このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
プレミアム焼酎の代表格!3Mの中でも入手困難な【森伊蔵】とは?

プレミアム焼酎の代表格!3Mの中でも入手困難な【森伊蔵】とは?

投稿者:ライター 田口忠臣(たぐちただおみ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年6月13日

焼酎ブームのとき、生産量の少なさから入手が難しく焼酎ファン垂涎の焼酎があった。それが、鹿児島県で造られる芋焼酎の村尾と魔王、「森伊蔵」である。この3銘柄は、味わいはもちろん、流通価格の高さも有名となり、それぞれの頭文字をとって3Mと呼ばれている。現在は、価格が下がったとはいえ、相変わらずプレミア価格が付くほどの人気で、入手が困難だ。今回は、そんな3Mのひとつである森伊蔵の魅力に迫ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼酎 森伊蔵の由来と蔵の歴史

森伊蔵は、鹿児島県垂水市牛根境にある森伊蔵酒造が造る人気の芋焼酎である。森伊蔵酒造の創業は1885年で130年以上も焼酎造りを続けている老舗の酒蔵だ。現在も創業当時からの木造の蔵を使っており、広さ約150坪と酒蔵としては決して広くないが蔵を拡大することなく、そこで伝統的な焼酎造りを行っている。
現在の当主は五代目の森覚志氏で、1986年にサラリーマンを辞めて先代のあとを継いだ。先代の時には、大手メーカーが作る大量生産の焼酎に押され経営は苦しかったが、そんな逆境の中でも「この蔵には、代々受け継がれてきた伝統の技と、蔵に住み着いている酵母しかない」と、決して信念を曲げることなく、高品質の焼酎を追求して作り続けていた。五代目当主の覚志氏は、先代の思いを受け継ぎながらも、原料となるさつまいもを農家から直接仕入れ、でき立てが一番美味しいとされていた常識を打ち破り、6ヶ月ほど熟成させるなどの、さまざまな工夫をしてきた。そうして作り出したのが森伊蔵で、父である4代目当主の名前をつけて1988年に発売が開始された焼酎である。

2. 焼酎 森伊蔵の特徴や味わい

森伊蔵は、さつまいもの甘い香りが残りながらも、芋焼酎特有の芋臭さがなく上品な口当たりが特徴である。これは、厳選されたさつまいもを丁寧に処理して、伝統的なかめ壺仕込みによって造られているからである。
その美味しさは、焼酎ファンの口コミによって広まり、1993年頃には発売日に森伊蔵酒造の前に買い求める人が並ぶくらいにまで人気となっていた。さらに森伊蔵の名前を全国に知らしめたのは、1996年に当時のフランスのシラク大統領が森伊蔵を愛飲しているというニュースが日本経済新聞に取りあげられたことによる。また、2004年にトヨタ自動車の当時の社長である張富士夫氏が、レジオンドヌール勲章を受賞したお礼として森伊蔵12本をシラク大統領にプレゼントしたところ、「こんなうれしいことはない。よくこれだけの本数をそろえてくれた。でも、私のことをアル中と思わないでください」と語って周囲を笑わせたという話も有名である。

3. 焼酎 森伊蔵の商品情報

森伊蔵の商品情報は、以下の通りである。
  • アルコール度数 25度
  • 原材料 さつまいも 米麹
内容量は、1800mlと720mlとがある。
3Mと呼ばれるプレミアム焼酎の中でも、とくに入手するのが難しいといわれている森伊蔵は、森伊蔵酒造から直接購入すると1800mlで、1本4千円程度(送料込み)であるが、インターネット通販では2万円前後で取引されている。焼酎ブームの時には5万円以上もしていたこともあるというから、その当時に比べると現在は手に入れやすくなったとはいえ、できれば定価で購入したいものである。定価で購入するには3つの方法があるので紹介しよう。

森伊蔵酒造の抽選販売

森伊蔵酒造の公式ホームページからは、電話予約をすることができる。毎月15~25日に登録専用の電話番号にかけると、抽選販売の登録を行うことができる。しかし、森伊蔵は人気のため、応募する人も多く電話が繋がりにくいようであるが、運よく当選すると2ヶ月後には、森伊蔵が手元に届く。

山形屋の抽選販売

森伊蔵酒造以外では、鹿児島市の山形屋で抽選販売が行われている。1号館地階 酒蔵 (和洋酒売場)で、1~7月と9~11月は 1~10日、8月と12月は 1~5日に専用の応募用紙に記入して申し込むと、11日の午後から公開抽選会が行われ、当選すると売り場で現金と引き換えに購入できる。

日本航空の国際線の機内販売

日本航空の国際線、ビジネスクラス、ファーストクラス限定ではあるが機内販売にて購入することができる。販売時期や販売路線も限定されているが、もしその期間に日本航空を利用することがあれば、購入できるチャンスである。

結論

焼酎ブームのときほどではないとはいえ、その味わいからいまだに高い人気を誇り入手するのが困難な銘酒、森伊蔵。焼酎ファンでなくとも、一度は味わってみたいと思うのではないだろうか。現在もインターネット通販では、定価の数倍の価格で販売されているが、抽選販売など定価で購入できる方法もある。運がよければ買える可能性があるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。
*価格は執筆当時のもの

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >