵、蒸留の工程をすべてスコットランド国内で行うこと。

蒸留時アルコール度数

蒸留した時のアルコール度数は94.8度以下であること。

熟成樽の容量と素材

容量700ℓ以下のオーク樽で熟成すること。

熟成期間

スコットランド国内の倉庫で3年間以上熟成させること。

添加物

水と着色料としての天然カラメル以外は添加してはいけない。

瓶詰め時アルコール度数

瓶詰め時のアルコール度数は40度以上であること。

これらの条件をすべて満たしたウイスキーだけが、スコッチウイスキーと呼ばれるのだ。

2. スコッチウイスキーが好まれるポイントは

スコッチウイスキーがとくにウイスキー好きに好まれるのは、銘柄によって香りや味に特徴があり、個性が楽しめるからだ。仕込み水や大麦、ピートの有無、貯蔵庫の気候などによって、スモーキーなものや華やかな香りのものなど、幅広いバリエーションが魅力だ。とくにシングルモルトは蒸留所ごとの特徴が際立ち、飲むほどに興味を引く奥深いウイスキーなのだ。

3. 自分好みのスコッチウイスキーの見つけ方

モルトウイスキーには、一つの蒸留所のみで作られたシングルモルトと、複数の蒸留所で作られた原酒を組み合わせたブレンデッドモルトがある。自分に合ったスコッチを見つけるなら、まずはシングルモルトから飲んでみると、銘柄ごとの特徴をつかみやすい。

スコットランドのウイスキー産地はさらに、アイラ、アイランズ、スペイサイド、ハイランド、ローランド、キャンベルタウンの6つに分かれており、産地ごとにも特徴がある。まずは産地ごとに試してみると好みがわかりやすい。流通量が多く手に入れやすいのはスペイサイド、ハイランド、アイラのモルトだ。中でもアイラモルトのピーティーな香りは好みが分かれるところなので、一度は試してみよう。

4. コスパのよいスコッチウイスキーはこれ!

スコッチに限らず、ウイスキーは基本的に熟成年数が長いほど高価になる。また、ブレンデッドモルトに比べてシングルモルトの方が高い傾向にある。ただし、高価なものほどおいしいというわけではない。自分の好みに合うかどうかが重要だ。安いスコッチウイスキーでも、十分に味わって飲むことができる。

スコッチウイスキーをコスパで選ぶなら、ブレンデッドモルトがおすすめだ。コンビニエンスストアなどでも売っていて手に入りやすい。有名な銘柄だと、ジョニーウォーカーやシーバスリーガル、デュワーズなど。複数のモルトを混ぜ合わせているためいずれも飲み口が軽く、初めてでも飲みやすい。

結論

スコッチウイスキーには、産地のほか製造工程のさまざまな条件がある。スコッチのシングルモルトは蒸留所や産地によって特徴があるため、飲み比べてみるとよいだろう。コスパで選ぶならブレンデッドモルトがおすすめだ。ぜひ自分好みのスコッチウイスキーを見つけて楽しんでみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >